作成者別アーカイブ: yonaga masaaki

yonaga masaaki について

バツ一中年!趣味は卓球、ミニバレー、マージャン、カラオケ、それに何といっても自然を中心とした写真撮影です。十八番は松山千春の「窓」「長い夜」などです。 とても穏やかな性格だと自分では思っています。 好きな漢字は「柔」、言葉は「この瞬間に生きる」です。

本日の心理学・名言7212-2

自分にとって都合のいいことばかりに囲まれていては成長は望めません。
by
バーナード・グラスマン&リック・フィールズ

教わって覚えたものは浅いけれど、
自分で苦しんで考えたことは深いんですよ。

by
早川 徳次  氏

やることがないとか面白くないとか言っていませんか?
世の中が面白くないですか?
でも、世の中簡単に変わらないですよ。
じゃあ、どうすれば面白くなるのか。
自分が変わることです。
自分が変われば世の中が面白くなる。・・・
変わっていくこと、

それが学ぶということ。知るということです。
自分が変わっていなかったら、何も学んでいないと思えばいい。
by
養老孟司(ようろう・たけし*解剖学者)

まわりの人を変えようと思うあまり疲れていませんか?
それより先に、自分を変えましょう。
あなたの考え方が変われば、まわりの人も変わるのです。

by
中井俊巳

恥ずかしさというのは、自分をよく見せたいと思う心の裏返しだ。
自分をさらけだすことを恐れているということでもある。
頭の中にそんな自意識があったのでは、
本当に人を楽しませたり喜ばせたりするものをつくることはできないだろう。
by
久石 譲(ひさいし・じょう*作曲家)

本日の心理学・名言7212-1

自分の潜在力をアップさせる唯一の方法は、
言い訳をしないで、自分が持っている選択肢の中から、
ベストなものを選び出すことです。
自分にないものを嘆いていても仕方がないのです。
言い訳をしても、手持ちの選択肢が増えていくわけでもありません。
むしろ、言い訳は選択肢を減らす働きをするのです。
私たちには無限の才能があふれています。
その才能を伸ばせないのは、誤った考え方のせいであって、
能力がないからではありません。
才能はどこにでも眠っているのです。

ただし、それを掘り起こすには努力が必要になります。
人によっては、地表の近くに才能が眠っていて、
簡単に掘り起こせることもあれば、
深いところに埋まっていて掘り起こしにくいこともありますが、
いずれにしても、どこかに才能が隠されていることには間違いないのです。
自分の隠れた才能を信じて見ましょう。
そうすれば、人生が活き活きとして、自分の「いいところ」も必ず伸びてきます。
そういう人は、周囲に明るさをもたらしてくれるので、
見ていて、とても気持ちがいいのです。
自分に言い訳しないことは、
まず何よりも自分自身が楽に生きるためのコツなのですが、
周囲の人たちに好かれる方法でもあるのです。

本日の心理学・名言7211-4

心の預金通帳を、どれだけ豊かに増やしてあの世にいけるか。
本当の人間の勝負はここにあるのです。

by
 斎藤  学

関心の対象が狭いということは、
やはり世界が狭い、心が狭いということだと思います。
by
鍵山秀三郎

短い期間のことであれば、人のアドバイスが正しいこともある。
ただし、長いスパンで考えると、直感の方が正しいことが多い。
by
作者不詳

他人の意見が雑音のように、
あなたの内面の声を掻き消したりすることのないようにしなさい。
そして最も重要なのは、自分の心と直観を信じる勇気を持つことです。

by
スティーブ・ジョブズ

あなたの人生で何かうまくいかせる秘訣は、
まず、第一に、うまくいかせたいという心の奥底から沸き上がる願望です。
次にそれが必ずうまくいくと信頼し、確信することです。
そうすれば、あなたの意識は生き生きとした明確なビジョンを画きます。

懸念や不信を持たずに、人生が一歩一歩実現していくのを見守るのです。

by
アイリーン・キャディ(スコットランドの作家)

やりたいと思うことをやっている自分を複数想像してごらんなさい。
心が明るく、建設的になり、
いつかあなたは本当にその通りの人生が歩めるようになります。
by
ジョセフ・マーフィー

本日の心理学・名言7211-3

アサーションは基本的人権の一つです。
アサーションとは、「自他の権利を侵さない限り、自己表現をしてもよい」
という意味です。
しかし、多くの人はアサーションする権利があることを知らないか、
忘れて生活をしています。
「自分がやりたいことを言うことは人権として許される」
というところに立ち戻ることが出来れば、
そして、相手もアサーション権を持っていることを受け入れるならば、
次の段階に進むことが出来るのです。
非主張的な気分になっていると、
素直な自分の気持ちがどこかへ消えてしまうことがあります。
また、攻撃的な気持ちがあると、素直な自分の気持ちが歪んでしまいます。
そこで、自分の気持ちや考えを捉える為に、
時々、「私は」と主語をつけて文章を言う練習をしましょう。
そうすれば自分の気持が明確になるのを手助けとなり、
依存的な気持ちや攻撃的な気持ちがあるのは自分であることがはっきりしたり、
相手を非難したいことが、
実は自分の気持ちの押付けであったりすることが分かります。
そうしているうちに自己表現に変化があらわれるのです。
気持ち(感情)は自分が起こしていることが分かれれば、
そのことを明確に伝えることが出来やすくなるので、
相手にもわかりやすい表現になるのです。
自分の気持ちや考えを相手に脅威を与えずに伝えることが、
まさに自分らしさの表現なのです。

本日の心理学・名言7211-2

暗いところばかり見つめている人間は、
暗い運命を招き寄せることになるし、

いつも明るく明るくと考えている人間は、
おそらく運命からも愛され、明るく幸せな人生を送ることができるだろう。

by
新井正明(住友生命保険元名誉会長) 

何度跳ね返されても、諦めず、能力のすべてを尽くして挑戦し続けることが、
運命をひらく鍵である

by
野村克也(野球解説者)

一日を真に充実して生きるには、いったいどうしたらよいかが問題でしょう。
その秘訣としては私は、その日になすべきことは、
決してこれを明日に延(のば)さぬことだと思うのです。

by
『修身教授録』(森信三・著)

夫婦にかぎらず、すべての人間関係は「相手に期待しない。
相手を変えようとしない」の修行です。 

by
斎藤一人(さいとう・ひとり*銀座まるかん創業者)

相手を変えようとしないで、丸ごと全部受け止めること。
この人は、このままでいいと思えたら、
その瞬間から人間関係の悩みやストレスはなくなるんです。

by
小林正観

幸福になる秘訣はできるだけ多方面に関心を持つこと。
そして自分が関心を持つ人物や事物に対しては、
なるべく腹立たしい気持ちを示さずに、できるだけ親しい気持ちで接することだ。

by
バートランド・ラッセル(イギリスの哲学者)

本日の心理学・名言7211-1

A
苦難や障害を「自分にプラスになる」と受け取って、
それを行動のエネルギーに変え、あるいは楽しんでしまう人間を目指してほしいものです。

困難や苦しみを引き受けることは、自分を高めるだけでなく、
決して失望することのない大いなる希望を見出すことなのです。

「朝は希望に目覚め、昼は努力に生き、夜は感謝に眠る」
ある青年が自分のお母さんの口癖だったと知人に教えてくれた言葉です。
とても魅力的な言葉だと思います。
ちょっとしたことですぐに失望したり、やるべきことを怠けようとしたり、
つらいことから逃げ出したがるクセのある人は、
この言葉をモットーにしてはどうでしょうか。

B
人間関係9の手法&「ペース合わせ」と「リード」

1.
黄金律(ゴールデン・ルール):自分がしてもらいたいことを相手に提供する
2. 白金律(プラチナ・ルール): 相手が望むように接する
3.
人にはもっともな動機がある
4. 相手の顔を立てる

5.
接し方を本人に聞く
6. 否定は肯定とセットにする
最後は肯定で終わるようにする
7.まず、最初に打ち明ける
8.軽いタッチ
9. 率直に言う

ペース合わせ
相手の立場になりながら、同時に相手の何かを真似るということです。

「リード」:
言い換え
言い換えながらの確認
短い応答

本日の心理学・名言7210-8

もっと喜ぼう。ちょっといいことがあっただけでも、うんと喜ぼう。
喜ぶことは気持ちいいし、体の免疫力だって上がる。
恥ずかしがらず、我慢せず、遠慮せず、喜ぼう。笑おう。にこにこしよう。
素直な気持ちになって、子供のように喜ぼう。

by
ニーチェ

芝生は雑草がなくなると枯れてしまうという。
人間も体の中にいろいろな菌がなかったら死んでしまう。
きれいにそろっているものは弱いのだ。
私たちはそれほど美しくもないし、完璧でもない。
多様でごちゃごちゃしたものを併せ持っている人こそ、
生き抜いていく地力があるというべきではないだろうか。

by
斎藤茂太(さいとう・しげた*精神科医、作家)

きれいな水の中では、蓮の花は咲かないんです。
人間も、何もかも調子よくとんとん拍子にいきますと、大成しないんですね。
逆境に遭って初めて花が咲き、実が実っていくのです。
by
松原泰道

月を探索しようとしてはるばるここまでやって来て、
そこで私が発見したのは地球だった。
by
某アポロ宇宙飛行士

発見の旅とは、新しい景色を探すことではない。
新しい目を持つことだ。

by
マルセル・プルースト

本日の心理学・名言7210-7

A
表現しない気持ちは強化されない~

親との付き合いは長く、濃厚である場合が多いので、
よほど柔軟で、幅広い行動範囲を持った親の下で育たない限り、
親に認められた一定の気持ちや考えを表現することだけが強化されます。

表現しない気持ちや考えは強化されないので、
だんだん薄れ、忘れ去られていきます。

時には、そんな気持ちや考えがあると、表現できない時に苦しくなるので、
自分の中で否定して心の奥底に抑圧して、ないことにしてしまうこともあります。

その結果、自分の気持ちがはっきりせず,また把握できなくなるのです。
アサーションの第一歩は、自分の気持ちを明確に把握することなのです。
*アサーション:「自他の権利を侵さない限り、自己表現をしてもよい」という意味です。

B
自己評価」の高い人、低い人~

いつもマイナス面に目がいってしまう人は、
ほかの人からほめられても素直に喜べない傾向にあります。
こういった人は、トータルでの自己評価が低く、劣等感の強い人です。
ほめられると居心地が悪くなる原因は、
トータルの自己評価が低いにもかかわらず、トータルでほめられているためです。
自分に対するトータルの自己評価が低い人でも,
ある特定のことには自信があったり、プライドを持っていたりします。
また、「一つのことをやり遂げた」というとき、
そのことをほめてもらい、達成感を満たしたいという気持ちはあります。

「ここが好き!」「ここはよくできている」
と具体的にほめられれば、自分でも満足できるはずです。
具体的に受け止められれば、居心地の悪さはなくなり、
むしろ、自尊心が満たされて、快い気持ちになると思います。

本日の心理学・名言7210-6

道を究める上ではすべての逆境、試練が人生や経営の糧となる
by
上甲晃(志ネットワーク「青年塾」代表)

「よし、朝だ!」というのも、「あーあ、朝か」というのも、
あなたの考え方次第である。

by
タイナー氏

人から好感を持たれる人間になりなさい。
幸福にめぐり合う確率がものすごく高くなります。
by
ジョセフ・マーフィー

実際にどう生きたかということは大した問題ではないのです。
大切なのは、どんな人生を夢見たかということだけ。
なぜって、夢はその人が死んだ後も生き続けるのですから。

by
ココ・シャネル(服飾ブランド「シャネル」の創始者)

ビジョンは大きいほうがいい。
たとえ自分が実現できなくても、バトンタッチすればいいのですから。

by
日野原重明

笑顔でいれば好かれるし、怒ってばかりいたらキラわれる。
それだけなんだよ。
笑顔で愛のある言葉をしゃべろうよ。
今、自分の目の前にいる人たちのために、全力を尽くす。
愛のある顔と愛のある言葉をしゃべる。
これに全力を尽くす。

by
斎藤一人(さいとう・ひとり*銀座まるかん創業者)

言葉には人生を左右する力があるんです。
この自覚こそが人生を勝利にみちびく、最良の武器なんですよ。

by
中村天風

本日の心理学・名言7210-5

A
行動は意志や決断によって行われているようで、
実は想像力(想念)によるところが非常に大きいのです。
それが良い想像力の場合は前向きに取り組めますが、
不吉なことや気の滅入る出来事、思いがけない失敗などが立て続けに起きたら、
どうしてもマイナスの想像になりがちです。

そういう時プラスに転じないまでも、
せめて建設的な方向へ想像力を誘導していく方法として、
「悪い出来事は天からの警告だ」と解釈するといいのです。

そうすれば自分の思考や行動を修正する機会が得られ、
結果的にプラスへともっていけるのです。
人はその身に降りかかることより、それをどう考えるかによって、
全く正反対の人生を歩むことができるのです。

B
人生は厳しい。
確かに、恵まれた境遇に生まれている人もいれば、そうでない人もいる。
しかし、神様から与えられる幸運と不運の割合は誰でも同じだと考えられています。
私たちには、誰でも等しく悲劇が降りかかってきます。
しかし、楽天的な人はそんな悲劇を吹き飛ばしてしまうのに対し、
そうでない人は悲劇に打ちのめされて、一歩も動けなくなってしまうのです。

まり、人生の中で与えられる「悲劇の量」はだいたい同じですが、
悲劇に対する「苦悩の大きさ」は人によって違うのです。
全く悲劇に悩まない人もいれば、大いに悩んでストレスを感じる人もいるのです。
悲劇にあっても、“苦悩の大きさ”だけは変えられるのです。
なぜなら、それは主観でコントロールできるからなのです。

どうせなら、文句を言わずに、悲劇を適当にやり過ごす人間になりたいものです。

心のスタミナがあれば、避けられない悲劇にあっても、
全く不満をもらさず、むしろ楽しむくらいの気持ちを持つことができます。

本日の理心学・名言7210-4

何をするにも必ず学ぶ苦しさがある。
でもその苦しみがあるからこそ、その先に本当の楽しさを見つけることができる。

by
坂本博士(声楽家)

失敗する可能性もたくさんあるけれども、
まずはやってみなければ何も始まらない。

by
新浪剛史(サントリーホールディングス社長)

きのうという日は、二度とかえらぬ日。
明日という日は、まだ見ぬ未来。

今日という日を 大切に生きる。
by
山本富士子(女優)

夢とは幻ではなく、可能性のことだ。
人間には、何歳になってもいろいろな可能性が残されているのだと思う。
その可能性を信じるべきだ。

by
三浦雄一郎(みうら・ゆういちろう*プロスキーヤー)

どんな日であれ、その日をとことん楽しむこと。
ありのままの一日。ありのままの人々。
過去は、現在に感謝すべきだということをわたしに教えてくれたような気がします。
未来を心配してばかりいたら、現在を思うさま楽しむゆとりが奪われてしまうわ。

by
オードリー・ヘップバーン(女優)

もしあなたが、気持ちよい生活を作ろうと思ったならば、
済んだことをくよくよせぬこと、
滅多なことに腹を立てぬこと、
いつも現在を楽しむこと、

とりわけ、人を憎まぬこと、
未来を神にまかせる(ゆだねる)こと。

by
ゲーテ

本日の理心学・名言7210-3

誰もが、気持ちの良いコミュニケーションをし、
よりよい人間関係を持ちたいと望んでいます。

自己表現には、三つの段階があります。
一つは、自分の思いや気持ちをありのまま受け止めて見ることです。
まずは、外界の状況に惑わされず自分を素直に受け止め、
さまざまな懸念もしばし横において、自分を確かめることです。

それが出来たら、次に、その思いを自分の知っている表現方法で、
どう伝えるかを工夫し、表現してみようとすることです。

最適の方法が見つかるとは限りませんが、
自分の気持ちや思いを出来るだけ正直に言葉にして見ましょう。

そして最後に、その影響や効果を考えて、表現を変えたり、
相手をフォローしたりする用意をするのです。

多くの場合、そのような自己表現の結果、
相手に理解されることもあれば、理解されないこともあります。
私たちの自己表現の背景にとなる経験や知識は、
お互いに違っていますので、
かりやすいこともあれば、分かりにくいこともあり、
誰もがすぐ意味を共有することは出来ないからです。

理解できないことは自分のせいでも、相手のせいでもなく、
それは当たり前のことなのです。
だから、自分を素直に表現して、
相手にも耳を傾け理解しようとすることが大切なのです。
ミュニケーション社会生活を営む人間の間で行われる知覚(@)・感情・思考の伝達。
@ 知覚(ちかく):外界から刺激感覚として自覚し、刺激の種類を意味づけすることである。

本日の理心学・名言7210-2

一年二年で何ができる、あせらず怠らず、十年つづけてみよ、きっとものになる。
ものになるかならぬかは、つづくかつづかないかで決まる。

by
吉岡貞義

最終的な結果はともかく、
世界一を目指して頑張らない限り、世界一になることはできません。
by
井上 愛一郎  氏
目標を超えることは基本的にはありませんよね?
ならば目標は大きく持ちたいですね。

過去のことを思っちゃダメだよ。
何であんなことしたんだろ…って怒りに変わってくるから。
未来のことも思っちゃダメ。
大丈夫
かな、あはぁ~ん。不安になってくるでしょ?
ならば、一所懸命、一つの所に命を懸ける!
そうだ!
今ここを生きていけば、みんなイキイキするぞ!!

by
松岡修造(まつおか・しゅうぞう*元男子プロテニス選手)

大きな目標を定められずにいる人は、どんなに些細なことに見えても、
目の前にある自分の仕事をやり遂げることに思いを向けるべきです。
そうすれば、思いをひとつに集中し、
強い意志と活力が養われ、何でも達成できるようになります。

by
ジェームズ・アレン(哲学者)

たいせつなのは身分の高下や貧富の差ではない、
人間と生まれてきて、生きたことが、自分にとってむだでなかった、
世の中のためにも少しは役だち、意義があった、
そう自覚して死ぬことができるかどうかが問題だと思います。

by
山本 周五郎 氏

本日の理心学・名言7210-1

A
今日が人生最後の日だと思って暮らそう~

余命があとどのくらいなのか、私たちは誰も知りません。
ですが、悲しいことに私たちは永遠に生きていられるかのように行動をしています。
心の奥で本当にしたいと思っていること・・・
愛している人にそう伝える、一人きりの時間を過ごす、親友を訪ねる、
心のこもった手紙を書く、娘と釣りに行く、いい聞き手になる、などなど・・・
先送りにしてしまいます。
自分の行動を正当化するために凝った(こった)口実をひねり出し、
ほとんどの時間とエネルギーをどうでもいいことに費やしてしまうのです。

B
になるかではなく、どういう人間になるか・・・大切ですね。
医者になるとか、有名な大学に入るのを目標にすると
それが叶った瞬間、一気にモチベーションが下がってしまうかもしれません。

何になるか、どこに住むかは全て手段であって
人生の目的ではありません。

今は、ありとあらゆることに選択の自由があるので
かえって「何になるか」ということに重きが置かれるのかもしれません。

もし、「あなたはコンサルタント以外の仕事は選べません」と決まっていたら、
私は「では、どんなコンサルタントになるか」ということを真剣に考えるでしょう。

どんな人間になりたいか・・・究極の質問ですね!
by
本日のレシピ

本日の心理学・名言7209-8

私は、幸せには、
志を一つにする「志合わせ」、
共に協力して仕事をする「仕合わせ」、
心から尊敬する師と出会う「師合わせ」、
そして自らの使命に生きる「使合わせ」
があると思っています。

幸福の鍵は、あなた自身が握っているのです。
by
大杖正信(アチーブメント株式会社のエズゼクティブトレーナー)

人間関係、与えられた人と人との縁。
よく噛みしめたら、必ずやそこには謝念がわいてくる。
これ、この世を幸せに生きる最大の秘訣と言ってよい。
by
森 信三

神様は私たちの「願ったもの」よりも、
幸せを増すのに「必要なもの」を与えてくださいます。
それは必ずしも自分が欲しくないものかもしれません。
しかしすべて必要なものなのだと、感謝して謙虚に受け入れることが大切です。

by
渡辺和子

この中で一輪車に乗れる方、手を挙げてください。
いないですね。
でも、練習すれば、おそらく全員が乗れるんです。
最初から乗れないだけ。物事はそういうものなんです。

by
斉藤一人(さいとう・ひとり*銀座まるかん創業者)

目の前の仕事に専念せよ。
太陽光も一点に集めなければ発火しない。

byグラハム・ベル@アフター5の悩み

本日の心理学・名言7209-7

自分の直観を信じることは、
何をするべきか、どう変えるべきかを告げる心の奥の声を聞き取って信じるということです。


わたしたちの多くは、心が告げる直観
に耳を貸そうとしません。
深く考えもしないで結論が出せるわけがないと思ったり、
明らかに正しい答えが出てくるのを忘れて、
「そんな答えなんか、正しいはずがない」とか「そんな事できっこない」
と自分を説得し続けたあげく、心の奥の声を打ち消してしまうのです。

自分の限界を決めれば、その限界は自分のものになってしまいます。
直観が告げる答えは正しくないのではないか、という不安を克服できれば、
人生は不思議に満ちた冒険のたびになります。
自分の直観を信じるのは、楽しみと知恵の国の垣根を取り払うのと同じです。
自分のうちにある最高の知恵と長所に目と心を開く手段でもあります。
直観を信じることに慣れていないなら、
まず一人で静かに心の声に耳を傾けることです。
たとえば、誰か愛する人に手紙を書いたり電話をかけようと思いついたら、
そのとおりにします。
こんな癖に注意しようと思いついたら、それに注意します。

直観が与えてくれるメッセージを実行に移すと、
何らかの愛情ある行為で報われることが多いのです。
今日から直観を信じてみましょう。
あなたの人生が大きく変わることが分かりますから。

直観:推論など論理操作を差し挾まない直接的かつ即時的な認識の形式

本日の心理学・名言7209-6

人間の品性は、研ぎ澄ました正邪感覚に従い、
成功する確信がなくとも理想を信頼して進むことにより生じる。

by
リチャード・バック(米国の小説家)

落ち込むことも大切。
そうやって内省することで、人間は大きくなる。

by
坂田栄一郎(写真界の巨匠)

人間は99.9%同じ遺伝子暗号を持っている。
誰もが自分の花を咲かせる可能性があります。
by
村上和雄

苦悩というものは、前進したいって思いがあって、
それを乗り越えられる可能性のある人にしか訪れない。
だから、苦悩とは、飛躍なんです。

by
イチロー

いいことがあった時だけ“神様ありがとう”と手を合わせて、
つらいことがあると“神様なんていない”と吐き捨てる……。
欲望を満たしてくれるのだけが神様ではないと思います。
ご褒美を与えてくれるのも神様。試練を与えてくれるのも神様。
苦しい時ほど“成長させていただき、ありがとうございます”
と手を合わせたいものです。 

by
ベッキー(マルチタレント)

人生は、心で決まる。
仕事で疲れたアナタ、嫌なことがあったアナタ、
心の目をしっかりと見開いて、
マイナスをどんどんプラスに変えてしまいましょう。

by
露の団姫(つゆの・まるこ*

本日の心理学・名言7209-5

私たちは、良くも悪くも、周りからの影響を受けています。
周りからの影響が、成長につながったり、
自分なりに成長につなげたりすることもできますが、
周りからの影響で、嫌な気分になったり、
自分の可能性を閉ざしてしまったりすることもあるものです。

自分がどんな影響を受けているのかを知るためには、
普段とは「別の世界」に行ってみるのもオススメです。
例えば、ある職場で自己主張すると、周りから「悪い評価」をされて、
自信をなくしていたものの、

別の職場に移ってからは、

周りから「自分の意見を持っていて素晴らしい」と好評価され、
管理的な立場・相談される立場になることもあります。

まさに、同じ個性・能力のままで、
好評価される場合もあれば、悪く評価される場合もあるのです。
もちろん、どちらの評価でも、成長につなげることは可能ですが。

私たち普段接している人や、普段の職場、場所での出来事は、
世界のほんの一部でしかありません。

そこで、どのように評価されているのかは、
その小さな世界での評価に過ぎないのです。

ですから、今の小さな世界だけにこだわるのではなく、
自分をありのまま表現できる場所に出掛けてみるのもいいですし、

互いに成長を促進できる相手を見つけるのもオススメです。
違う世界を体験することで、
今の世界の良い面も見えてくるかもしれません。

あなたは今、どんな世界の中で取り組んでいますか?

by【自己維新】

本日の心理学・名言7209-4

感謝する気持があればあるほど、ひとは幸せになれます
家族に、みんなに、人生に、世界に、
今日という日に、自分がこうして生きていることに、『ありがとう』。

by
葉 祥明(よう・しょうめい*画家/詩人/絵本作家)

良いことがあって感謝するのは初級。
平穏無事なことを感謝するのは中級。
病気や怪我、その他いっさいすべてに感謝するのは上級。

by
小林正観

一番大事なことは、どんな環境が必要かということではなく、
どんな考えで毎日生活しているか、
どんな理想を追い求めているかということなのです。

by
ヘレン・ケラー

才能で試合に勝つことはできる、
だがチームワークと知性は優勝に導くんだ。

by
マイケル・ジョーダン氏

「倒れて後やむ」という言葉がありますが、修行は一生涯に及びます。
ですから、辛抱もまた一生涯ということです。
by
桂 歌丸

人生に大切なのは、どの道を選ぶか迷うことより、
選んだ道をどう生きるかなのよ。それを忘れないで。

by
ブリジット・バルドー(女優)

大事なことは「どちらを選ぶか」よりも
「選んだ道が最高の道だ、と思い定めること」ではないでしょうか。
by
津留晃一

本日の心理学・名言7209-3

自分らしさを阻む1つは、「いい人」になろうとすることかもしれません。
誰でも、相手から「いい人」に見られたいと、少なからず感じていることです。

ただ、その思いが強くなり過ぎると、
相手に合わせてばかりで、自分が本当に欲しいものがわからなくなるとか、
世間からどう見られているのかを気にし過ぎて、
やりたいこととは違うことをやってしまう、
周りの反応ばかり気にして、自己主張できなくなってしまうなど、
「本当の自分」とはどんどんズレてしまうケースがあります。

「こんなにやっているのに、どうしても報われないのだろう」
「こんなに尽くしているのに、どうして感謝されないのだろう」
そう感じるとき、自分の「したい」ことではなく、相手からの良い反応を期待して、
したくないことを無理してやっているのかもしれません。
この状態では、何をするにも「やる気」が必要になりますし、
行動するたびに「ストレス」を感じてしまうでしょう。
ストレスを感じることを、やる気を出して取り組むのですから、
疲れてしまいますよね。
もし、そんな状態の場合は、
まず、理想の思い描き方から変化させてみると良いでしょう。
「周りからどう思われているのか?」「周りと比べてどうか?」
「世間的な評価はどうだろう?」という視点は、一度置いておきます。
思いっきり、自分主義的に理想を思い浮かべてみるのです。
心から「~したい」と感じること、
誰かに評価されなくても「~したい」と感じること、
世間的な評価には一切関係なくても「~したい」
と感じることをどんどん思い描いてみましょう。
そして、そのときの「心の状態」を感じてみてください。
その心の状態が、あなたが「自分らしい方向」
に向かっていることを示す合図になり得るからです。
プライベートや仕事では、心からどんな合図が送られてきますか?
by
【自己維新】

本日の心理学・名言7209-2

今の時間っていうのはまさに“今”だけ。
昨日からの続きじゃない。未来は先にあるんじゃない。
過去も現在も未来も“今”の一点に集中していて、
それが一瞬一瞬動いていっているのさ。

by
加山雄三

今日一日、今一刻の有り難さを知る。これを離れて人生はない。
by常岡一郎(修養団体・中心社創設者)

結局は自分を信じ、
やれることを全力でやるしかないと割り切るしかないのだ。

by
内海 実

どんな人生でも、急いだってしようがない。
焦らず、じっくり歩いて、その分いろんなものを吸収してゆく。
私もカーブを打てなかった10年間を、少しも遠回りしたとは考えていない。
by
『人生を勝利に導く金言』(弊社刊/野球評論家・野村克也著)

嫌なことをただ堪え忍ぶのが我慢。
好きなことのために堪え忍ぶのが辛抱。
我慢の中には不満があります。辛抱の中には希望があります。
我慢はいずれ爆発します。辛抱はいずれ実ります。
我慢はしなくていい。辛抱をしよう。

by
作者不詳

何か目標を見つけて、それに向かって突進すること。
それが未来をひらくために大事なこと。
by
守田満(91歳の現役スプリンター/マスターズ世界記録保持者)

本日の心理学・名言7209-1

「モア・イズ・ベター」という考え方を捨てる~

物をたくさん持つことが悪いとか間違っているというんではなく、
もっともっと多くのものを求めるのが狂気の沙汰(さた)なのです。
「モア・イズ・ベター」と考えている限り、決して満足することはありません。

私達は何かを手に入れたり、何かを終えたとたんに次のことに向かいます・・・ただちに。
これでは人生や多くの恵みを味わう暇もありません。

この悪い癖を克服するコツは、もたない事が問題なのではなく、
もっと求めることが問題なのだ・・・
つまり「モア・イズ・ノット・ベター」だと自分に言い聞かせることです。
足るを知るというのは、もう物を持ったり求めたりすべきでないということではなく、
幸福は物によって与えられないと知ることです。
もっと欲しいと願う気持ちではなく、今現在に意識を向けることによって、
持っているもので幸せになることは出来るのです。
この新しい見方を身につければ、新しい物や成果が人生に現れたとき、
それに感謝する思いがさらに深まっているでしょう。
幸福になるための素晴らしい手段は、もっているものと欲しいものを
・分別物事の是非(正しいことと正しくないこと)と、
・道理~(人として行うべき正しい道)判断すること
っと多くのものと幸せを追い求めて一生を送ることもできます・・・

または、もう欲しがらないと心に決めることもできます。
後者の方がはるかに実行しやすいし、充足をもたらしてくれます。

本日の心理学・名言7208-8

鉱物も植物も動物も、水も空気も、
大宇宙も小宇宙も、自国も他国も、
見える世界も見えない世界も、
そして私達人間も、すべては繋がり関係し合っているのです。
事が本当に理解できると、愛に溢れた調和の世界が現れます。
by
実智絵(心と身体の健康カウンセラー)



道をつくった人は、道をつくろうと思った人である。
その思いを強く熱く反復した人である。
行ったり来たりする中で道はできる。
一回通っただけでは道はできない。

by
『小さな人生論 ポケット名言集』より抜粋

散歩の途中で富士山に登る奴はいない。
富士山に登ろうと思った奴だけが富士山に登れる。
by
ジョージ秋山

目の前にあるものを変える必要はありません。
変える必要があるのは目の前のものをどう見るか。
つまり自分の見方です。

by
タデウス・ゴラス(アメリカ・ニュージャージー州出身の著述家)

あなたの人生を決定するのは、
人生があなたにもたらすものというよりは、
あなたの人生に対する姿勢であり、
あなたの人生に起きる出来事というよりは、

それらの出来事に対するあなたの見方である。
by
ジョン・ホーマ・ミラー

いま自分がやれることをやる。
そこに自分の人生の主人公になれる秘訣がある。
 
by
神渡良平(かみわたり・りょうへい*作家) 

本日の心理学・名言7208-7

あなたは、どんなとき自分へのご褒美が必要だと感じますか?
私が今までやってきた中で、
「自分の努力に対して、自分にご褒美を与える」という方法は、
実はあまりうまくいったことがありません。
「好きなことをやっていること自体がご褒美」なのに、
さらなるご褒美とは何だろう?と疑問に感じてしまったからです。
ご褒美が必要なこととは、もしかすると、「~したいこと」ではなく
「あまり気が進まないけれど、やらなければならないこと」
「苦痛がともなうこと」
「それをやる意味があまりわかっていないこと」
「理想は叶えたいけれど、その途中プロセスがツライと感じること」
そんな行動を起こすときに、効果を発揮する方法なのかもしれません。
ですから、何でもかんでも「行動に対してご褒美を考える」というのは、
見方を変えると、「私はこの行動をやることがあまり好きではないのです」
という暗黙のメッセージを送っていることになる恐れがあるので、注意が必要です。
趣味や遊びに時間を掛けたから、
ご褒美として自分にバッグを買おう!なんて考えませんよね。
理想に向かっていく行動が、趣味や遊びのように、
ご褒美を必要としない「~したいこと」に育てていきましょう!

by
【自己維新】

本日の心理学・名言7208-6

君は自分を称賛する者、自分に優しくしてくれる者、
自分に味方する者だけから教訓を得ているのではないか。
自分を拒む者、自分と敵対する者、自分と議論する者から、
大きな教訓を得たことはないか。

by
ウォルター・ホイットマン 氏

自分の心が汚れたままでは、綺麗な仕事はできない
by
吉見清美(全日本美容講師会最高師範/吉見美容室社長)

99%は失敗の連続だった。実を結んだ残りの1%の成功が現在の私だ。
by
本田宗一郎/本田技研工業創業者(『子どもたちが目を輝かせて聞く偉人の話』P77

10のサービスを受けたら11を返す。
その余分の1のプラスがなければ、社会は繁栄していかない。

by
松下幸之助(まつした・こうのすけ*松下電器産業創業者)

謙虚であり、素直であるからこそ、
すべてを聞き入れることができるし、
自分自身成長できる。
by
塩沼亮潤(慈眼寺住職/大峯千日回峰行満行者)

人生には、難しそうに思えることがたくさんある。
でも、その大半は簡単なことの積み重ねでできる。

by時生(ほんだ・ときお*「幸せグセのつけ方」著者)

運がいいと思いなさい。そう思ったらどんどん運が開けてくるんだ。
by
松下幸之助(経営の神様/松下電器産業創業者)

本日の心理学・名言7208-5

テレビやネットなどでは、暗いニュースが多いため、
まるで世界は悪い方向に向かっている・・・
そんなふうに感じてしまう人もいるかもしれません。

ですが、幸せに理想を叶えていく人は、世界は明るい方向に向かっている・・・
そんなふうに感じている人が多いものです。
それは、自分自身の毎日の体験の中から、
「楽しい出来事」
「しあわせな出来事」
「成功したこと」
「チャレンジしたこと」
などの明るいマイニュースを積極的に発見し、記憶し、記録しているからです。

最近、あなた自身や、あなたの周りでは、どんな明るいニュースがありましたか?
ニュースと言っても、
別に「大きなこと」「ときどき起こる特別なこと」ではなくて良いのです。

たとえば、「新しい本に出合った」「漫画を見て感動の涙を流した」
「資格取得のチャレンジを始めた」「川でカモが元気に泳いでいる光景を見られた」
「掃除をしてすっきりした」「料理がうまくいった」など、
日常の中にあるよくあることでOKなのです。

喜びや幸せは、日常の中にあるもの。
そして、それは自分で気づくものであり、生み出していくものかもしれませんね。

by
【自己維新】

本日の心理学・名言7208-4

今日一日、今一刻の有り難さを知る。これを離れて人生はない。
by常岡一郎(修養団体・中心社創設者)

ある人に合う靴も、別の人には窮屈である。
あらゆるケースに適用する人生の秘訣などない。

by
カール・ユング氏

落ち込んだとき、そんなときこそ、
人は次の階段にのぼれるかどうか試されているんだよ。

by
清川妙

受け取るもの以上のより良いサービスを提供すれば、
あなたの蒔いた有益なサービスの種は、
ふんだんに実をなしてあなたの元に戻ってくる。

by
リチャード・ブランスン

まず自分がクリアできるところに目標を設定して、
それをクリアできたら次の目標を立てればいい。
目標をクリアするたびに達成感を味わうことで、
さらに物事がプラスに考えられるようになっていく。

by
イチロー(メジャーリーガー)

花は一瞬にして咲かない。大木も一瞬にして大きくはならない。
一日一夜の積み重ねの上にその栄光を示すのである。

by
坂村真民

本日の心理学・名言7208-3

人間力とは人間の総合的な力のことだろう。
知識、技能、教養、人間関係力、実行力、徳性といった
もろもろの要素が総合して練り上げられ、発酵し、結晶するもの、
それが人間力であろうと思われる。
中には金力や財力、地位といったものも人間力の重要な要素、と言う人もいる。
確かに、現実的にはそれも一つの要素には違いない。
だが、それらをすべて失っても、
なお輝きを失わぬ人格の力こそ人間力と言うべきだろう。

その人間力を養うには何が必要か。

根本になくてはならないのは、憤(ふん:ふるいたつ)の一字である。
物事に出会い、人物に出会い、発憤し、感激し、
自己の理想に向かって向上心を燃やしていく。
そういうものを根本に持っていない人に、人間力はついてこない。

次に大事なのは志である。夢と言ってもいい。
いかなる志、夢を持っているか。その内容が人間力の大小厚薄重軽を決める。

第三は与えられた場で全力を尽くすこと。
人生の経験をなめ尽くすことと言ってもいい。

第四はその一貫持続であり、
第五はすぐれた古今の人物に学ぶことである。
すぐれた人の生き方に学ぼうとしない人に人間的成長はない。
そして最後に大事なのは素直な心だろう。
松下幸之助氏は最晩年まで、「素直の十段になりましょう」と言い続けたそうである。
素直な心、柔軟心こそ、人間力を高めていく上で欠かせない一念であろうと思われる。

by
「一日一言」

本日の心理学・名言7208-2

社会生活は日々これ戦い、日々これ苦難。
その時に心が動揺するかしないかは、信念の有無で決まる。
by
松下幸之助(まつした・こうのすけ*松下電器産業創業者)

神様は私たちに、成功してほしいなんて思っていません。
ただ、挑戦することを望んでいるだけよ。

by
マザー・テレサ

かけがえのない人間になるには、常に他人と違っていなくちゃ。
by
ココ・シャネル

苦しみも悲しみも全て階段。とりあえずのぼらなきゃ。
大きい段、小さい段、色々あるけど、
目をつむって歯をくいしばって一歩を踏み出してとりあえずのぼらなきゃ。

とりあえず…とりあえずでいいからこの一段、ぐっとこらえてのぼろう。
by
ベッキー(マルチタレント)

物事というものは、久しく続けることが完成の第一。
いくらよいことでも、続けなければ完成はおぼつかない。

by
伊與田覺(論語普及会学監/100歳)

その時は不幸だと思っていたことが、後で考えてみると、
より大きな幸福のために必要だということがよくあるの。

by
フジ子・ヘミング 氏

本日の心理学・名言7208-1

あなたは、どんな相手と長期的に付き合っていきたいですか?
もしくは、どんな相手と長期的に良い関係を築いていますか?

たとえば、
素直に話し合える相手、
お互いに刺激し合って成長できる相手、
自分を束縛するのではなく、可能性を開いてくれる相手、
仮に価値観が異なっても、お互いに認め合える相手など、
きっと、あなたなりの「条件」のようなものがあると思います。

もし、そんな条件を満たす相手が1人でもいれば、
きっと、人生は大きく好転し始める気がしますよね。

そんな相手に出会い、関係を築いていくには、ある種のコツがあります。

その1つは、まず、自分が「自分の最高のパートナー」になることです。
あなたは、あなた自身にどんな言葉を投げかけていますか?
最高のパートナーに話しかけるように、自分に話しかけているでしょうか?
最高のパートナーと思えるように、自分を認めているでしょうか?
自分の存在を大切にできる言葉遣い、関わり方ができる人は、
自然と、そのエネルギーが雰囲気として、周囲にも伝わっていくものです。
また、自分を大切にしていると、心の奥からエネルギーが湧いてくるため、
活動範囲が広がり、今までとは異なる出会いも増えるでしょう。
活動範囲が広がり、良いエネルギーが周りに伝わっているのですから、

お互いの可能性を広げられるような相手に出会う可能性も高まるのです。

まずは、自分で自分にどんな言葉を使っているのか、
自分に対して、どんな態度で接しているのかを振り返ってみてはいかがでしょうか。

by【自己維新】

本日の心理学・名言7207-8

山も海も雲も岩も、みんな、喜ばれるために存在している。
植物、動物、人間も、喜ばれるために存在している。
地球上のすべてのものが、喜ばれるために存在している。

by
小林正観

年を重ねると大切になるのは、今を精一杯生きること。
過去に留まらないで、未来のことを考え過ぎないで、まだ起きてもいないのに。
ただ今を生きるのよ。

by
オリヴィア・ハッセー

前進をしない人は、後退をしているのだ。
by
ゲーテ

遊びや文化は人生に欠かせない必要ムダ。
芸術に親しむゆとりをもてば、心が解き放たれて楽になる。

by
美輪明宏

うつむいてはいけない。いつも頭を高くあげていなさい。
世の中を真っ正面から見つめなさい。
by
ヘレン・ケラー

力的な唇のためには、優しい言葉を紡ぐこと。
愛らしい瞳のためには、人々の素晴らしさを見つけること。
by
オードリー・ヘップバーン

指をさして人を非難する前に、君のその手がよごれていないか確かめてくれ。
by
ボブ・マーリー

人生とは自転車のようなものだ。倒れないようにするには走らなければならない。
by
アインシュタイン

本日の心理学・名言7207-7

理想を叶える習慣は、毎日やることが重要ですが、
「毎日でもやりたいこと」になっていると、さらに良いですね。
とは言え、私たちは、日々、さまざまな情報に触れ、体験を積んでいますので、
意識していないと、「~したい」という思いさえ忘れてしまうものです。

だからこそ、新しい習慣をつくるときには、
「意識的に取り組む」ことがポイントになるでしょう。

毎日続かないと、「私には継続力がない」と落ち込んでしまう方もいるのですが、
継続力・習慣力も「育てるもの」ですから、
「続かないのが当然」と考えておくと良いのかもしれません。
続かないのが当然だから、「続くような工夫」が必要だと考えるのです。
たとえば、私の考え方の工夫としては、
「2日続いて、次の日は忘れていた」みたいな場合、

「2日続ける力は持っているから、次は3日続ける力に育てよう」

そんなふうに、「できた部分までを大切にして、次の目標をつくる」
ことを心掛けています。

今できたかできなかったかは、あまり問題ではないと思うのです。
これから、できるようになればいいのですし、
これから、もっと楽しめる自分に育っていけばいいからです。

いつも途中でやめてしまう・・・そんな場合は、
「今育っている力」「今できたところ」までを心から認めてから、
さらなる目標を立ててみてはいかがでしょうか。

by【自己維新】

本日の心理学・名言7207-6

私たちは自分たちの食べる食べ物のほとんどを作ってはいません。
私たちは他人の作った服を着て、他人のつくった言葉をしゃべり、
他人が創造した数学を使っています。
何が言いたいかというと、私たちは常に何かを受け取っているということです。
そして、その人間の経験と知識の泉に何かをお返しができるようなものを作るのは、
すばらしい気分です。

by
スティーブ・ジョブズ(アップルコンピュータの創始者)

下を向いていたら、虹を見つけることは出来ないよ。
by
チャップリン

待っているだけの人達にも何かが起こるかもしれないが、
それは努力した人達の残り物だけである。

by
エイブラハム・リンカーン

楽観よし悲観よし。
悲観の中にも道があり、楽観の中にも道がある。

by
松下幸之助

@
人間は、元々そんなに賢くありません。
勉強して修行して、やっとまともになるのです。

by
瀬戸内寂聴

自分の姿をありのまま直視する、それは強さだ。
by
岡本太郎

一度心に決めたなら、それについて振り返ることはしない。
by
マイケル・ジョーダン

本日の心理学・名言7207-5

『自分を劇的に成長させる2種類のコミュニケーション力』

学生、主婦、ビジネスマン等の世の中の大半の方に求められているスキルに
「コミュニケーション能力」があります。

企業の採用担当者も、必要なスキルは?と聞くと、
大半の方が「コミュニケーション能力」と答えるくらい、
今、世の中では求められているスキルです。

ここで言うコミュニケーション能力とは何でしょうか?
あるサイトでは以下のように定義されておりました。

相手と意思を伝達しあう技術。ある感情・目標をひろく共有するための手段。
「空気を読む能力」と解釈されることもある。

つまり、相手に言いたいことをきちんと伝えられる力、
意見・感情等を周りと共有できる力 ということでしょう。

これは、確かにとても大切な能力です。
しかし、多くの成功者は、もうひとつのコミュニケーション能力を備えていると思います。
それは、『自分とコミュニケーションする力』です。

例えば、
・自分が消極的になってしまったときに、その消極的な感情を捨て、積極的な感情に切り替える力
・自分にどんどん質問をぶつけて、自分が本当は何をしたいかを 見つけられる力
・自分が今陥っている、悩み・問題等をネガティブのままにしておくのではなく、
ポジティブな発想に変える力等です。

これにより、自分自身が常に、
前向きで・情熱にあふれ・希望に満ちた状態でいられることになります。

あなたは、2種類のコミュニケーション能力を意識しておりますか?

本日の心理学・名言7207-4

今の時間を大事にできない人は、未来の時間もきっと大事にはできない。
ここで自分らしく生きることができない人には、次なる道は開けない。

by
平尾誠二(ひらお・せいじ*元ラグビー選手)

人生は失敗すること、負けること、挫折すること、苦悩することが圧倒的に多い。
それがあるからこそ我々は成長できて、強く生きていける。
by井上康生(全日本柔道男子代表監督)

僕らは、自分のすばらしさと不完全さのなかで、
何よりも自分自身を愛することから学ばなければいけない。
by
ジョン・レノン

リスクを取る勇気がなければ、何も達成することがない人生になる。
by
モハメド・アリ

最も高貴な娯楽は、理解する喜びである。
by
レオナルド・ダ・ヴィンチ

できることから始めるのではなく、正しいことから始めるのです。
by
ピーター・ドラッカー

大事なのは、自分の夢を見つけたら、それに向かってひたすら突き進んでいくこと
by
片岡鶴太郎(俳優・画家)

決断しないことは、ときとして間違った行動よりたちが悪い。
by
ヘンリー・フォード

本日の心理学・名言7207-3

理想に向かって行くためには、
「理想を叶える私モード」をつくることがオススメです。

私たちは、接する人や状況によって、モードを使い分けているものです。

たとえば、学校や塾、図書館では勉強するのに、
家で勉強をしようとすると、つい、眠ってしまったり、集中できずにダラダラしてしまったり・・・

こんなときは「外のモード」と「家のモード」が自然に切り替わっていると言えます。
または、家族と接するときのあなたと、友達や職場の仲間と接するときのあなたも、
きっと何か違うのではないでしょうか?

言葉遣い、表情、態度、性格まで違っている・・・なんてこともあるものです。
家族とのモード、友人とのモードなど、
それぞれの人・状況にあわせて、最適と思えるモードに切り替えているのですね。

これらと同様に、理想を叶える場合は、普段のモードから切り替えることがポイントです。
そして、普段のあなたが、ゆったりタイプでも、
理想を叶えるモードでは、夢中になってどんどん行動していくタイプになるなど、
全然違うタイプに切り替わっても良いのです。

あなたの最高モード、理想を叶えるモードをこれから育てていくとしたら、
どのようなタイプにしていきたいですか?

あなたは誰と一緒にいるとき、どんな状況のときに発揮されるモードが好きですか?
ぜひ、あなたにとっての最高モードを発見してみてください。
by
【自己維新】

本日の心理学・名言7207-2

今の時間を大事にできない人は、未来の時間もきっと大事にはできない。
ここで自分らしく生きることができない人には、次なる道は開けない。

by
平尾誠二(ひらお・せいじ*元ラグビー選手)

人生は失敗すること、負けること、挫折すること、苦悩することが圧倒的に多い。
それがあるからこそ我々は成長できて、強く生きていける。

by
井上康生(全日本柔道男子代表監督)

僕らは、自分のすばらしさと不完全さのなかで、
何よりも自分自身を愛することから学ばなければいけない。

by
ジョン・レノン

リスクを取る勇気がなければ、何も達成することがない人生になる。
by
モハメド・アリ

最も高貴な娯楽は、理解する喜びである。
by
レオナルド・ダ・ヴィンチ

できることから始めるのではなく、正しいことから始めるのです。
by
ピーター・ドラッカー

大事なのは、自分の夢を見つけたら、
それに向かってひたすら突き進んでいくこと

by
片岡鶴太郎(俳優・画家)

決断しないことは、ときとして間違った行動よりたちが悪い。
by
ヘンリー・フォード

本日の心理学・名言7207-1

理想に向かっていかれないとき、何が原因になっていると思いますか?
たとえば、
目標が見つからないから前進できない。
自信がないから挑戦できない。
やる気が出ないから行動できない。・・・などなど。
これらは、すべて正しい理由なのかもしれません。

ただ、もしかすると、
前進しないから目標が見つからない。
挑戦していないから自信にならない。
行動していないからやる気が出ない。
そのような一面もあるかもしれません。

さらに言えば、
目標がなくても前進してOK。
あえて後退して何が見えるか確かめるのもOK。
目の前のことを楽しむのも目標の1つになる。
挑戦に自信は必ずしも必要ない。挑戦を楽しいものにすればいい。挑戦しなくてもOK。
やる気以外(たとえば、ワクワク感)で行動することもできる。
あえて行動しない状態を楽しむのもOK。

こんなふうに、さまざまな方向で考えてみると、
今の問題は、今までの考え方から出てきたもので、
新しい考え方をすると、問題ではなくなる可能性もあるのです。

「~しなければならないのに、なぜかそれができない」そう考えているとき、
そもそも「~しなくてもいいのでは?」
「~したいことを選択するのはどう?」
「できるかどうかより、楽しめばいいのでは?」
「できないのではなく、できている面に気づいていないだけでは?」

など、新しい考え方ができるように、自分自身に問いかけてみてはいかがでしょうか。

by
【自己維新】

本日の心理学・名言7206-8

自分に嘘をつかず、一所懸命働く。
その姿勢が目に見えない無形の財産。

by
重田光康(ロサンゼルス新撰組レストラングループ局長)

あなたが今ワクワクすることをしなさい。
そうすれば、あなたがこの世に生まれてきた目的に一番早く行き着きます。

by
ダリル・アンカ

仕事を「やらされている」と考えたら、その経験は血にも肉にもなりません。
目の前にある仕事も家事も、遊びのように夢中になって取り組んでみませんか。
by
桝野俊明

目的を達成する為には、
人間対人間のうじうじした関係に沈みこんでいたら物事は進まない。
そういうものを振り切って、前に進む。
by
大久保利通

一貫性というのは、想像力を欠いた人間の最後のよりどころである。
*一貫性:最初から最後まで、ブレずに芯が通っていること
by
オスカー・ワイルド

のんきと見える人々も、心の底をたたいてみると、どこか悲しい音がする。
by
夏目漱石

自分自身を扱う際には、頭を用いなさい。
ただし、他人を扱う際には、心を用いなさい。

byエレノア・ルーズベルト

生き残る種とは、最も強いものではない。最も知的なものでもない。
それは、変化に最もよく適応したものである。

by
ダーウィン

本日の心理学・名言7206-7

理想から後退してしまった・・・
そう感じるときは、どんなときでしょうか?

たとえば、続けていたことが途中で止まってしまったとか、
以前できたことができなかったときとか、
嫌なことがいくつも起こったときなど、

きっと、あなたなりの「うまくいっていないなぁ」
と感じる瞬間があると思います。

もし、後退した次は、必ず大きな前進のタイミングがやってくるとしたら、
どんな準備をしておけば良いでしょうか?

続けていたことが、ずっと続くのも素晴らしいですが、
続けていたことがストップした体験をするからこそ、
見えてくることもあるでしょう。

どうすると、続けられるのか、どうすると、続けることが苦しくなるのか・・・
そんなことを詳しく見るチャンスですね。

以前できていたことが、できなくなった体験をするからこそ、
「意識的にやる」
「工夫して取り組む」
「目標を持ってやる」
など、意識改革、行動改革がおこなえるのです。

嫌なことがいくつも起こっていると感じるからこそ、
自分の日々の心や行動を見直し、

本当はどんな日常を送りたいのか?
そのために、私は何を心掛けていくことが大切なのか?など、
自分を振り返るきっかけにできるでしょう。

後退は、より良い前進のために存在している。
後退は、より良い方向にチェンジするためにある。

そんなふうに考えてみると、
自分を見つめ直し、より良い一歩を踏み出すチャンスとして、

後退することも楽しめるかもしれませんね。

by
【自己維新】

本日の心理学・名言7206-6

チャンスはあるものをつかまえるのではなく、つくり出すもの
by
城山三郎(作家)

熱心ささえ誰にも負けなかったら、必ず道は開ける
by
松下幸之助(松下電器産業創業者)

人の一生は、重荷を負うて遠き道をゆくがごとし。急ぐべからず。
by
徳川家康

同じ苦労をしても、その苦労によって人生に影ができる人がいる、
と思うと人生に深い味わいが生まれる。
何が違うかというと富士山に登りたいという、
強い意識を持つ人にとっては途中の苦労は皆血となり肉となるんです。
しかし、無理やり登らされている感覚の人は、
それをすべて苦しみと受け取ってしまう。

by
上甲 晃(じょうこう・あきら*志ネットワーク代表)

めぐりあいのふしぎに手をあわせよう。
by
坂村真民(仏教詩人)

あなたの成功や目標達成をじゃまする唯一のものとは、
あなた自身の考えや心で思っていることです。

by
ジョセフ・マーフィー

学問とは、人間はいかに生きていくべきかを学ぶものだ。
by
吉田松陰

本日の心理学・名言7206-5

習慣を身につけるには、
「前進している」実感を持てることがポイントです。

そして、私たちは日々、さまざまな経験をしているため、
そういう意味で、毎日前進しているはずなのです。

今週1週間を振り返ってみても、
楽しい体験や悔しい体験、不安やワクワクした体験など、
さまざまな体験があったと思います。

その体験を、何となく「いいことも嫌なこともあったなぁ~」
で終わらせてしまうのか、

自分の前進記録・学びの記録など、目的を持って保存しておくのかで、

その後の旅や冒険は大きく変わっていくことでしょう。
最近、成長していないなぁ~」
「何となく、毎日同じ事のくり返しな気がする」
そう感じるときこそ、日々の経験を振り返っていくチャンスです!

どのように考えて、その行動をしたのか?
その行動をしたとき、どんな気持ちだったのか?
その経験からどんなことが学べたか?
次はどんな体験をしたいか?

そんな視点で、経験を振り返り、記録してみるのはいかがでしょうか?
人生は旅行。
ぜひ、あなたの旅行記を綴ってみてください。

by【自己維新】

本日の心理学・名言7206-4

大切なのは今、起こっていることを受け入れることです。
いかなる判断もせず、
ただ、あるがままに。
その出来事の深い意味と目的が分かるのは、その後です。
それからでも遅くはありません
by
葉 祥明(よう・しょうめい*画家/詩人/絵本作家)

人によろこんでもらえるようなことをして、
生きて行けるのは一番たのしいことだ。

by
山手樹一郎

信じて投げて打たれるのはいい。
信じて投げて打たれたのなら、それは結果。

一番いけないのは、
やる前から打たれたらどうしようと考えること。

by
落合博満

あなたの人生に踏みこんでくる人は、ひとり残らずあなたの教師だ。
ただし、教師だからといって好きになる必要はない。

by
アンドリュー・マシューズ(イラストレーター)

今日一日、怒らず、恐れず、悲しまず、正直、親切、愉快に生きよ。
by
中村天風

勝ち負けには、もちろんこだわるんですが、大切なのは過程です。
結果だけなら、ジャンケンでいい。

by
羽生善治

人は城、人は石垣、人は堀、
情けは味方、仇(あだ:害をなすもの)は敵なり。

by
武田信玄

本日の心理学・名言7206-3

「モテる男の褒め方」

女性を誉めたほうがモテると言われます。
また、あなたの周りにも誉めるのが上手でモテている男はいないでしょうか?
そんな状況の中、あなたはどうやって誉めればいいのか?
と悩んだりしたことはありませんか?
私はそのような経験を過去したことがあります。
そこで私は誉めるのが上手な男をずっと観察し、ある共通点を見つけました。
それは、
・外見から分かることを誉める
・そこから想像できる内面もすかさず誉める
というものです。
例えば、今日のスカート似合ってるね と誉めたとします。
多くの男はここで終わってしまいます。
しかし、モテる男は、すかさず、
「行動力のある君にはぴったりだね」等と内面も誉めてしまうのです。
そうすることで、誉められた女性は、
外見だけでなく、内面もしっかり見てくれているんだ。
私って外からはそう見えるんだ。
あなたに対する信頼感増加と、
女性自身の自分に対する新たな発見が起こるのです。
このようなことを経験させてくれる男に対して
多くの女性は好意を持ちます。
by成功へノウハウ

本日の心理学・名言7206-2

人に尽くすのが幸せの原点
by
ダライ・ラマ法王(チベット仏教最高指導者)

泥の中から蓮が咲く。泥が濃いほどみごと咲く。
苦悩が濃いほど、人生は大きく花開く。

by
小林正観(こばやし・せいかん*著述作家)

道は自分で作るもんや、困難を承知で進んでこそ、道が後からできるんや。
by
井植 薫 氏

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。
かんじんなことは、目に見えないんだよ。

by
サン=テグジュペリ

子供に夢を持たせたければ、大人こそ夢を持て。
by
アントニオ猪木

神や仏は、あるいは宇宙の意思は、
何ごとかをなした人を愛するのではありません。
何事かをなそうと努める人を愛するのです。
なそうとしてなせない、おのれの力のなさを反省し、
また明日から、なそうと倦まず弛まず努める、
そういう人こそを救ってくださるのです。

by
稲盛和夫(いなもりかずお*京セラ・KDDI創業者)

努力は必ず報われる。
もし報われない努力があるのならば、
それはまだ努力と呼べない。

by
王貞治

本日の心理学・名言7206-1

理想を叶えるためには、
どうしても叶えたい自分の理想や、
どうしてもやっていきたいことを理解することです。

習慣は、本当にやりたいことや、
叶えたい方向に進んでいると実感できるからこそ、
楽しみながら定着させていくことができるのです。

「夢なんて見ていないで、目の前のことをしっかりやりなさい」
そう言われたこともあるかもしれません。

たしかに、正しい言葉かもしれません。
では、それを言っている人は、幸せに理想を叶えているでしょうか?
納得した人生を謳歌している感じですか?

私たちは、普段、「やらなければいけないこと」や、
「常識や世間体」などを気にして、

心の奥底の「本当は~したいのに」という心の声を忘れがちです。

もちろん、それによって、「生活が成り立つ」面もあるでしょうし、
「ある程度、納得した日常」になることもあるでしょう。

ですが、「どうも何かが違う」と感じるとか、
「毎日疲れ切っている」

「このままでいいとは思っていない」
そんな状態を体験しているとしたら、
あなた自身の「心の声」に耳を傾けるチャンスです。
目の前のことに本気で取り組むことは大切。
ですが、しっかり心に耳を傾けて、

自分の遊び心や、可能性の扉を開くような
「夢」を
思い描く時間を持つことも重要でしょう。

人に話したら、バカにされてしまうような、
そんな夢を思い描いたのは、いつでしょうか?

今日、新たに思い描いてみても良いかもしれませんね!
by【自己維新】

本日の心理学・名言7205-8

一日をどのように過ごしているかを見れば、
その人が未来をどのように考えて生きているかがわかる。
by
アール・ナイチンゲール

有能な人間は失敗から学ぶから有能なのである。
成功から学ぶものなどたかが知れている。

by
ウィリアム・サローヤン 氏

不平の百日より 感謝の一日を
憎しみの百日より 愛の一日を
失望の百日より 希望の一日を
悪口の百日より ほめる一日を
戦争の百日より 平和の一日を
罪の百日より 赦された一日を
悪魔の百日より 天使の一日を

by
河野 進(こうの・すすむ*詩人)

どんなに失敗してもくじけない人はこう言います。
「なんとかなるさ」「ピンチはチャンス」「失敗などない、すべては経験」
そうやって、自分で自分を励ましてあげる。
起きた出来事を受け入れて行く。
by
作者不詳

あなたにとっての最も大きな冒険は、あなたの夢に生きること。
by
オプラ・ウィンフリー

本日の心理学・名言7205-7

「音程をとるためには、まず歌詞を完全に覚えていることが良い」
と聞いたことがあります。

歌詞を見ている段階だと、歌詞に意識が向いているので、
音程にまで意識を持ってくるのが結構難しい。

でも、歌詞が無意識に出てくるようになっていると、
意識は自由に使えるので、音程に意識を集中することができますし、
音程もある程度無意識になれば、今度はリズムなどに意識が向けられます。

これって、私たちの理想を叶えるスキルUPにも当てはまると思うんです。

コミュニケーションに関する本とか、心理学に関する本などを見ると、
これに気をつけよう、あんなことも大切にしよう、

こんな話し方にするといいでしょう・・・
などと、意識を向けたほうが良い点がたくさん出てきます。

ですが、私たちが意識できることは、少数なので、
まずは「相手の目を見ることを習慣化しよう」とか、
「会話をするときは口角を上げよう」など、

1つか2つに意識を集中し、
それがある程度無意識にできるようになったら、

次の1つか2つに意識を向けていく。
こんな方法で、1つ1つ着実に身につけていくと、
自然にステップアップを楽しむことができるでしょう。
by
自己維新

本日の心理学・名言7205-6

人生において、もっとも大切なとき、
それはいつでも「いま」です。

by
相田みつを(あいだ・みつを*詩人)

人間というのは、本来は毎日がうれしくて楽しくて、
イキイキ、ワクワクしながら生きるのが理想的。
サムシング・グレート(何らかの偉大な力)は、
そういう目的をもって人間をつくったと思われるからである。

by
村上和雄(むらかみ・かずお*筑波大学名誉教授)

自分自身を信じる心を持って戦う選手と戦わない選手では、
大きく差が出てくる。

by
井上康生(全日本柔道男子代表監督)

祈りの言葉があります。
「幸せなときには、ありがとう」

「苦しいときには、力をください」
「寂しいときには、聞いてください」

そして、最後に、
「地球のすべての人々が、いつも幸福で平和で
ありますように」と。

by
瀬戸内 寂聴 氏

困難を乗り越える唯一の方法は、
「自分には、必ず乗り越えられる」と信じることだ。
障害を小さくして乗り越えるのではない。
自分を大きくして乗り越えるのだ。

by
ジョン・C.マクスウェル(アメリカの自己啓発作家)

つねに成長している人間は、いつもなにかしらの困難に直面している。
これは、不運だからではなく、
その人がいつでも新しいことに、挑戦しているからだ。

by 大越俊夫

本日の心理学・名言7205-5

あなたは仕事をしていく上で、何を重視していますか?
たとえば、
「経済的な安定がほしい」ので、
会社の基盤がしっかりしていることを重視している人もいるでしょうし、

「経済的な安定よりも、チャレンジできる会社がいい」と、
成長中とか、新しい会社に興味のある人もいるでしょう。

「好きな仕事ではなくても、収入が多いほうが良い」という人もいるでしょうし、
「収入よりも自分のやりたいことができるかどうか?」など、気持ちを重視している人や、
「誰かの役に立っている感覚を得たい」と考えている人もいると思います。

ポイントは、仕事をしていく上で、
「私は何がモチベーションになっているのか?」ということを理解しておくことです。

本当は「誰かのためになっている」という感覚が重要なのに、
なぜか最近
「仕事をやらされている。
私ばかり面倒なことをやらされている」
とばかり感じてしまう・・・。

そんな場合、きっと日々の仕事が苦痛になっていることでしょう。
ですが、そんなときに、
「そういえば私は、誰かのためになる働き方を大切にしたいたんだ」
ということを思い出すことができれば、変化することもできるでしょう。
私の仕事は誰のためになっているだろう?
お客さまのためにどんな工夫ができるだろう?
そんな質問をしていくことで、再び「自分の大切な方向性」を見つめて、
モチベーションにも好影響となっていくものです。
by
【自己維新】