@7次元解析2:解析準備過程

フロントページに戻る

トピックス・リストに戻る

←戻る

次へ→

*7次元心理解析の手順の概要
1. まず、その問題について考えられうる「要素(ファクター)を「もう思いつかない!」と考えられるまでランダムに書き出していきます。
(注)次元論(4次元:統一連続力/5次元:ベアレンスファクター/6次元:仮定の世界)や、自然の持つ五大法則(バランスの法則/即の法則/還元の法則/超合理性の法則/ゲシュタルトの法則や、人間の持つ欲求群などを参考にします~アナリスト課程
  1. それらを分析(分類)してグループに分けます。
    分類の基準:主体条件が同じニュアンスのものとします。
    (注)主体条件とは、例えば主語と述語が決まっていて、そこにどんな動詞、形容詞などを入れ替えても意味合いが同じように通じること
  2. そのグループ化された文章を突き合わせて、その中で今回の問題解決に1番に適応するものを直感的(後述)に1つ、ないし2つのグループの統合をして、これを今回の問題解決の7次元的現象像=背景(認識の元)とします。
4.上記の統一的な「7次元的象像=背景」について、「次元論」「自然の持つ五大法則」「人間の持つ欲求群」など(アナリスト課程)を念頭に入れて、もう一度今回の問題解決の7次元的背景(認識の元)に矛盾していないかを検定します。
5. 決定された7次元的現象像=(背景)を根幹に、一つ下の次元である私達の世界(仮定の世界)において応用して具体的なアドバイスをする。
#直感力鍛えることが大切!
自己の信念、対人間関係、自然の摂理、先人たちの名言、物事を客観視する、心理学用語集などから日常的にコツコツと鍛えることが大切なのですが、重要なポイントはどんなに客観視しようとしても、自分のフィルターは完全に打ち破ることは出来ないという謙虚な心で、そこが現状における自分の限界だということを知ることです。
ちなみに客観視が的を得ている可能性を高めるためには、日常的に「出来事」とそれによって起きる「自己の感情」は、全くの別物という認識を常に持つことが大切です。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
A. 「背景」の設定にはくれぐれも、「自然の流れ」に逆らっていないかどうか充分検討してください。
B. 7次元現象像(背景)がまとまらないとういうことは、「要素(ベアレンスファクター)」が出そろっていない場合が多いことを忘れないで下さい。
これは物事を判断する基準を自然の持つ五大原則ゲシュタルトの法則、超合理性の法則、還元の法則、バランスの法則、即の法則』と
次元の存在『四次元:統一連続力(時間と力の世界)、五次元:ベアレンス・ファクター(誘意性の要素)、六次元:仮定の世界(自分のフィルター)、七次元:自然の流れ(認識の元の世界)』との
二つに置くということを示唆ています(アナリスト課程
<応用心理学七次元解析準備事例集>
Q~質問
A~答え
解析準備問題(1)
Q:一体「旅行する」と言うことは何か?
A:場の転換であり、必ず元に戻ると言う行動現象を言います。
Q:未成年の子供が自分の部屋に鍵を付けてくれと言ったらどうするか?
A:親としては子供の自由を尊重すると言う立場に立てば、今までの行動に変化がないかどうかを確認し、子供の言い分を聞き、鍵を付けるかどうか判断すべきと考えられます。
ただし、鍵を付けた後でも予防策として子供のその後の行動に変化がないことを充分確認するまでは、合鍵を持つ必要があります。また、子供の自由を尊重しないと言う立場に立てば、子供を疑うような言葉は絶対に避けて「家では家族の間で部屋を仕切るようなことはしたくないと思う」と親の意見を述べた上で、更に「部屋の出入りには統一したルールをお互い守れば良いと思う」といって見て、それでも納得 しなければ再度話し合う場をつくることです。
解析準備問題(2.)
Q:女の子の家から電話がかかって来た。「お宅のお坊ちゃん、よく家の子と遊ぶんですけれど家の子は女の子だし、なるべく誘わないでもらいたいんですけれど」→「ハイ、分かりました」と答えたが、どのように息子を説得するか?
A:
1.説得しないで息子の自由意志による自己責任であることを伝える。
2.その女の子と良く遊ぶ理由を聞いてみる。その時、他の女の子とはどうなのかも聞いてみる。
3.その女の子の親が間違いや非行を起こさないか心配していることをやわらかく伝える。
4.逆にその女の子はどう思っているのかをなるべく本人の口から聞くように努力する。
5.学業、その他の生活面はおろそかになっていないか確認する。
6.遊ぶと言うことは、活動の欲求、探索の欲求、興味の欲求、遊戯の欲求が複合されている欲求であり、更に自由、同化の欲求と発展し、そして、愛の欲求→性の欲求と発展する可能性を持っている。
7.女の子の親としては、学業、その他の生活面はおろそかにならないか。しいては愛の欲求→性の欲求と発展することを心配していると思われる。
この背景にある現象像は「わが子に対する信頼感」です。子供と言えども一つの人格を持っています。女の子だから云々という論理は一見もっともらしく思われますが、確かに学業、その他の生活面はおろそかになったり、「セックス」の問題にまで発展して行けば、娘さんの親の言い分は合理性がありますが、それ以外の問題については息子さんの親は説得する必要はなく保護監督責任をもって見守るべきことだと考えられる。もちろん娘さん、息子さん双方の言い分を聞き、少しでも疑問を持った場合には、双方の親が共々に「会わないで欲しい!」とはっきり言うべきです。いくら親の言い分だけで息子を無理に説得したとしても、子供たちは隠れて合うものなのです。また、相手側から「なるべく誘わないでもらいたい」と言われているのだから、この機会に息子が女の子の心理と立場、女の子の親の心理と立場などを少しでも知ることは、息子の将来の社会生活にとっても良いことなので、「良いチャンスだから、一緒に考えよう!」というアプローチをし、行動のとり方によっては他人から誤解されてお互いに損をしたり、あるいはもっと深刻な問題に発展することもあり得ると気づかせていくといいと思います。

次へ→

←戻る

トピックス・リストに戻る

フロントページに戻る

解析準備問題(3.)
Q:娘、今年、20才、最近夜遅くなることが多くなって心配です。どのようにしたら良いか?
A:
1.親としては、成人したとはいってもまだまだ子供である。(一生、親にとっては子供は子供である)
2.夜遅くなると言っても朝帰りまでには到っていない。
3.最近、急に夜遅くなってくることは、親から見れば何か原因があると考えるのは当然である。
4.仕事をしているのなら繁忙期なのかもしれない。
5.娘さんが、落ち着いているタイミングを見て、何か理由があるのかを聞いてみる。
6.夜、遅くなると娘さん本人にどのような影響があるのかをもう一度冷静になって考えて見る。
7. 娘、20才、毎日毎日遅くならないで帰ってくることが本当の親の安心になるのか考えて見る。
この背景にある現象像は「親の対応予測」と考えられる。要するに急な娘の変化に対して親の対応予測が出来ていなかったのです。
まず、親が自分の年頃の娘に対する起こり得る予測の甘さを自覚した上で、正直にそれを話し、その上で「何時を過ぎると心配して眠れないから、遅くなる時には電話をかけてくるように」と提案を示し、その後の行動をそれとなく把握していくことが大切です。

解析準備問題(4)
Q:子供がただ「わかったよ」と言ったら?
A:
1.理解したよ
2.分かっているけれど、親の言う通りにはしないよ。
3.「わかったよ」と一応言っておいた方が、後々都合がいい。
4.反省しているよ。
5.分かっているよ~何度もうるさいな!
この背景に流れている現象像は「非言語による理解の程度」と考えられる。親の立場から子供を躾(しつけ)及び注意する場合は、子供にどこまで求めるかを明確に伝える必要があります。
そして、子供の声のトーン、ジェスチャー、目つき、態度など非言語的なものに注意を払うべきです。
そうすれば、ただ「わかったよ」と言う答えの理解の程度が分かります。
解析準備問題(5)
Q:今「すぐ子供に(他人に)やってもらいたいことが起こったら」どうするか?
A:
1.依頼する人の信頼度、実行力はどうなのか。
2.相手の都合はどうなのか。
3.緊急性がある場合、相手に事情を説明したか。
4.自分だけで(すぐに)実行できる可能性を探したか。
5.実行してくれた場合、してくれない場合、双方に対する相手への対応が準備できているか。
6.自分ではやりたくないから、あえて.緊急性などを伝えて依頼しようとしていないか。
7.逆の立場なら、自分は依頼に答えるか。
この背景に流れている現象像は「お互いの現在までにおける信頼感の度合い」と考えられる。
それがなければ、依頼することも出来ないし、いくら緊急性をアピールしても「またか!」とそっぽを向かれるだけだと考えられます。
一方、信頼関係が強い相手に依頼しても、相手の都合や実行してもらったことに対しての出来栄えへの不満は禁句であり、その後の信頼関係を損なう可能性があります。
やはり、相手に任せた以上は選んだ自分の責任を忘れずに相手に礼節を尽くすべきと考えます。
解析準備問題(6)
Q:「お母さん ちょっと」と子供から声が掛かったら?
A:
1.「ちょっと」何?と子供に問いかける。
2.とりあえず子供のところへ行ってみる。
3. 「お母さんが今行かなきゃ駄目なことなの?」~「そこからお母さんとここで話して済む問題じゃないの?」と確認する。
4.声のトーンの緊張度を判断して、すぐ行くかどうかを決める。
5.「自分で処理できることは自分でやりなさい」と言う。
この背景にあるの現象像は「母性とその緊急性のバランス的判断力」であります。
その子が障害者のように何らかのハンディキャップを背負っている場合等は緊急性よりも母性が優先し、その他の場合はその子の普段の親に対する依頼心「ちょっと」と言ったときの声の緊張感などの非言語的なものから、子供のところへすぐ行くかどうかを判断すべきと考えられる。
解析準備問題(7)
Q:子供は敏感であるから、いきなり怒ったり、殴ったりしてはいけない。何故だかその理由を述べよ。
A:
1. 子供がある程度そのような行動をとるであろうという、親の心の準備が必要と考えられ、親の心の準備不足の場合が考えられるため。
2. まず、子供の言い分を聴き、注意し、それでも継続するようならば、子供はそれを「暴力」ではなく「親心による愛情」として納得する可能性が高い。
3. 1.及び2.がなく「暴力」があると、子供は親は自分の言い分を聴いてくれない~信頼されていない~嫌われている~と段々想像ベアレンス・ファクターが広がっていき、それがトラウマになって成長過程に置いて「孤独」から何らかの問題を起こす可能性が高くなる。
4~以降~省略~~~
この背景に現象像は「子供の人格の容認」と考えられる。
子供と言えども親の所有物ではない!
人格を認めてまず話をよく聴くことが必要と考えられる。

次へ→

←戻る

トピックス・リストに戻る

フロントページに戻る

 

 

自分で問題解決出来るようになりましょう!!