トラウマの治療法

フロントページに戻る

トッピクスリストへ戻る

#トラウマの治療法#

トラウマに対する行動療法の目的は、『現在の外的刺激』『過去のトラウマ体験』を区別して結びつけないようにすることであり、現在の対人関係や心理状態において『過去の苦痛なトラウマ体験』を再現しないようにすることです。
トラウマ体験の記憶に直面させる行動療法では、トラウマを想起させる“関連事象(引き金)”とトラウマが原因となっている“心身症状”とのレスポンデント条件付けを消去することを目的にします。また、繰り返しトラウマ体験を再現して直面化させることで、トラウマとなった出来事の記憶(情動)に対する『意識的な慣れ』を形成していきます。信頼して過去の出来事を打ち明けられるカウンセラーとの協働作業(共感的な対話)を通して、『意識的な慣れ』を経験的に形成することに治療的意義があります。
『トラウマと関連する状況(人物)を見ると、パニック発作の症状が起こる』というようなレスポンデント条件付けを消去したり、『トラウマを思い出させるような感覚刺激(匂いや音)を受けると、強烈な恐怖や吐き気が起こる』というような条件付けを弱めていきます。

参考:トラウマ:心的外傷~外的内的要因による衝撃的な肉体的、精神的ショックを受けた事で、長い間心の傷となってしまうことを指す。外傷体験(traumatic experience) ともいう。
例としては事故や犯罪、災害、戦争など、生命に危険が及ぶ程の体験をしたり、そうした場面を見ると、心に深い傷(心的外傷=トラウマ)をうけます。

参考: レスポンデント:人は、突然の大きな音がすると驚く。また、熱いなべに触れると手を引っ込める。このような反応は、生得的に身についている反応である。 このような生得的な反射反応のことをレスポンデント(無条件反応)という。

%カウンセラーとの共同作業によるトラウマ治療法

*     交流分析 再決断法 エンプティ・チェア
誰も座っていない椅子(エンプティ・チェア)にトラウマの原因となる人物を強くいメージして座らせ、その当時には言えなかったことを現在の自分が代わりに思い切り言うことで過去の自分を現在の自分が癒すというものです。

     交流分析 再決断法 ロールプレイ
これは、エンプティ・チェアと似ていますが、ロールプレイは、場面設定された役割分担演技なので、そのトラウマになった状況もできるだけ再現し、カウンセラーなどをトラウマの原因人物とみなしてその当時には言えなかったことを現在の自分が代わりに思い切り言うことで過去の自分を現在の自分が癒すというものです。

参考: ロールプレイ:実際の場面を想定し、さまざまな役割を演じさせて、問題の解決法を会得させる学習法

エンプティ・チェアより効果的ですが、後述しますがリスクも大きくなります。

*     EMDR
クライアントの眼球を治療者が指差し左右に誘導(電気信号を左右の手を交互に使うところもある)をしながらトラウマを想起させる眼球運動脱感作療法
これを繰り返して行うことにより、トラウマがを脳の奥に封じ込め、脳の前頭葉への通路を遮断する~意識化しないようにする(実施しているところがまだ少ないです)

*ナラティブ・セラピー(narrative therapy) 

PTSD(心的外傷後ストレス障害)やASD(急性ストレス障害)の原因となっているトラウマティックな過去の記憶を、物語的に意識に統合することで治療していきます。
自分の持っている言葉でトラウマを言語化できない段階では、『圧倒的な感情を伴うトラウマ体験』が反復的に侵入してきて、頭痛やパニック、強い不安など様々な心身症状を引き起こします。

参考:ASD&PTSD:トラウマ体験の直後から(遅くとも4週間以内に)不安や解離(意識のもうろう状態など)、感情麻痺などの精神障害を呈するものをASD (急性ストレス障害)といい、これは通常4週間程度で収まりますが、これは通常4週間程度で収まりますが、その後も同様な症状が続く場合、これをPTSD(心的外傷後ストレス障害)と呼びます。

言語化されていないトラウマとは、自分の人生の歴史性に適切に位置づけられていない『断片化された無意味なトラウマ』であり、予測不可能な形で強迫的に意識に侵入してくるトラウマです。
普段は、抑圧や否認といった不完全な防衛機制によって何とか無意識領域に追いやっていても、瞬間冷凍されたトラウマは、トラウマに関連する刺激をきっかけにして突然再現される恐れがあります。
強迫的に再現されるトラウマの苦痛を根本的に治療していく為には、『何の体験(感情)が繰り返されているのか・繰り返されていることにどのような意味があるのか・どのように解釈して受け容れるべきなのか』をカウンセラー(臨床家)と共に言語化しながら整理していく作業を行います。
トラウマの心理療法における言語化(意識化)の作業の過程では、一時的に感情が不安定になったり症状が悪化したりすることもあるので、治療者の経過を慎重に観察しながらトラウマの言語化(物語化)を進めていきます。

ナラティブ・セラピーでは、『反復性・侵入性・強迫性を持つトラウマ』を言語化して物語的に受容していくことで、無意味で理不尽だったトラウマ記憶に『主観的な意味』を与えていきます。ナラティブ・セラピーの臨床的な治療効果は、繰り返し意識に浮かび上がってくる無意味なトラウマに『主観的な物語の意味』を与えてトラウマの影響力を弱めることによって生まれます。強烈な恐怖を伴う不合理なトラウマに『合理的な感情の原因』を見つけることで、断片化された異物としてのトラウマが自己の人生の一部として統合されるのです。
非日常的で圧倒的な支配力を持ったトラウマを、自分の過去の歴史の一部として受容することで、支配力の弱い日常的な過去へと再解釈していきます。
大人のトラウマ・セラピーの場合には、上記したナラティブ・セラピーと合わせて、行動療法のエクスポージャー法(曝露療法)が行われることがあります。

* 持続エクスポージャー(曝露)療法

持続エクスポージャー(Prolonged Exposure: PE)療法を提唱したEdna Foa は、不安障害治療に関する臨床研究を行ってきた心理学者である。

そもそも曝露法は恐怖症などの不安障害に対する治療として開発されてきたものであるが、Foaは、1980年代からLangの「恐怖の構造」の仮説を用いて、PTSDに対する曝露療法を開発してきた。
PEFoaの感情処理理論(Emotional processing theory)に基づく、エクスポージャー療法であると言える。

参考:PTSD (心的外傷後ストレス障害):事故や犯罪、災害、戦争など、生命に危険が及ぶ程の体験をしたり、そうした場面を見ると、心に深い傷(心的外傷・トラウマ)をうけます。
そのために直後から(遅くとも4週間以内に)不安や解離(意識のもうろう状態など)、感情麻痺などの精神障害を呈するものをASD (急性ストレス障害)といい、これは通常4週間程度で収まりますが、その後も同様な症状が続く場合、これをPTSDと呼びます。

PTSDの回復に関するメカニズムについてFoaとKozakは、実験心理学の記憶と感情に関する知見を参照しながら、次のような仮説を提唱している。
慢性のPTSDは、外傷体験に関して成立する病的な恐怖の構造から生じる。
恐怖の構造には、トラウマ記憶、感情、その意味づけが要素として含まれている。
通常の場合、恐怖などの感情と記憶の連合は、その後の現実にさらされていくことで修正されていくのですが、安全な現実への曝露がなければ、感情と記憶の連合はいつまでたっても危険だと認知され続ける。
トラウマ体験の場合、その記憶にともなう恐怖や苦痛は著しいから、回避されやすい。
回避されるために、その記憶は十分に処理されることがなく、持続していく。
そのためPTSDの症状の慢性化が生じる。
この理論では、トラウマとなるようなストレスとそのほかのストレスは、不安や恐怖との関連やPTSD発現の病理において、質的に異なるものではない。
強い恐怖や不安の感情が記憶に組み込まれることが決定的であって、それがどのように生じたかについては直接には問題とならない。
したがって、主観的評価(恐怖や無力感や戦慄が伴っている体験)が本質的であると考えられる。
この恐怖の構造の理論に従えば、PTSDが生じるかどうかを決めるのは、トラウマティックな記憶そのものではなく、それが生じた後に記憶の回避という対処がとられるかどうかという点にかかっていることになる。

恐怖や不安が著しく高まった体験の記憶は、すべての人に、恐怖の構造を作り出す。それ自体は病理的ではない。実際、何か衝撃的な体験をした場合に、1~2日の間、PTSD症状に類似した症状を経験することは誰にもあることだろう。車の運転中に交通事故を経験すれば、それが死につながるほどのものではなくても、1~2日は運転が怖かったり、その場面が何度も思い起こされたりすることは普通に起こりそうである。しかし、多くの場合、恐怖の構造は、新たな事態にさらされることによって速やかに改変されると考えられる。事故を経験しても、時期に運転が怖くなくなり、事故のことはめったに想起されなくなる。したがって、PTSDの回復に必要なことは、回避という対処を中止し、恐怖の構造を消去し、新たな適切な構造をもたらすことであることになる。

*PEの進め方

このような考え方から、PEでは、治療中に感情を伴ったトラウマ記憶を繰り返し賦活させ、病的な恐怖の構造の変更を図る。
参考:賦活(ふかつ=機能・作用を活発化すること。
さらに、現実場面においても不適切な認知の変化がもたらす回避を捉え、段階化、繰り返しの曝露を図ることで修正していく。
具体的には、これらの曝露法は、想像エクスポージャー、現実エクスポージャーと呼ばれ、PEの二つの基本的な要素となっている。
PEは全8~15セッション、標準10セッションで完結する。
1回のセッションは90~120分で、週1~2のセッションのペースで進める。
最初のセッションは詳細な心理教育から始まる。
心理教育は引き続き毎セッションで行い、PTSD症状と治療法の原理をクライエント(相談者・治療者)に何度も繰り返し伝える。
第2セッションの後半で治療者に回避症状をリストアップしてもらって不安階層表をつくり、現実エクスポージャー(現実曝露)の課題を設定し、現実エクスポージャーを始める。
第3セッションで記憶に対する想像エクスポージャー(想像曝露)が開始される。
第4セッションから第9セッションは、二つのエクスポージャーが同時に進行する。
最終セッションでは振り返りと今後症状が出た場合の対処の方法について話し合う。

参考:不安階層表とは、クライエントに不安・恐怖反応を引き起こす刺激や状況を特定し、それらの強さを段階的(多くは10段階)に配列した表のこと。系統的脱感作法やエクスポージャーの
実施においては不可欠。不安階層表の作成方法は、主観的な不安・恐怖の強さを0~100の値で得点化したSUD(自覚的障害単位)を使用し作成されることが多い。

カウンセラーとの共同作業によるトラウマ治療法の副作用は、一時的にせよ、トラウマを思い出すことによって不安が強まり、症状が悪化する場合があることです。しかし、一人きりでトラウマを思い出して不安になっていた場合とは違い、治療の中で生じた不安は、それを乗り越えていくための手がかりになることが多いのです。
患者さんの不安を治療の手がかりにするためには治療者の熟練が必要となりますので、講習会や、その後の指導を受けた治療者が行うべき治療法です。
一般的なカウンセリング(傾聴カウンセリング)でも治る場合があります。
トラウマというデリケートな問題を扱う場合、特定の治療法よりは、治療者の能力や、相性に左右される部分が多いと思われます。
したがって患者さんは、特殊な技法を求めるよりもまず、自分の話をよく聞いてくれる、信頼のできる医師やカウンセラーをみつけることが先決です。

フロントページに戻る

トッピクスリストへ戻る

%ひとりでも出来るトラウマ治療法

*曝露(ばくろ)療法

A:今の自分の感情を感じることにより行う曝露療法
自分一人になる状況をつくり、そこに座る
→次に、心を静めて「心の中で自分は今、何を感じているのだろうか?どんな感情を感じているのだろうか?」ということを自問して、自分の心を調べてみる
→すると、自分が今どんな感情を感じているのか、心の中に抱いているのかが、よりハッキリと自覚できるようになる。
→その感情を感じ続ける
→感情を感じ続けていると、しだいに心が楽になってくる
(この曝露療法をしていると、トラウマの記憶が思い浮かんでくることがあります)
普段の生活でネガティブな感情(または、トラウマの記憶、ストレスなど)に襲われた時は、心を静めて「自分は今、心の中で何を感じているのだろうか?どんな感情を感じているのだろうか?」ということを調べ、その感情をあるがままに受け入れれば、心を癒すことができます。

B:思い出すことにより行う曝露療法
自分一人になる状況をつくり、そこに座る
→次に、心を静めて、トラウマ(または嫌な出来事や状況)の記憶やイメージを積極的に思い出してみる
→記憶やイメージを思い出すと、様々な感情が湧き上がってくるようになる
→記憶やイメージ、湧き上がってきた感情を受け入れて感じ続ける
→感じ続けていると、しだいに心が楽になってくる

トラウマの記憶(または、嫌な出来事や状況)を思い出すことにより、ネガティブな感情を積極的に感じることは、その人のトラウマを癒すための非常に有効な手段になります。トラウマと正面から向き合うことの有効性はすでに立証されています。
そのため、トラウマで苦しんでいる人は、そのトラウマを受け入れて、曝露療法で感じることをお勧めします。
心にたくさんのトラウマを抱えている方の場合は、過去の最も辛かった記憶や、現在最も苦しんでいる記憶(または感情)を曝露療法で感じると、効果的な治療を行うことができます。そのことは、「持続エクスポージャー療法」における次の文章を見ても分かります。
『ほとんどの場合において、最もつらい記憶がうまく処理されるとそれ以外の記憶にも効果が及び、つらさが軽減される』
最も辛い記憶が処理されれば、その記憶の治療効果は他の記憶にも及び、それらの記憶は直接曝露療法をしなくても情動的に処理される場合があります。そのため、心に沢山のトラウマを抱えている方は、まず、過去の最も辛かった記憶や、現在最も苦しんでいる記憶(または感情)を曝露療法で感じてみることをお勧めします。そうすれば、より効果的な治療を行うことができます。(最も辛い記憶と直面するのが非常に難しい場合は、その記憶よりも受け入れやすいと思う記憶を感じるようにしてください)

参考:トラウマ:心的外傷~外的内的要因による衝撃的な肉体的、精神的ショックを受けた事で、長い間心の傷となってしまうことを指す。外傷体験(traumatic experience) ともいう。
例としては事故や犯罪、災害、戦争など、生命に危険が及ぶ程の体験をしたり、そうした場面を見ると、心に深い傷(心的外傷=トラウマ)をうけます。

曝露(ばくろ)療法―補足情報―
@「曝露療法を行う時間」
曝露療法を行う時間は短い時間で済むこともあれば長い時間かかるときもあります。なお、曝露療法を行う時間が長くなるほど、その効果があることが多くの研究により分かっているため、やる気のある人は曝露療法を1回45分~90分か、それ以上行なってください。(現在、心にネガティブな感情がたくさん蓄積している場合は長時間曝露療法を行う必要があります)
ただ、絶対に長い時間曝露療法を行わなければ効果がないというわけでもありません。自分のできる範囲の時間で行うことができれば結構です。また、心がすっきりしたなと感じたら、そこで終わって構いません。
@「曝露療法を行う日数」
実践したとしても、なかには効果をなかなか体感することが出来ない方もいらっしゃるかもしれません。しかし、曝露療法を継続して行なっていれば、その効果を体感することができます。最低7日間は継続して行うことをお勧めします。曝露療法を7日間やってみたら、次は14日目、30日目を目指して曝露療法を行なっていってください。
(30日間やれば必ず劇的に回復するわけではありません。回復するまでの期間は、その人の症状や状況により変化します。なお、曝露療法を行う際は焦らず長期的な視点に立つことが大切になります)
@「一時的に症状が悪化する場合があるが、曝露療法によって取り返しのつかないことになることはない」
曝露療法を行う人のなかには、曝露療法をやり始めたばかりの頃に、一時的に症状が悪化する人もいます。けれども、諦めずに曝露療法を継続して行なっていれば症状を改善させることが出来ます。

 %<対症療法>

(1)*アンカーリング

あくまで突発的に起こるトラウマによるフラッシュバックなどがわき上がってきた時の応急処置的な対症療法になりますが、過去の経験の中で一番強いポジティブなリソースをアンカーリングすることでネガティブな感情を相殺(中和)する方法があります。
これは、人間の感情は2つ以上のことを同時に感じることが出来ないということを利用したものです。
しかし、どの程度の効果があるのかには、個人差があることをご了承してください。

参考:アンカーリングとは、視覚・聴覚・蝕覚を使って、いつでも本人がなりたい状態のリソースにアクセス(接近・進入)をすることです。

参考:リソース~自分が利用できる資源(経験など)という意味で、 ポジティブとネガティブのの両方があります。
ポジティブなもの~過去の経験の中で自信・愛情・勇気などを感じた場面
ネガティブなもの~否定的・マイナス思考的な感情:トラウマ・不安・イライラなどを感じた場面

例えて言えば「パブロフの犬」という有名な条件反射実験のように、餌を与える時にベルを鳴らし、これを繰り返しているとベルが鳴ると犬は餌をもらえるように行動する、赤信号:止まる、学校でチャイムがなる:授業の開始や終了という状態になるものです。
*蝕覚によるアンカーリング
自分が自分の必要とするポジティブな状態になるためのリソース~(前述)にアクセスしていきますので、あるタイミング(後述)で、自分が自分のどこかを触ることでアンカーします~(アンカーリング)。
しばらくして同じところに同じように触れてみます。そうすることによって自分がポジティブな状態に戻るようになるまで何回も練習してみてください。
これがアンカーをする(アンカーリング)簡単な一つの例です。
これが出来るようになるということは、ポジティブな状態で居たいということが、体の一部に触れることとつながったというわけです。
アンカーリング(触覚)のタイミング~ポジティブな最高の状態になる少し手前にするのが一番効果的です。

2)アンカーつぶし

*アンカーつぶしの手順
アンカーつぶしは、二つのアンカーリング~ネガティブな状態とネガティブな状態を打ち消すための過去の経験の中で一番ポジティブな状態~使います。
#ネガティブな状態~トラウマを感じた場面
#ポジティブな状態~ネガティブな状態を打ち消すための過去の経験の中で一番に自信・愛情・勇気などを感じた場面
例として今回は一つは左手と左ひざ、もう一つは右手と右ひざを使います。
1:まず最初にネガティブな状態(トラウマを感じた場面)を一つ思い出して下さい。
2:それを思い浮かべながら左手を左ひざに置いてアンカーリングしてください。
十分アンカーされたなと思ったら手を離してください。
3:必ず試して欲しいのは左ひざのところに左手を置いてネガティブな状態が浮かんでくるかどうかテストしてみるということです。
4:次にやって頂きたいのはネガティブな状態に対して、一番強力に打ち消すポジティブなリソース(過去の経験の中で一番に自信・愛情・勇気などを感じた場面)の状態というものを一つ思い出して下さい。一番強力に打ち消すポジティブなリソースの状態が思い浮かべられたら、そのリソースにアクセスし、今度は右手を右ひざに置いてアンカーリングしてください。
5:今度も必ずネガティブな状態(前述)に対して、一番強力に打ち消すリソ-スのアンカーリングのテストをします。右手を右ひざに置いて一番強力に打ち消すポジティブなリソースのある状態が浮かんでくるかどうかをやってみて下さい。
6:今のあなたは、二つのアンカーリングができるわけです。ネガティブな状態(前述)とその状態を一番強力に打ち消すポジティブなリソース(前述)のある状態の二つです。(対症療法~アンカーリング参照)

*いよいよアンカーつぶしの作業に入りますが、アンカーつぶしは特定の順序でやるものなのでこれを必ず守ってください!
A:まず最初に右手右ひざに置いてネガティブな状態を一番強力に打ち消すリソース(過去の経験の中で一番に自信・愛情・勇気などを感じた場面)が十分自分の中にある状態になるまで離さないでください。
B:十分生理的にも強いリソースのある状態(A)を体験したら、今度は左手左ひざを置いてネガティブな状態(トラウマを感じた場面)のアンカーを行ってください。
右手を離さずに同時にやります。
C:それをすると2つの状態がミックスしているような体験をするかも知れません。
それが落ち着くところまでやってください。
D:落ち着いてきたら左手(ネガティブな状態のアンカー)を左ひざからまず離して下さい。
それから右手(ネガティブな状態を一番強力に打ち消すリソースのある状態のアンカー)を右ひざから離して下さい。
順序が非常に大切になりますので正確に行ってください。
両手を両ひざに触れている時に2つの状態がミックスしているような体験をするかもしれませんが、その時、体・精神などに震えや強い不安感などの異常が出た場合にはすぐに中断して、自律神経訓練法消去動作(覚醒練習)をしてください。
参考:消去動作(覚醒練習):親指を内側にして握りこぶしを作ってください。そして、パッと手を開いてください~ 3回繰り返します。その握りこぶしをそのまま胸の前に持ってきて、元気よく前にパッ!と手を開き伸ばします~3回繰り返します。そこで大きく動作と伴に深呼吸して目を開けてください。

まずは、比較的軽いと思われるネガティブな状態を対象にやって見てください。
これを繰り返して次第に強度を上げて行ってください。

これらの対処療法は、フラッシュバックや強い恐怖感などが起こりそうな時に、その状態を一番強力に打ち消すポジティブなアンカーリングが反射的に行えるようになるための日々のトレーニングとアンカーつぶしの慎重な取り組みが鍵を握っていることを忘れないでください。

参考: 対症療法(たいしょうりょうほう)とは、表面的な症状の消失あるいは緩和を主目的とする治療法。

トッピクスリストへ戻る

フロントページに戻る

 

 

自分で問題解決出来るようになりましょう!!