タグ別アーカイブ: 心理学、名言

本日の心理学・名言6993-2

#マイフレンド・ジョン・テクニック
抵抗感をするりとすり抜けてメッセージを伝えるためにあえて
「私の友達のジョンがこんなことを言っていたのだけれど・・・」
というコミュニケーションのスキルです。

銀メダルは負けてもらうメダルだから、学ぶことは大きい。
なんで負けたのか、その悔しい思いが欠けている部分にあるんですね。

by
田村亮子 

雨の日には雨の日の、悲しみの日には悲しみをとおさないと
見えてこない喜びに出会わせてもらおう。
そして、喜びの種をまこう。
喜びの花を咲かせよう。
ご縁のあるところいっぱいに。

by
東井義雄(とうい・よしお*教育者)

冬があり夏があり、昼と夜があり、晴れた日と雨の日があって、
ひとつの花が咲くように、
悲しみも苦しみもあって私が私になってゆく。

by
星野富弘

苦しみに遭って自暴自棄に陥るとき、
人間はかならず内面的に堕落する。
同時に、その苦しみに耐えて、これを打ち越えたとき、
その苦しみは必ずその人を大成せしめる。

by
ペスタロッチ(スイスの教育実践家)

本日の心理学・名言6993-1

A
怒りを感じたら、まず心の中で一つと言います。
次に息を吐きながら全身をリラックス。
二つ、三つと続けて少なくとも十まで繰り返します
(ものすごく腹が立っているときには二十五まで)。

何をしているかというと、小型の瞑想で心を落ち着かせるわけです。
深呼吸しながら数えると気持ちが穏やかになって、
しまいには怒っていることも忘れるほどなのです。
ゆっくり肺に酸素を取り込むと、
怒ったときから数え終わるまでに客観的な始点を取り戻すことができます。
すると・・・。
さっきまでの「大ごと」が「小さなこと」に変わってしまうのです。

この練習はストレスや欲求不満をなだめるのにも素晴らしく効果的です。

リラックスできるし、楽しいので知人は日頃からこれをやっているそうです。

これが身に付くと、怒りの方から遠ざかってくれます。

B
ビッグファイブ
ゴールドバーグ,L.R.が提唱したパーソナリティの特性論で、
人間が持つさまざまな性格は5つの要素の組み合わせで構成されるとするものです。
「特性5因子論」とも呼ばれます。
その5つの因子とは、
「神経症傾向(N)」
「外向性(E)」
「経験への開放性(O)」
「協調性(A)」
「誠実性(C)」
です。

本日の心理学・名言6992-10

サーカディアン‐リズム
動植物の運動や生理現象にみられる、約24時間を周期とする内因性のリズム。
概日(がいじつ)
リズム。→体内時計

時間と空間を媒介して、宇宙空間の全ては因果関係でつながっている。
by
福井 謙一

 

宇宙はあなたという個性を経験したくて、
あなたという独自の目覚めを経験したくて、あなたを作りました。
あなたの中で生きているのは、私の中で生きているのと同じ、宇宙そのものです。
私たちは、それぞれが、「大いなるひとつ」なのです。

by阿部敏郎(あべ・としろう*シンガーソングライター、著作家)

目標を立てても、ほとんどの方は1ヶ月か2ヶ月すると忘れてしまうでしょう。
それは自然なことであり、心というのは「継続」することが簡単ではありません。
「楽しい事を書く、読む、イメージする」~
この事を繰り返すことこそが潜在意識をフル活用する
魔法の方法です。

目標を立てない方は、目の前のことに精一杯行動し、
人から頼られた事を喜んで行いましょうネ。

by
作者不詳

ただ一つのもののみを欲し、それをずっと欲し続けるべきだろう。
そうすれば確実にそれを手に入れることができる。
だが私は、私はすべてを欲する。だから、なにも獲得できない。

本日の心理学・名言6992-9

A
私たちは人と話ながら頭で他のことを考えていたり、
三つ四つのことを同時にやろうとします。
一度に多くにことをやろうとすると、
目の前のことに意識が集中しなくなります。
そうなると、今していることに楽しみが見出せなくなるばかりか
気が散って能率が上がりません。

時間を区切って一度に一つのことだけをする練習をしましょう。
同時には、何もしないのです。
皿を洗う、電話で話す、車で運転する、子供と遊ぶ、妻や夫と話す、雑誌を読む・・・
なんでもいいから、そのことだけに専念し集中するのです。

すると二つのことが起きるのに気づきます。
まず、皿洗いやクローゼットの整理といった退屈なことでも
楽しんでやっていることに気づきます。
それが何であれ、気を散らさずに集中すれば没頭できて興味がわいてきます。
次に、能率よくさっさと仕上げることにびっくりするはずです。

B
発達加速現象
時代が進むにつれ、個体の生理学的・生物学的成熟が早まる現象いいます。
身長や体重の増大という量的側面はもちろん、
第2次性徴の低年齢化といった質的側面の変化も含まれます。

このように発達加速現象にはふたつの側面があり、
量的側面が加速する現象を「成長加速現象」、
初潮や精通などの性的成熟や質的変化の開始年齢が早期化する現象を「成熟前傾現象」
と分けて呼ぶこともあります。

本日の心理学・名言6992-8

ゲインロス効果
自分に対して最初否定的な評価をしていた人が、
途中から肯定的な評価をするようになると最も印象がよいと感じること。

海のほか何も見えないときに、陸地がないと考えるのは、
決して優れた探険家ではない。
byフランシス・ベーコン 

「できるか」と聞かれたら、すぐに「もちろん」と答えること、
それから懸命にやり方を見つければよい

by
セオドア・ルーズベルト 

成果を挙げる者は仕事からスタートしない。
時間からスタートする。

計画からはスタートしない。
まず、何に時間が取られているかを知る
ことからスタートする。

by
ドラッカー 

努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る。
by
井上靖 

あらゆる事象は心の反映である。
したがって純粋な心でひたすら念じ続ければ、たいがいのことは成就する。

by
稲盛和夫 

本日の心理学・名言6992-7

自分が読むものはすべて自分の意見や見方を正当化するものばかりだ、
ということに気づいたことは?
ラジオやテレビ番組の選択にも同じことが言えます。
意見や視点を作り上げ、自分たちが信じるものの正しさを確認する作業を続けるのです。
このかたくななさは悲しい。

というのは自分とは正反対の意見や視点から、
多くのものが学べるチャンスなのに学べないからです。

自分と同じ意見や視点以外のものに心を閉ざすというかたくなさが、
ものすごく大きなストレスを生むという点でも悲しいのです。
閉ざされた心は、すべてのものを突き放そうと常に身構えています。

私たちはみんなそれぞれに自分の意見がいちばん正しいと確信しています。
意見を戦わせる二人が、
自分の正しさを証明するためにまったく同じ例を使うこともあります・・・
それぞれに正しく説得力もあります。

それを知っていると、本気でかかってもっと頑固になることも出来ますが、
ほっと気を抜いて新しい何かを学ぼうという気にもなります!

一日に数分でいいから、
態度を和らげて自分と違う視点で書かれた記事や本を読んで見ましょう。
信念や深い心情を曲げることはしません。

ただ新しい考え方に心を開くだけでいいのです。
そうすれば、自分と違う考え方を排斥しようとするストレスが軽くなります。
この練習は新しい事に興味を抱かせるだけではなく、
他人の無邪気さを見る練習、自分に忍耐力をつける練習にもなります。

自分と違う考え方に一つの論理を見出そうとして努めることで思慮深くもなれます。

排斥(はいせき):受け入れられないとして、押しのけ、しりぞけること

本日の心理学・名言6992-6

#達成動機
ある程度高い目標を掲げ,障害を克服してその目標の完遂に努力しようとする動機。
アメリカの心理学者
D.
マックレランドらにより研究が進められ,
達成動機の高い者の心的特徴が調べられた。
またこれは,社会的動機の一つであって,社会が経済的に成長,繁栄するには、
社会の人々の達成動機が高められていることが前提となると考えられた。

短期間で成功していく人、加速成功していく人は、
例外なく、自分にはない他人の能力を自分の力として活用できる人です。

by
道幸武久  氏

失敗する人には2種類ある。
考えたけれども実践しなかった人と、実践したけど考えなかった人だ。

by
ローレンス・J・ピーター 

リスクを取らないことが最大のリスクだと思う。
今日勝つ確率が最も高い戦法は、3年も経てば完全に時代遅れになっている。

by
羽生善治 

「ついている」といってみてください。
何がついているかって?そんなこと細かに検証する必要はありません。
「人知を超えるほど、自分はついているんだ」と。これでいいんです。
理屈を考えている時間があったら、「ついている」といえばいい。

by
斎藤一人(さいとう・ひとり*銀座まるかん創業者)

本日の心理学・名言6992-5

リラックスするとは、今ではなくもっと後でやること、
たとえば、
休暇旅行をしたとき、ハンモックの中にいるとき、引退したとき、何もかも片付いたとき。

つまり、それ以外のほとんどの時間は、
緊張とイライラと多忙に追われて過ごしていることになります。

はっきりそう言いきる人はほとんどいませんが、事実はそうなのです。

人生の「書類入れ」が空になることは絶対にないのにもかかわらず。

リラックスは日頃の心のもちようでできます。いま、リラックスできるのです。
リラックスしている人たちが仕事の業績を上げている事実を思い出すのもいいでしょう。

リラックスと創造性は仲良しなのです。
たとえば、
知人は緊張している時には文章を書く気にさえなりません。
ですが、リラックスしているときには、すらすら書けるそうです。

もっとリラックスするには、
人生のドラマに対して、今までとは違う反応をするトレーニングをする必要があります。

つまり、あなた自身のメロドラマ(扇情的、衝撃的なドラマ)を
メロー(穏やかな)ドラマに変えるのです。

どう反応するか、その選択をするのは自分だと
何度もやさしく自分に言い聞かせることです。
自分自身という今の状況に新しい反応をするトレーニングをすれば、
どの選択をしても前よりずっとリラックスした自分なれます。

本日の心理学・名言6992-4

ミラーリング効果
相手と同じことをしている状態と相手との親密度に対して、
それぞれの度合いを【同じことをしている=親密度
】として認識することが多いので、
同じ行動をしたり、同じものを持っていたりすると『心を許せる人』
と思ってしまう
という心理学的な現象のことです。

今の自分は、過去の体験があったからこそ存在するわけで、
未来の自分は今の体験をどう積み上げていくかで決まるのだ
!
by
遠藤励起

朝と書いて十月十日と読む。それは人間が生まれるまでにかかる日数。
だから、人間は毎朝新しい命をもらって生まれているのです。
    
by
越智直正(おち・なおまさ*「靴下屋」“タビオ”創業者)   

ツキを引き寄せる方法の中でも、もっとも簡単で効果的な方法は、
「自分はツイている」と思い込むことです。

by
船井幸雄

知識ではなく、その人の体全体から滲み出る味わいで、
その人物がわかる。
また、そういう人にならなければなりません。
by
平澤 興(ひらさわ・こう*元京都大学総長)

毎日真面目に働いていると、
自然にすがすがしい表情が顔ににじみ出てくるものである。

by
トーマス・デッカー 

本日の心理学・名言6992-3

A
落ち込みは優雅にやり過ごす~

穏やかでリラックスしている人たちを観察すると、
気分がいい時は感謝の気持ちで満たされているのが分かります。

彼らは前向きな気分も否定的な気分も一過性であることをよく分かっていて、
落ちこみもやがて消えると知っているのです。

幸せな人たちは、時には落ち込むこともあるさ、と割り切ることが出来るのです。
だから憂うつや怒りやストレスを感じても慌てないのです。

こんど落ち込んだら、それに抵抗するよりリラックスするようにつとめましょう。
パニックに陥る代わりに、優雅な穏やかさを保っていられるかどうか見てみましょう。
優雅に対処すれば夕日が沈むのと同じように、確実に落ち込みは去っていきます。

B
#自我の含蓄
成長するとともに自己に対する考え方が拡大されて考えるようになっていきます。
この状態を「自我の含蓄」といいます。

拡大とは、自己だけを対象に考えていたのもが、
自己以外の家族、友人、学校、会社、町、国家、民族などまでを
自己と同じように考えることになることです。

したがって、
その拡大された自己に対する悪口は、自分に対する悪口と感じるようになります。

本日の心理学・名言6992-2

超感覚的知覚(ESP
五感や論理的な類推などの通常でありきたりの手段を用いずに、
外界に関する情報を得る能力。
まれに「感覚外知覚」とも。超能力の一種とされる。

超感覚的知覚にはテレパシー予知透視千里眼などが含まれるとされている。
従来の定義では
予知
は含まれていなかったが、新しい定義ではそれも含めている、ともされる。

やれるかどうかわからないとき、
チャンスの神様は、あなたの度胸を試すのです。

by
本田 健

天が重大な任務をある人に与えようとする時は、
必ずまずその人の心や志を苦しませ、

その筋骨を疲れさせ、餓え苦しませ、その生活を窮乏させ、
全てその意図とは反対の苦境に立たせる。

これは、その人を発憤させ、性格を辛抱強くさせ、
今までできなかったこともできるようにするためである。

by
『「孟子」一日一言』より

自分の足跡、生きた跡というのは全部積もっていくもの。
y 牛尾治朗

運とかツキとか言うと、向こうからやって来るもののように思うけど、
「全ての出来事が、今の自分になるためにあった」と思うと、
どんな挫折や失敗、傷ついた出来事も、
結局はすべて「運があった、ツイていた」ということになるんじゃないかな。

by
三浦由紀恵(みうら・ゆきえ*日本レストランエンタプライズ 大宮営業所 所長)

本日の心理学・名言6992-1

A
話す前に息を吸う~

こんな簡単なことなのに、試した人すべてに目覚しい効果があった技法です
それは単に話す前に、息を吸う、

それだけで忍耐と客観性が増すだけでなく、相手から一目置かれるようになるのです。

やり方は超シンプル。
相手の話が終わった時、ちょっと息をつくだけでいいのです。

最初はそのあいだがとてつもなく長く感じますが、
実際は一秒もかからないのです。

息継ぎを習慣化すると、
相手とも親しくなり、その相手からも敬意を払われるようになります。
話をじっくり聞いてあげることは、とても貴重な贈り物なのです。

相手の話がすっかり終わるのを待ってから話し出すと、
相手が驚いた顔をして態度を和らげたりすることに快さを感じるでしょう。
相手がほっとするのが伝わり、
二人の間にもっと和やかな空気が流れるでしょう。

そんなことをしたら話す番が来ないじゃないかと心配することはありません、
かならず順番がまわってきますから!
相手はあなたに一目置いて同じように話しを聞こうとするからです。

この練習は非常にやりがいのあるものです。

B
#ブロッキング(阻止現象)
連続加算作業や色名呼称など等質的,連続的な作業において,
短時間ではあるが一時的な作業の中断がリズム的に繰返されること。
疲労,心的飽和などによる。

*連続加算作業:検査法において用いられ、
 一けたの数字を、連続的に加算する作業を行わせ、その結果によって性格や適性を判断する。
*色名呼称:色に対して付けられた名前である。「赤」や「青」などがある.

本日の心理学・名言6991-8

釣り合い仮説(マッチング仮説)
釣り合い仮説とは、E.バーシャイドらが提唱した考え方で、
人は身体的魅力が自分自身に 酷似した人をパートナーに選ぶ傾向があるということです。

大人物というべき人がいる。
これはあくまでも自分の身を正すことに努め、
その徳の感化で、全てのものを正しくしてしまう人物である。

『「孟子」一日一言』より

人間はどんな難局にあっても、
どうにかなるという楽観性と、自分でどうにかするという強い決意があれば、
切り抜けていくことができる。

by
塩月弥栄子(しおづき・やえこ*茶道家)

悲観は気分から生まれ、楽観は意志から生まれる。
by
中内功

人が毎朝、目覚めるということは、
本来、それ自体が、日々、新たな世界との出あいである。
その上で、哲学をもち、新しい「ものの見方」で学んでいくことは、
二重の意味での「目覚め」といえる。
by アラン

自分の身に起こる事は偶然ではなく、
天が自分を試すために与えてくれた試練。
不条理だからこそ魂が磨かれるのです。

by
梶山祐司(かじやま・ゆうじ*元 競輪選手)

本日の心理学・名言6991-7

A
私たちは、もし、別の場所にいたら・・・休暇中だったら、
別のパートナーだったら、別の仕事だったら、別の家だったら、別の環境だったら、・・・
いまよりもっと幸せになって満足するだろうと思い込むところがありますが、
そうはならないのです!

物事を悪い方に取る癖・・・
すぐイライラしたりクヨクヨしたり、いつも怒ったり欲求不満にかられたり、
ないものねだりをする癖・・・があれば、
その癖はあなたの行く先々についてまわります。

これを裏返して考えることもできます。
あまりイライラ、クヨクヨしないたちであれば、
どこに行っても誰と出会ってもネガティブな考え方には落ち込みません。
そうなれば、どこに行っても、誰と出会っても、
穏やかな気分がずっと持続します。
「どこに行っても自分と道連れ」・・・これは真実です。

B
ブーメラン効果(ブーメラン現象
物事の結果がブーメランの飛行軌道のように
その行為をした者に(主に負の)効果をもたらす現象のこと。
また、ブーメランのように、一度離れたはずの出発点に戻ってきてしまう現象のこと。

本来ならばブーメランが手元に戻ってくることは利点であるが、
この場合は投げた自分が受け損なったブーメランの打撃を受けてしまうという
連想から来ていると思われる。

C
#賭博者の錯誤
パチンコ・競馬・宝くじなどのギャンブルをする人によく見られるのは、
「この台、馬券、宝くじがかならず当たるに違いない」と思い込む新状態です。
実際に勝つ確率を客観的に考えても、
それは何分の一、何十分の一以下でしかないのに、
「自分だけはかならず勝つに違いない」と思い込む現象のこと。

本日の心理学・名言6991-6

#ザッツ・ノット・オール効果
特典、景品、オマケは商品説明の後に行うとよりお得感が高まります

宇宙の暗闇の中から太陽が誕生したように、
私たちも太陽のような温かい人になりたいと思ったら、
どこかの段階で暗い闇を通過しないといけない。

by
鈴木秀子(すずき・ひでこ*聖心女子大学教授)

聖人の行いというものは、必ずしも同じではない。
世を避けて隠遁することもあれば、仕えて君に近づくこともある。
官を辞して国を去ることもあれば、去らずに留まることもある。

しかし、帰する所はただ一つ、自分の身を清く正しくすることである。
*隠遁(いんとん):交わりを絶って俗世間からのがれて暮らすこと。
*君:万人の上に立って天下に号令する人。天子・帝王
官: 役所における職務・地位。また、それをつかさどる人。役人。
by
『「孟子」一日一言』より

「闇があるから光がある」そして闇から出てきた人こそ、
本当に光のありがたさがわかるんだ。
by
小林多喜二

自分でも何かのお役に立つのだ。
このことは喜びである。
この喜びは自分の一生が無意味でないことを示している。

by
武者小路 実篤  氏

自分で己を振り返ってみて正しいと思えば、
相手がたとえ千万人の大敵であっても、私は恐れずに進むであろう。

『「孟子」一日一言』より

本日の心理学・名言6991-5

A
グラスはすでに壊れたとみなす~

この教えの本質は、人生のすべては流転するというところにありました。
すべてに始まりがあり、終わりがある。
木は種から芽を出し、やがて土に返る。
すべては時間の問題なのです。
私たちは生まれ、やがては死ぬ。
*流転(るてん)=移り変わってやむことがないこと

グラスはいずれ壊れる。
この教えは心の平和をもたらしてくれます。
すべては壊れると思っていれば、
そうなったときも驚いたり、失望しないですみます。
なにかが壊れてもギョッとするかわりに、
それを持っていた時間に感謝するようになります。
一番簡単なのは、水を飲むグラスで練習することだろう。
お気に入りのグラスを出して、しみじみ眺めてみる。
次に、そのグラスが割れて床に飛び散ったところを想像する。
その時、すべてのものは崩壊して土に返ることを思い出すようにする。

もちろん、お気に入りのグラスでも何でも、
壊れて欲しいと願う人はまずいません。
これは無気力になるための処方箋ではありません。
物事をあるがままに受け入れる練習です。

B
#エンカウター
カウンセリングの一形態であり,
教師が用意したプログラムによって作業・ゲーム・討議をしながら,
こころのふれあいを深めていく方法である。
児童生徒たちに自分とは何かへの気づき,自己肯定,自己開示,他者への寛容などを学ばせ,
児童生徒相互の感情や情緒的コミュニケーションを回復し,
相互に認め合える人間関係を育てていくことをねらいとしている。

本日の心理学・名言6991-4

ヴェブレン効果
商品の価格が高くて、それ自体を手に入れることに特別な消費意識や満足感を得ることです。

ブランド物がほしい心理の多くは、これに当てはまります。

@一隅を照らすもの これ則ち国宝なり。
*一隅を照らす:お金や財宝は国の宝ではなく、
家庭や職場など、自分自身が置かれたその場所で、
精一杯努力し、明るく光り輝くことのできる人こそ、
何物にも変えがたい貴い国の宝である

by
最澄

夢見ることが出来れば、それは実現できるのです。
いつだって忘れないで欲しい。
全ては一匹のネズミから始まったということを。

by
ウォルト・ディズニー  氏
一匹のネズミ・・・ミッキーマウス。
世界一有名なネズミであり、多くの人に感動を与えるネズミですね。
どんなことも、小さな一歩から始まり、偉業はその積み重ねで、できるのですね。

一隅を照らすもので私はありたい。
私の受け持つ一隅が、どんなちいさい、みじめな、はかないものであっても、
わるびれず、ひるまず、いつもほのかに照らしていきたい。

by
田中良雄(たなか・よしお*元 住友本社 常務理事)

本日の心理学・名言6991-3

A
頑固な思い込みを五つ書き出そう~

肝心なのは、思い込みの内容ではないのです。
固定観念または先入観にとらわれすぎているという事実です。

思い込みをやわらげることは気弱になることとは違います。
むしろ、かえって強い人になれます。
頑固な思い込みは客観的に見られなくしてしまいます。

B
自分に向けられた批判に同意する。
これは信じられないほど効果的な練習法です。
しかし、すべての否定的なコメントを受け入れて、
ぺしゃんこにされるがままになる必要はありません。
ただ相手の批判に同意すれば場の緊張が和らぐばかりか、
何かひとこと言いたいという相手の欲求も満たされます。
また、人が自分を見る目のなかに何らかの真実があることを知り、
何よりも冷静さを失わせない絶好の訓練になります。
この戦略は試してみる価値があります。
たまには批判に同意してみると、グサリと来る以上にいいことが待っています。

C
ヒューリスティック
人が複雑な問題解決などのために、何らかの意思決定を行うときに、
暗黙のうちに用いている簡便な解法や法則のことを指す。
これらは、経験に基づくため、
経験則と同義で扱われる。
判断に至る時間は早いが、
必ずしもそれが正しいわけではなく、判断結果に一定の偏り(バイアス)を含んでいることが多い。
なお、ヒューリスティックの使用によって生まれている認識上の偏りを、「
認知バイアス」と呼ぶ。

本日の心理学・名言6991-2

#希少限定効果
期間や数量を限定すると行動する理由が生まれやすくなる。

「目」それだけでは見ることはできない。
「耳」それだけでは聞くことはできない。
物を見、聞くのは精神である。

by
ディットマール・クラマー

全てのことに恭(うやうや)しい人は他者をあなどらない。
全てのことにしまりのある人は他者から貪(むさぼ)り取らない。

恭倹は、まごころから出るものであって、
ただ見せかけの声色や笑顔でなされるものであろうか、
決してそうではない。

by
『「孟子」一日一言』
*恭しい:相手を敬って、礼儀正しく丁寧なこと
*貪る:飽きることなくほしがる。また、際限なくある行為を続ける。
*恭倹:人に対してはうやうやしく、自分自身はつつしみ深く振る舞うこと

一番大事なことは心の鍛錬です。
by
藤尾秀昭

心ある立派な人は、
どんなことがあろうとも、天を怨んだり、人をとがめはしない。
by
作者不詳

本日の心理学・名言6991-1

人はなぜ働くのか?
それは幸せになりたいからではないでしょうか?

では「幸せ」とはどうしたらなれるのか?
「幸せ」な人とはどんな人なのでしょうか?

それは「人を幸せ」にしている人です。

毎朝元気に挨拶している人。毎朝、掃除やゴミ拾いをしている人。
誰かの悩みを聞いてあげたり、お年寄りに席を譲ってあげている人。
お客様の笑顔のために努力している人。頼られたら何でもやってくれる人。
目があったら微笑んでくれる人。

皆「人を幸せ」にしている人が「幸せ」を感じている。
「幸せ」は人に言われた「ありがとう」によって決まるのではないか?
それなら、人に「ありがとう」と言えば,相手を幸せにすることができる。

相手を幸せにすれば、また「ありがとう」が返ってきます。
結局、人を幸せにするのも自分が幸せになるのも
「ありがとう」が行き交う環境を創りだすことにある。

仕事は,「ありがとう」を言われたお礼として金銭を得るものであり、
たくさんの人に深く感謝された人のもとに多くの仕事が集まる。
働くとは、他
(
はた)を楽(らく)にすることだから…。
人に喜ばれて「ありがとう」と言われることを今日も続けていきましょう。
人が喜ぶことを相手の立場に立って行いましょう。

本日の心理学・名言6990-10

#社会的証明効果
多くの人が買っている、申し込みをしているということは人気がある、
質の高い商品だという証拠であると考え行動に至りやすくなる。

「聞こえている」を「聞く」に変え、「見えている」を「見る」に変えるように
五感を研ぎ澄ます練習をしていきますと、
一見つまらなそうなものにも充実を感じてきます。

by
小池龍之介(こいけ・りゅうのすけ*沙光山正現寺住職)

才能とは、誰かを助けたい、喜ばせたいという気持ちを強く持ったときに出てきます。
それは、才能が、結果的に誰かを喜ばせるようになっているからです。

自分の才能を使って、どうやって人を喜ばせようかと考えだしたら、
才能が出てくる準備が整ったことになります。

by
本田 健(ほんだ・けん*アイウエオフィス代表)

魅力を自分で作り出す秘訣は、
手っ取り早くは「他人を喜ばせよう」という気持ちを育てることだ。
by 童門冬二

相撲や武道は「心・技・体」が大切だと言われますが
「技・体・心」でもない、「体・心・技」でもない。
やっぱり「心」が一番上です。

体をつくることや技を磨くことに比べて、心を育てるのは難しい。
by
白鵬 翔(はくほう・しょう*第69代横綱) 

本日の心理学・名言6990-9

ラビのハロルド・クシュナーは、
神が創ったものはすべて神聖だと私たちに思い出させてくれます。

神聖とは程遠い状況にもその神聖さを見出すこと。
それが人としての私たちの任務で、
そういう見方をするようになると魂を育むことが出来るでしょう。

美しい朝日や雪を被った山、健康な子供の笑顔や砂浜に打ち寄せる波に
神の美技を見出すことは私たちにもすぐできます。

ですが、ひどい状況・・・
苛酷(かこく)な
人生の試練、家族の悲劇、思い病気・・・
の中でも神聖さを見出すことを学ぶことができるでしょう。

日常の物事に神聖さを見出したいと願いながら生きていると、
不思議なことが怒り始めます。
日常の中で、以前は見過ごしていた慈悲の心が見つかるようになります。

すべてに神の指紋が押されていることを思い出すと、
それだけで特別な感じになります。

どこか意識の奥の方で、すべてに神の指紋が押されていることを思い出すようにして、
すべてに「大いなる存在」を感じるように意識してみましょう。

それでも何一つ美しさが見出せないからといって、
指紋が押されていないわけではありません。

それが見えないのは、
不注意かこちらの視野が狭いせいかもしれません。

*ラビ:ユダヤ教に於いての宗教的指導者であり、学者でもあるような存在。

本日の心理学・名言6990-8

#オノマトペ効果
ふわふわ、とろとろ、すべすべ等のオノマトペ表現は、
伝達力を高め、
人の感性や感情に影響を与えます。

それがいいアイデアかどうかは、問題ではなかった。
それがうまくいくかどうかさえ、問題ではなかった。
私にトライする勇気があるかどうかだけが、問題だったのだ。

by
アラン・M・ウェバー

麻雀というものは、
その時一番勝ちたいと思っている者が必ず勝つゲームである

by
長谷川和彦 氏

「やっておいてよかった」
「やっておけばよかった」

僅か二文字の違いだけれども、その差はどこまでも大きい。
by
鍵山秀三郎(かぎやま・ひでさぶろう*イエローハット創業者)

やってしまった後悔はだんだん小さくなるけど、
やらなかった後悔はだんだん大きくなる。

by
林 真理子

罪は身の上の問題である。
恥は心の問題である。身の上の罪は軽く、心の上の恥は重い。

by
吉田松陰

本日の心理学・名言6990-7

A
私たちの意識は強力な道具です。
何かが手に入らないと思い込むと、
自分で設定したそのハードルを越えるのはとても難しいのです。

たとえば「文章なんてとても書けない」と思い込むとします。
次に、そのことを証明するような例をあちこちから引っ張り出してくる。
高校時代のヘタなエッセイ、書くのに苦労した手紙、

試してみる前に恐怖の思い出で頭をいっぱいにして自らを制限してしまう。
作家でも何でも、とにかく何かになるための最初のステップは、
最大の批評家である自分を黙らせることです。

B
#イディオサバン(白痴天才)
全体としては知能の発達がおくれているが,
ある特定の面についてだけはすぐれた才能をもつ
精神遅滞
者をいう。
地名,駅名,番号,
カレンダー,時刻表などの機械的記憶にたくみな場合が多く,
そのため近年では
小児自閉症
との異同が問題にされるが,音楽や絵画に秀でることもある。
フランスで発見され研究されたのでこの語が世界的に通用するが,
日本語では〈聡明な白痴〉〈白痴の天才〉などと訳される。

本日の心理学・名言6990-6

#アナログマキングー
強調したい部分を声を大きくする、あるいは小さくする、
トーンを変えることにより印象を強くする。

年をとることはそれ自体で価値になります。
なぜなら、年をとるほどに精神は、味わい深く、おいしくなってゆくものだからです。

by
池田晶子

人を「傷つける言葉」は、まず自分を傷つけていく。
人を「勇気づける言葉」は、自分を一番勇気づけていく。

by
北川八郎(きたがわ・はちろう*陶芸家)

いずれ領国になるのだから、国も兵も傷つけないよう勝つのが上策だ。
百回戦って百回勝つのが最善とはいえない。
実力を行使せずに勝つのが最善だ。

これは「智謀を駆使して、戦わず勝つ方法を考えることが大事だ」ということです。
*智謀:ちぼう=知恵にあふれる、うまい計略。
by
『仕事に生かす「孫子」』

どんなに怯えていても、勇敢なふりをすること。
勇気とは、恐れを知らないことではなく、それを克服することだと学びました。
勇敢な人とは恐怖を感じない人ではなく、恐怖を乗り越える人なのです。

by
ネルソン・マンデラ(南アフリカ初の黒人大統領)

本日の心理学・名言6990-5

A
私たちがほめ言葉を口にしない理由は幾つかあります。
「別に私がほめなくたって、もう自分で分かっているのだから」とか
「彼女を尊敬してはいるけれど、そんなこと口では言えないし」
という口実をみんな口にします。
ですが、心からほめられると嬉しいかどうかと聞くと、
みんな口をそろえて「うれしいに決まっている」と答えるのです。

ほめ言葉を口にしない理由が
「何といっていいか分からない」とか
「恥ずかしいよ」とか
「もう本人が分かっているから」とか
「習慣がないから」だとしたら、
そろそろ代えてもいい頃です。

その人のいいところを相手に伝えるのは
「思いついたときに親切にする」のと同じです。

簡単にできること(慣れてしまえば)ですが、
結果は大きいのです。

一生ずっと人に認められたい、
ほめられたいと願いながら暮らしている人がどれだけ多いことか。
特に両親、夫や妻、子供たち、友だちに。
ですが、知らない人のほめ言葉でも
心がこもっていればうれしいものです。
その人についてどう感じているかを伝えることで自分もいい気分になれます。
それは優しい思いやり示すこと、相手のいいところに目を向ける行為です。

B
#行動随伴性
ある環境に対して、行動を起こし、それによってヨイコトが起こった場合、
あるいは嫌なことが無くなった(和らいだ)場合、その行動は繰り返される可能性が高い。

逆に行動によってヨイコトが無くなったり、嫌なことが起こった場合、
その行動が繰り返される率は低くなる。
このように考える行動分析学では、
「環境→行動→変化した環境」という一連の流れを行動随伴性と呼ぶ。

本日の心理学・名言6990-4

自我同一性(アイデンティティ)
主体性、独自性、過去からの連続性、主観的実存的意識や感覚の総体のことで、
いわば「これこそが自分自身である」といった実感を示す言葉です。

一流の選手の共通点は、
妥協、満足、限界といった言葉が死語になっていること。

by
野村克也

人を致して人に致されず。
【文意】相手を思いのままにし、自分が相手の思い通りになることはない。
【教訓】表面の現象に惑わされることなく、基本に集中して対策を立てることです。
by
『仕事に生かす「孫子」』

魅力的な人になりましょう。
人の魅力は、年齢に関係ありません。
「もう30歳、もう若くない」と、しょぼくれている人ではなく、
「まだ60歳、まだやれる」と、イキイキしている人が魅力的です。

by
中井俊已(なかい・としみ*作家)

どれだけ歳をとったかが大切なのではなく、
どのように歳をとったのかが大切である。

by
ジュール・ルナール

東洋的な老いは、人間完成に向けた塾生期。
年をとるほど立派になり、息を引き取る時に最も完熟な風格を備える。
そういう人生でありたいものです。

by
伊與田覺(いよだ・さとる*論語普及会学監)

本日の心理学・名言6990-3

A
穏やかで心豊かな日常を送りたいのであれば、
人に優しい行為をすることをすすめます。

私は自分なりに小さな手助けをするようにしています。
ちょっとした親切は、
人のために何かをするチャンスになると同時に、
親切にするのがどんなにいい気分かを思い出させてくれます。

人のためにドアを開けて待つ、老人ホームに慰問に行く、
人の戸口の雪かきをする、など例はいくらでもあります。
気楽にできて人の役に立つものを考えて見たいものです。
楽しいし、いいことをしたと思えるし、
いいお手本にもなります(特に子供たちに)・・・つまり、みんなが喜べるのです。

B
#マッチング法則
動物が行った行動に応じて報酬や罰が与えられるオペラント条件づけにおいて、
動物はしばしば得られる成果を最大にする選択行動に至らないことがある。
その中には再現性の良い法則を見出すことができる場合があり、マッチング法則はその一例である。

マッチング法則は、確率的に報酬が与えられ、
その確率が過去の行動にも依存する場合に、典型的に観測される。

再現性とは、実験を繰り返したときに一貫した結果が得られる程度

本日の心理学・名言6990-2

プルキンエ現象
その場の明るさによって、
同じものを見ていても色彩が異なるように見える現象のことを言います。

般化
初めに条件付けされた刺激や条件以外の、
類似した別の刺激や条件においても、反応や学習効果を生じさせるようにすることです。

人間は、この世の中を愉快に過ごそうと思うたら、
なるべく人に喜ばれるように、さらには人を喜ばすように努力することです。

by森 信三(もり・しんぞう*哲学者)

私たちが生まれてきた意義は、
「いかに喜ばれる存在になるか」ということに尽きるのです。

by
小林正観

我の力量を正しく測り、天の時、地の利を得て、
戦う者は、常に不敗である。

by
『仕事に生かす「孫子」』

悪意はないけれど、人を傷つけるようなことを言っていないか。
乱暴な口のきき方をしていかないか。いつも気をつけてください。
それが言葉を大切にするということです。

by
江原啓之

本日の心理学・名言6990-1

A
違う文化圏の人たちは自分たちとは見方や感じ方が違って当然というのと同じように、
世界に対する見方もそれぞれ違うのが当たり前です。

その違いを我慢するのではなく、
違って当然という事実を理解して、敬意を持つことが大切です。

この基本線を理解することで人生が変わる例を見てきました。
確実に争いが減るのです。

同じようなことに対して他人が違う行動を取り、
違う反応をするのが当たり前だと考えるようになると、
自分自身や他人に対して思いもよらぬほど共感できるようになります。

その反対だと争いのタネは消えません。

私たちはそれぞれが違うんだ、
という事実を深く考えて相手を尊重することをお勧めします。

そうすれば他人に対する愛情と自分という唯一無二の人間を認める気持ちは、
今よりずっと深まるでしょう。

B

#精神テンポ
精神作業や動作に現れるその個人特有の速さ。
その個人にとってはちょうどよいと感じられる速さのこと。
この精神テンポには,作業全般に通じる遺伝的に規定された固有テンポがあると考えられているが、
別に、たとえば知覚は速いが運動は遅いというように、
同一個人でも作業の種類によって異なったテンポがあるとする研究もある。

本日の心理学・名言6989-12

バイオフィードバック
通常、自分自身では知ることが難しい身体の生理学的変化について、
本人に分かる形で情報を知らせることを指します。

「笑顔」はあなたを健康すると同時に、相手をも健康にする。
是非、笑顔を使いましょう!
by
作者不詳

智者が方策を練る場合には、利と害の両方を考える。
【教訓】不利な情況でも有利な要素を考え、有利でも不利な要素を考えます。
ピンチはチャンスなのです。

by
『仕事に生かす「孫子」』

目標の敵を撃破し、攻撃目標を奪取しても、
作戦目的を達成できなければ国費、兵力の不要使用に過ぎない。

【教訓】目標は目的達成のためにあるという、目的の重要性を述べたものです。
企業経営で言えば、増収減益。
これを経営資源の無駄遣いといいます。

『仕事に生かす「孫子」』より

人間の心身の状態はその面上(顔)にあらわれるものです。
 笑顔は心に憂いなく体が健康であることの証拠なのですね。
どうぞ、あなたもスマイル、スマイルですよ。

by
 宇野 千代 

本日の心理学・名言6989-11

ここでは人類学とは
「他の人たちの生き方や行動を、批判せず興味を持って見つめる」

ことと定義し直します。
この戦略は、人に対する思いやりと忍耐力を増すのが目的です。
ですが、それ以上に、人の行動に興味をもつのは、
批判するかわりに思いやりと理解を示すことでもあります。

誰かの反応の仕方や感じ方に純粋な好奇心をもつと、
それにイライラさせられずにすみます。

その意味で、人類学者になるということは、
他人の行動に不満を感じなくなる手段です。

人は奇妙な行動をとったとき、
いつものように「あんなことするなんて信じられない」
と反応するかわりに、
「そうか、あれが彼女(または彼)のものの見方なんだ、面白いなぁ」
と心の中で言います。
この戦略を身につけるには、まずあなたが純粋な気持ちになる必要があります。

「人に興味を持つ」ことと「傲慢になる」ことは紙一重です。
内心で相手と比べて自分の方が上だと考えると傲慢になってしまいます。

人類学者のつもりになることで、もっと柔軟な見方ができるようになります。

*傲慢:ごうまん=高い自尊心、
他人より重要、魅力的になりたいという欲望など

本日の心理学・名言6989-10

#ホメオスタシス
もともと、生物有機体が常に生理学的に
バランスのとれた状態を維持する傾向にあることを示す概念です。


自分の情熱を本気で注げる仕事であること。
そしてお客さんにとって大きな価値を提供できるかどうか。
この二つが揃っていれば成功への道は大きく開かれていると思って間違いない。

by
ジェフリー・プレストン・ベゾス (Amazon.com 創設者)

道には、通ってはならない道もある。
眼前の敵を攻撃して、大局を不利にすることもある。

敵の城、土地にしても、争って意味の無いものがある。
君命も反対した方が良いこともある。

【教訓】
純粋な心で相手の手段を洞察すると、根本が見えてくるものです。
その結果、あえて戦わないのも戦争です。

商売には、勝者無き戦いもあるのです。
負ければ潰れ、勝っても倒産を避けられないことがあるのです。

by
『仕事に生かす「孫子」』

群を抜く方法は、当たり前の仕事を、当たり前ではない情熱で行うことである。
by
レターマン

未来は、ずっと先にあるわけではありません。
未来は、今にあるのです。
将来、実現したい何かがあるなら、今、その為に行動しなければなりません。

byワンガリ・マータイ 

本日の心理学・名言6989-9

謙虚になることと心の平和は切っても切れない仲です。
自分を誇示したい気持ちが少なくなればなるほど、心の平和が増します。

自分を誇示するのは危険な罠(わな)です。
業績を自慢したり、優秀な人間だと人に思わせようとするのは
とてつもないエネルギーが要ります。

自慢に走ると、よくやったと自分を褒める気持ちや、
何かを誇りに思う気持ちが薄れてしまいます。

それだけではありません、
自分を誇示すればするほど人から疎まれ、
自慢せずにいられない不安な人なんだと
陰口をたたかれ、ひんしゅくをかってしまいます。

皮肉なことに、人から認められなくてもかまわないと思うと、
かえって人は認めてくれるようです。

みんなが魅かれるのは、もの静かで自分に自信を持ち、
よく見せようとか、正しいのはいつも自分だとか、
すべてを自分の手柄しようとしない人です。

自慢する必要のない人、自分のエゴからではなく
心から、相手と話し合える人は、ほとんどの人から愛されます。

本日の心理学・名言6989-8

光背効果(ハロー・エフェクト)
ある対象を評価する時に顕著な特徴に引きずられて他の特徴についての評価が歪められる現象のこと。
一言で言ってしまうと、「人間の潜在意識に眠っている偏見
」と言ってもいいでしょう。

@戦争においては、敵が攻めてこないことを頼みとせず、
備えを固めて隙を見せないことである。

【教訓】希望的観測はせず、準備に万全を期すことです。
by
『仕事に生かす「孫子」』

希望の未来は待っているだけでは来ません。
未来はあくまで「今」の延長にあるものです。

すなわち、「今」希望の未来のために何もしていないと、
希望の未来はいつまでも実現しませんね。
by
作者不詳

「明日から」を7回言うと1週間になる。
「来週から」を
4回言うと1ヵ月になる。
「来月から」を
12回言うと1
年になる。
そして「来年から」を何十回か言うと僕たちは灰になる。
一番大切なことをする日は、今日しかない。

by
野口嘉則(のぐち・よしのり*「鏡の法則」著者)

「明日は」「明日は」と言いながら、今日という「一日」をむだにすごしたら、
その人は「明日」もまた空(むな)しくすごすにちがいありません。

by
亀井 勝一郎

本日の心理学・名言6989-7

他人の行動が理解できないとき、
欲求不満に陥る人がたくさんいます。
自分に理解できない行動を
「無邪気さの表れ」と取るよりも「イヤな感じ」と捉えてしまのです。

イライラさせられる行動・・・コメント、行為、意地悪いやり方、自分勝手な態度・・・を
やり玉に上げて欲求不満に陥るのは簡単です。

人はみんな変なことをする(しない人などいるだろうか?)のが真実で、
それに怒るのは私たち自身なのです。
だから変わらなくてはいけないのは私たちの方なのです。
暴力行為など常軌を逸した行動を、
受け入れたり黙認したりしろと言うわけではありません。

ただ人の行動にいちいちイライラしないコツを学ぼうと言いたいのです。

誰かが腹立たしい行為に出たとき、
その行動から距離を置いて「その行動の奥を見る」ようにすれば、
その行動の源となっている無邪気さが見えてきます。

意識の中でもちょっとスタンスを変えれば、
相手を思いやる気持ちがわいてきます。

今度(出来れば今から)誰かがイヤな行動を取った時には、
その裏にある無邪気さを探してみましょう。

思いやりをもてば探すのは難しくありません。
その無邪気さが見えれば、
同じ行動を取られても前ほどはイライラしなくなるでしょう

人の行動に苛立つことが減れば、
もっと人生の楽しさに焦点を合わせやすくなります。

本日の心理学・名言6989-6

保有効果
一旦自分のものにした商品は、手放したくないと思うこと。

人は穏やかになればなるほど、
より大きな成功、より大きな影響力、より大きな権威を手にできる。
by
ジェームズ・アレン

忠告されてうらむ人がある。苦言を呈せられて怒る人もある
これは自分の欠点を取り去ることの大切さを知らぬ人である

自分の曇りをみがくことがいかに大切であるかを知らない人である。
みがけば光る。清められる。自らの価値が高められる。

それがやがて人からも運命からも大切にして貰える元となるのである
『常岡一郎一日一言』より

トランジット(方針転換)すること、
変わっていくこと、変えようとすること、それはとても勇気のいること。
そりゃ同じ電車にずっと乗ったままぬくぬくしていたいと誰もが思う。
でもそれでは何も収束していくだけ。
勇気を持ってエイッと乗り換えてみるのは大切なこと、
最初はアタフタするけど、眠っていたパワーが覚醒されて、
もっと遠くへ行ける力が出てきますからね。

by
松任谷由実(まつとうや・ゆみ*ミュージシャン)

人はいくつになっても生き方を変えることができます。
by
日野原重明

本日の心理学・名言6989-5

親切は思いついたときに~
これを練習するのに方法はいりません。
心から出てくる行為だからです

近所のごみを拾ったり、匿名で寄付したり、
お金に困っている人に無記名の封筒で幾らかを送ったり、
捨て猫を動物愛護協会に連れて行って命を救ったり、
教会や保護施設で困っている人に無料の食事を配る手伝いをしたり。
ほかにもいろいろな親切が考えられます。

親切にするのは楽しいことだし、高いお金がかかることでもありません。

これを練習する最大の理由は、
その行為が自分自身の人生に最大の充足をもたらすからです。

親切な行為をするたびに前向きの気持ちが生まれ、
奉仕、親切、愛情と言う大切なことを思い出させてくれます。

それぞれが自分にできる親切を実行すれば、
たちまち世界はもっと住みやすい場所になるでしょう。

本日の心理学・名言6989-4

#自己開示の効果(自己開示)
相手は『私にだけプライベートな情報教えてくれた』と思い、
警戒心が緩み、自分もこの人に心を開いても良いかなと思ってしまう心理。

自分の得意分野を持つこと。すなわち何かを極めること。
これが、仕事運を鍛える第一歩です。
by オフェリア・麗

環境をかえてくれたら助かるのにと思うものは、いくじなしである。
by作者不詳
環境が悪いから自分が悪くなるのも仕方あるまいという人は無責任な弱虫である。
環境の悪さ、苦しさを天の名代と考えて、恩師として迎える心、鍛錬(たんれん)して貰(もら)う心、
それが賢明な人生を生み出す心境である。

鍛錬:金属を打ちきたえるように、
貰う:得る
『常岡一郎一日一言』より

功とは、やると決めたことを、やり遂げた時に味わう思いである。
by
ロビン・シーガー

心の穏やかさは、智恵がもたらす美しい宝石です。
それは、長きにわたり忍耐強く自制心を培(つちか)ってこそ得られるものです。
byジェームズ・アレン (イギリスの作家)

本日の心理学・名言6989-3

ほめるのもけなすのも同じこと~

人にけなされることをどう受け止めるか・・・
これは人生で避けて通れないレッスンの一つです。
ほめるのもけなすのも同じこと。
そう思えば「万人を喜ばせることはできない」
という古い格言が改めて納得できます。

選挙戦で候補者が55%の票を獲得して「圧勝」したとしても、
投票者の45
%は別の候補者に勝たせたかったわけです。
かなり謙虚な気持ちにさせられるのではないでしょうか?
この世の全員に認められるのは不可能だという事実を
受け入れる時期が早ければ早いほど生きやすくなります。
否定されることもあるという事実を戦わずに受け入れれば、
人生の旅に役立つ視点を身につけることができます。

否定された時は落ち込まずに「またか、そんなこともあるさ」
と思えるようにするのです。

そうすれば人に認められた時は快い驚きを覚えて、
それに感謝するようになります。

いいこと/悪いこと、認められること/拒否されること・・・。
私たちの人生はその繰り返しです。
自分が満足すればするほど、

人の評価に頼らなくなるのも事実です。

本日の心理学・名言6989-2

好意の返報性効果
人は好意を持ってくれる人に対して、好意を返すという心理のことを
心理学では「好意の返報性効果」と呼んでいます。

今日を楽しめ、自分自身の人生を忘れがたいものにするのだ。
by
ナンシー・H・クラインバウム(作家)

熱意こそ、ことを成し遂げるいちばんの要諦や
by
松下幸之助

「才能」について、勘違いしてはいけない。
物事がうまくいかないのは、あなたの「才」が足りないからではない。
あなたの「熱」が足りないのだ。

才能とは、「熱」のこと。
能力なんて「熱」のあとからついてくる。

by
大越俊夫(おおこし・としお*AIE学院長)

大事なのは「私は何が得意なんだ」ということです。
「何が好きなんだ」だけでは、企業内で存在する意味がありません。
もっとも、得意技は一朝一夕では身につかない。
修行と辛抱が必要なことは言うまでもありません。

by
小椋 佳(おぐら・けい*作詞、作曲家)

本日の心理学・名言6989-1

人生はテスト。ただのテストにすぎない~

人生とはさまざまな挑戦を、
テストはまたテストとの連続と見なせば
直面する問題の一つひとつが自分を成長させ、
ピンチに対して柔軟に身をかわすコツをつかむチャンスだと思えるようになります。
問題や責任や超えられそうにないハードルの山にぶち当たっても、
それをテストと思えば乗り越えられるチャンスは常にあります。

逆に、一つひとつの問題を生き残る為には、
是が非でも勝たなければならぬ戦いだと見なすと、
人生の旅はかなり険しいものになるでしょう。

すべてをきちんとやり遂げたときにしか幸せを感じないからです
そうなるとことはめったにありません。

人生はテストだという考え方を目先の問題に応用してみましょう。
たとえば、難しい年頃の子供か要求のきつい上司がいるとしましょう。
これを「問題視」するかわりにテストだと考えて見ます。
やっきになって解決しようとせず、
そこから何かを学べるかどうかを考えて見ましょう。
「何故これが私の人生に起きたのだろうか?
これは私の人生にとってどんな意味があるのか?
これを乗り超える為には何をどうすればいいのか?
これを何らかのテストと見なせないものだろうか?」
と自分に問いかけてみるのです。

この戦略を試してみれば自分の反応の変化に驚くはずです。

本日の心理学・名言6988-8

#数字効果
80%、90%という数字はたっぷり、たくさん、豊富というイメージを創り上げます。

人間生活のすべては原因・結果の法則で成り立っている。
偶然というものは地上には存在しないし、宇宙にも存在しない

by
トライトン

「頼まれごとにはおまけをつけて応じよう!」
人から何かを頼まれたらプラスαをつけて応じましょう!

これこそが、
・デキルビジネスマンとそうでないビジネスマンの違い
・流行るレストランとそうでないレストランの違い
・伸びる企業とそうでない企業の違い
・好かれる人とそうでない人の違いにつながります!

by
ロバート・シュラー 

ポルトガルを旅行した時に、
ある青年から「今日よりよい明日はない」という言葉を教わりました。
今日よりいい明日を求めるから、人は思い煩う。
明日がないと思って、
今日を楽しんで生きることに集中すれば、
最高の一日を送ることができるという意味です。
何でも欲しがって、際限のない欲望に苦しむより、
自分のスタイルを確立し、足ることを知り、現状に満足する。

by
玉村豊男(たまむら・とよお*エッセイスト、画家)

本日の心理学・名言6988-7

落ち込んでいるときには客観性がどこかに消えてしまい、
切羽詰った感じになるものです。
いい気分のときは、
そんなことはすっかり忘れ、何もかもよく見えます。

つまり気分しだいで現在の状況・・・
結婚した相手、職場、持っている車、将来性、子供時代・・・
に対する見方がころりと変わるのです!
落ち込んだとき、
私たちは気分のせいにする代わりに人生を間違えたと感じてしまいます。
それまでの人生がたった数時間の間に
ガラガラと崩れてしまったような錯覚にとらわれます。
ですが、実際のところ、
人生は落ち込んだときに感じるほどひどくはありません。
人生とはそんなものさ、と暗い気分に浸っているより、
人生を現実的に見つめる機会、
自分の判断が正しいかどうか自問する機会と受け止める方がいいのです。
「たしかにいま自分は落ち込んでいる(怒っている、欲求不満、ストレスだらけ、憂うつ)、
気分はどん底だ、こんな時はいつも否定的なことしか思いつかない」
と自分に言い聞かせることです。
暗い気分は「放っておけば自然に消滅する人間の宿命的な感情」
と割り切ってやり過ごすに限ります。

暗い気分の時は人生を分析しない方がいいのです。
どんどん暗くなるだけですから。

いい気分の時はありがたく思い、
暗い気分の時は「これもいまに消える」
と自分に言い聞かせて待つことにしましょう。
それは必ず消えるから。

本日の心理学・名言6988-6

ハード・トゥー・ゲット
相手のことを特別扱いしてあげると
相手は自分に対して好感を感じてくれるというものです。

何十億の人に、かけがえのない存在だと、言ってもらわなくてもいいのだ。
それはたった一人からでいい。
「あなたは、わたしにとって、なくてはならない存在なのだ」と言われたら、
もうそれだけで喜んで生きていけるのではないだろうか。

by
三浦綾子(みうら・あやこ*作家)

人生航路の苦楽も盛衰も、神より与えられている修行の手段であることを、
自覚しなければならないのであります。

by
高橋信次

「倒れて後やむ」という言葉がありますが、修行は一生涯に及びます。
ですから、辛抱もまた一生涯ということです。

*倒れて後やむ:
死ぬまで一生懸命努力して,途中でやめることをしない。
by
歌丸(かつら・うたまる*落語家)

花は一瞬にして咲くのではない。
大地から芽から出て葉をつくり、葉を繁らせ、
成長して、つぼみをつくり花を咲かせ、実をつくっていく。
花は一瞬にして咲くのではない。花は一筋に咲くのだ。
by
坂村真民(さかむら・しんみん*仏教詩人)

本日の心理学・名言6988-5

戦うなら賢く~

「戦うなら賢く」・・・これは親が子供によく引用する諺ですが、
充実した人生を送るためにも役立ちます。

人生は、小さなことを騒ぎたてるか、それを水に流して忘れるか、
という選択だらけです。
戦う対象を賢く選べば本当に大切な戦いに勝てるようになります

かに相手と口論したり、対決したり、
自分の信念のために戦うべき時もあります。

しかし多くの人は取るに足らないことを巡って戦い、
人生を「つまらない戦い」の連続にしてしまいます。
そうなると人生は欲求不満のかたまりになり、
本当に大切なことを見失ってしまいます。

人生は思い通りに行かないもの、
他人はあなたの都合のどおりに動いてはくれないもの、
これが真実です。
あなたに反論する人、あなたと違うやり方をする人、
いくらやってもうまくいかないことは人生にはつきものです。
この基本線に刃向かおうとすると、
人生の大半を戦って過ごすことになります。

もっと平和に人生を送るには、
戦いがいのある対象をきちんと見極めるしかありません。

すべてを完璧に成し遂げるのではなく、
ストレスの少ない生き方をするのが目標だとしたら、

ほとんどの戦いは穏やかな気分を吹き飛ばすものでしかないと気づくでしょう。

本日の心理学・名言6988-4

類似性の法則
人は自分と共通点のある人のことを好きになるという法則。
さっき断っちゃったし、それだったら…まいっか
という心理にさせ、お願いを達成させる方法。

少しでも興味を持ったこと、やってみたいと思ったことは、
結果はともあれ手をつけてみよう。
幸福の芽は、そこから芽生え始める。

by
本田宗一郎(ほんだ・そういちろう*ホンダ創業者)

足元だけを見つめていると前が見えない。
目の前のことに囚われたら見解はせまくなる。心は暗くなりやすい。

『常岡一郎一日一言』より

@もう行けない。これ以上は駄目だと思う。それが峠である。
そこでくだけてはならない。無意識になってもよい。無意識のまま前進すべし。

やがて下り坂となる。胸つき八丁ということがある。
いよいよ峠だという直前が本当に苦しい。

これをのり越えたら、そこに大きな自信と捨身の勇気がわいてくる。
『常岡一郎一日一言』より

自分に何ができるかは、自分以外の者には分からない。
いや、自分でもやってみるまではわからないものだ。

by
エマーソン

本日の心理学・名言6988-3

いい聞き手になる~

いい聞き手とは、
相手の話を途中でさえぎる癖を持たないだけではありません
自分の番が来るのをイライラと待つのではなく、
相手が言いたいことをすっかり話し終えるまで、
満足して聞き手にまわるということなのです。

ある意味で、
相手の話がうまく聞けないというのは私たちの生き方を象徴しています。

私たちはコミュニケーションを一種のレースのようにとらえがちです。

相手の話が終わると同時に話し出す、
という時間競争が目標になっているかのようです。

反応する速度をゆるめて相手の話をじっくりと聞くと、
もっと穏やかな人になれます。
それはプレッシャーがなくなるからです。

目の前の相手(電話の相手でも)が何を言うのだろうか、
それにどう応じようかとじりじり待つのは、
ものすごくエネルギーがいるし、
ストレスもたまることにお気付きでしょう。

ですが、相手の話を最後までじっくり聞いていると、
そのプレッシャーが消えていくのに気づくでしょう。
たちまち気分がリラックスし、
その気分は相手に伝染します。

相手もあなたと時間競争をする必要はないんだと感じて、
ゆったりしてきます。

い聞き手になると忍耐強い人になれるだけではなく、
人間関係の質も向上させることができます。
みんな自分の話をちゃんと聞いて
くれる人と話をしたがるものなのです。

本日の心理学・名言6988-2

フット イン ザ ドア テクニック
小さな要求を受け入れてしまうと、その後にそれと比較して
やや大きな要求も受け入れてしまうという側面もある心理学です。


人生に無駄というものはないもので、
しかし、後にならないと、その意味がわからないということがたくさんある。

by
日野原重明

昨日までは取り戻せないが、
未来は青天井、現時点の決意いかんでどうにでもなる。

by
高原慶一朗(たかはら・けいいちろう*ユニ・チャーム創業者)

人間には現在はむろん大切ですが、
どうせなら過去の結果としての現在より、
未来の原因としての現在を、より大切になさるべきでしょうな。

by
田中芳樹

死を覚悟し生きていれば、何かを失う気がするという心配をせずに済みます。
あなたは初めから裸なんです。素直に自分の心に従えば良いんですよ。

by
スティーブ・ジョブズ 氏

人間は、その人がどういう目にあったかではなく、
事が起きた際にどう対処したかで価値が決まるのだと思います。

by
松本幸四郎

本日の心理学・名言6988-1

まず相手の立場を理解する~

これはスティーブン・コヴィーの「7つの習慣」の一つを応用した戦略です。
もっと満ち足りた人に(そして、もっと有能な人に)なるための近道として活用できます
基本的に「まず相手の立場を理解する」ことは、
自分を相手に理解させるよりも先に、
自分が相手を理解することの方を重視するという意味です。
自分と相手の間に豊かで内容のあるコミュニケーションを成立させたいのであれば、
まず、相手のことを理解するに限ります。
何処から来た人か、何を言いたいのか、
彼らが何を重視しているのかを先にこっちが理解すれば、
ほとんど努力せずに自然に相手から理解されるようになります。

まず相手の立場を理解することは、どちらが正しいか白黒をつけることではなく、
いかに効率のいいコミュニケーションを成立させるかということなのです。
こっちから理解しようと努めると、
相手は自分の言うことを聞いてもらっている、
自分は分かってもらっているんだと感じます。
それがよりよい人間関係につながっていくのです。

*スティーブン・コヴィーの「7つの習慣」
第一の習慣・主体的である
第二の習慣・終わりを思い描くことから始める
第三の習慣・最優先事項を優先する
第四の習慣・Win-Winを考える
第五の習慣・まず理解に徹し、そして理解される
第六の習慣・相乗効果を創り出す
第七の習慣・刃を研ぐ

人の持つ4つの資源(肉体、精神、知性、社会・情緒)を維持、再新再生するという習慣。
*刃を研ぐ人の持つ4つの資源(肉体、精神、知性、社会・情緒)を維持、
再新再生するという習慣。
例として、運動(肉体)、価値観に対する決意(精神)、読書(知性)、公的成功(社会・情緒)などが紹介される。