セルフイメージ~理想の人生1/2

フロントページに戻る

トピックスリストへ戻る

次へ→

理想の人生~セルフイメージの活用
@セルフイメージとは?
セルフイメージとは、
自分が自分のことをどう思っているのかについての
イメージを言います。
そしてそのセルフイメージこそが、
自分の行動や思考を無意識に決める大きな鍵となります。
セルフイメージはあなたが自分の経験に基づき、
決めた実現可能な「枠」なのです。
だから経験や体験から得た感情を格納している「枠」より大きな願望や目標は、本気で「できる」と思えないのです。
ですからセルフイメージが低いのに、
無理やりポジティブ思考を自らに強要しても、
苦しいだけで上手くいかない、というわけです。
ですからそのセルフイメージを変える、高める必要があるのです。
必要がある、というより、高めないと意味がないのです。

まずは、あなたがどんなセルフイメージを持っているのかを
知る必要がありますね。
知らないと改善もできませんし、当然高める事もできませんから。
それでは早速はじめましょう。

@自分のセルフイメージを知る

まずは自分のセルフイメージを知ることからはじめましょう。
きっと簡単に自分のセルフイメージを知ることができます。
このワークのポイントは、とにかく書き出す事です。
とにかく数を出す事で必ず自分という人間が見えてきます。
面倒くさがらず、自分探しをしてみましょう。
やり方はとてもシンプル。
私は○○です。
という文を最低100個作ってみてください。
どんなジャンルでも構いません。
思いつくまま書くのがポイントです。
私は・・・、のように。
書き出した文を眺めて、客観的に見つめてください。
あなた自身、そこに書かれている人のことを好きになれますか?
あるいは一緒に暮らしたい、一緒にいたいと思いますか?
そこに描かれている自分に対するイメージを、
客観的に見つめ、ちょっと考えてみましょう。
「あぁ、自分で自分をこう思っていたんだ」と、
新たな発見もあるはずです。
一つ言っておきますが、決して落ち込まない事です。
あくまでそこに書かれている人物は、過去のあなたですから。
読み返して「嫌だな」と思った事こそ大きな収穫と思いましょう。
何故なら、そう思えるという事は、
あなたは過去のあなたのセルフイメージと
ようやく決別できる事を示しているからです。
まずはしっかり自分を見つめ、認識する事が大切なのですから。

@自分の理想のセルフイメージを知る

これで、「自分のセルフイメージを知るの方法」で自分が直したい、
と思っているセルフイメージを知ることができましたね?
では次はいよいよ理想のセルフイメージを探しましょう。
本来の嫌だと思った思考、行動パターンの
逆説が理想のセルフイメージになるはずですが、
念のため自分の理想のセルフイメージを知るワークをしましょう。
1. 自分の目標とするセルフイメージをリストアップします。
例)
・ 私は自分に自信を持ち、自分の考える事が現実になる事を知っている
2. 一番直身につけたいものを選びます。
3. もう既にそうなった様に意識的に振舞います。
4. 習慣化するまで、毎朝確認し決意します。
自分が嫌だと思っているセルフイメージを
認識するだけで随分効果があります。
だって反対の事をすればいいわけですから、至極シンプルですよね?
まずは一つずつ改善されるのをお勧めします。
一つ改善できれば、それが自信となり、
次々に改善できるようになります。

 

@セルフイメージを高める具体的な方法1/2

%口グセを変える

さぁ、自分の理想のセルフイメージを強く思って、心がけてください。
・・・・・。
「そんなに簡単にできたら苦労しないんだ!」
と思っておられることでしょう。
そう思われるのは当然です。
それを変えるのは、言葉で言うほど簡単じゃありません。
ですが、安心して下さい。
実は難しくもありません。
セルフイメージを高めるには、シンプルな方法こそが有効なのです。
今からそのシンプルな方法を幾つかあなたにお教えします。
まずあなたの習慣となっている
日常の否定的な自分の口グセに気付いてください。
自分の口癖やクセに気がつかない人は、
時間を見つけ、自分の声を録音してみると
面白い口癖やクセに気がつくはずですのでおすすめです。
意外と愚痴っぽかったり、「でも~」「だって~」を連呼していたりします。
自分で気がつかないと気をつけられないですよね?
習慣やクセは、あなたが気付きさえすれば直す事が出来ます。
ですから、まずは自分のクセに気がついてください。
クセに気がついて直そうと思ったのにもかかわらず、
最初のうちは、うっかり言ってしまうでしょう。
大丈夫です。最初から完璧な人なんていませんから。
そんな時は、「~と今までは言っていたけど、
今の私には~できる」という言葉に言い直すことに努めて下さい。
例えば、「忙しい」を口癖にしている人の場合、
「最近どう?」という問いかけに、
「忙しくてやりたいこともできないよ」といってしまったら、
「・・・・って今までは思っていたんだけどね、
やろうとさえ思えば時間をいくらでも見つけて何でもできるもんだね」
と言い直すのです。
強引に思えますが、とても大切な事です。
その内言ってしまうこと、思ってしまうこと自体が
気持ち悪く感じるはずです。
また先ほどちょっと触れましたが、
「でも・・・、」や「だって・・・、」という口癖をなくすことも大切です。
なぜなら、これらの言葉の後には必ず否定的な言葉が続きますよね?
ですから、意識してなるべく使わないようにするのです。
絶対使わない、ではなく、なるべく使わないように心がけるのです。
絶対○○しない!と言って頑張りすぎると息が切れてしまいますから、
ほどほどに、が良いのです。

フロントページに戻る

トピックスリストへ戻る

次へ→

人は自分の事を知ってもらいたい、
自分がどんなに頑張っているのか知ってもらいたいが故に、
アピールするものですよね?
アピールは、言い方によって逆効果になります。
そこで一言付け加えるように気をつけるのです。
まずはフォーカスするところを変えてみてください。
*フォーカスを変える:視点を変える
あなたが言われたらどう反応するかをまずは感じ、
その先あなたが欲しいと思っている答えを導き出すように。
ちょっと難しいですか?
確かに難しいですよね。
人間は感情の生き物ですから。
「こうしてああして、こうすればいいんだ! と思って考え方や行動を
変えられる位なら本当に苦労しません。
しかし、意外と簡単なのですよ。
あなたの身近にありそうな話をしましょう。
「なんで今日おそかったの?早く帰ってくるって言っていたでしょ?」
という奥さんの恐ろしい問いかけに、
今までなら、「だってさ、仕事が忙しいんだから仕方がないじゃないか」
と答えていたとして、
「だって・・・」を今後使わないように気をつけると・・・、
「そうだよね、早く帰るって言っていたのにね。
どうしても断れない仕事だったけどやっぱり約束は守るべきだよね。
今度からせめて電話だけでもするようにするからね」
というだけです。
この後、奥さん何て切り返すと思います?
「そう。解ったわ」です。
しかも奥さんは、自分の言ったことを
受け入れてもらえて気分さえ良いのです。
「でも・・・、」や「だって・・・、」を使わないだけで
こんなに違うものなのです。
結果的に、自分自身も奥さんも気持ちが良い。
これも
“言われて腹が立つ”という所にフォーカスをせず、
“これ以上言われなくてすむ方法は?”にフォーカスを変えたのです。
これなら出来そうですよね?
*フォーカスを変える:視点を変える
きっと、口癖を変えるだけで成功の実現スピードが増すはずです。

%実現可能な小さな約束を実現する

3日坊主、あるいはモチベーションが続かない理由も
また、「どうせ無理なんだ」というセルフイメージが原因です。
*モチベーション:人が何かをする際の動機づけや目的意識
それを取り除く方法は一つ、
「実現可能な小さな約束を実現する」事です。
目標が何度も繰り返し達成される事で、人は目標を実現できる、
というイメージを持つことができるようになるのです。
まずはセルフイメージを高めるステージですから、
大きすぎる目標を設定するのはやめましょう。
成功に近づいているという実感を持つのにとても苦労しますから。
ですから小さな約束でなければならないのです。
そして成功体験を積み重ねてあげるのです。
方法はとても簡単。
絶対実現可能な小さな目標を立て、
「絶対○○を実現するんだ!」と言って直ぐに実現させ、
成功体験を積み重ねてあげるのです。
そして何より大切なのは、小さな目標を達成したとき、
「自分が言った言葉は実現できるんだ!」と言い、
潜在意識に「言葉は現実になる」という事実を認識させるのです。
必ず実現する目標を選ぶ事は簡単です。
大事な事は、とにかく「やっぱりダメなんだ」などという
言葉がでない程の絶対実現可能な目標を立て実行し、
実現する、ということ。
馬鹿馬鹿しいと思わずに、是非やって頂き、効果を実感してください。
さらに、実際に実現できたとき何かポーズをとって下さい。
そのポーズは小さくても良いですが、
必ず毎回同じでないといけません。
同じポーズをとることには理由があります。
嬉しい時に何度も同じポーズをすると、
潜在意識はあなたが嬉しいときにするポーズなんだ、と認識します。
そして、その内何でもない時にそのポーズをとるだけで、
「あ、喜んでいる」と潜在意識が認識するので、
気分をスムーズに切り替えられたりするようになります。
これを一日に5回位、毎日30日続けてください。
150回の小さな成功体験が積み上げられる事になります。
しかも「自分が言った事は実現できる」と思える成功体験が、です。
つまり、繰り返しあなたの潜在意識に
「言葉が現実になる」事を分からせるだけで、
あなた自身のセルフイメージは確実に変わっていくのです。
そしてセルフイメージを高めたあなたが今後大きな目標を掲げたとき、
あなたの中の“悪魔のささやき” →
(自分には無理、という思い込みや、間違った自分への評価)
の声が小さくなり、達成しやすくなるのです。

%自分への間違った評価を修正する

自分には無理、という思い込みのほかにやっかいなのが、
間違った自分への評価。
“私はそうなる(それを手に入れる)程の価値がある人間ではない”
と思ってしまうことです。
この場合も、先ほどの口癖や小さな約束を達成する事で
改善するのですが、
もう少し良い方法があるのでお教えしましょう。
その方法は、まず、今あなたが持っている一つの願望について、
自分が実現できる理由を出来るだけ沢山書き出していくのです。
これはブレインダンプ(脳の中を吐き出す)手法で言われる頭が空っぽになるほど書け、というのではありません。
せいぜい20個程度でかまいません。
何より自分の良いところに集中して考える事が重要なので、
どうやったら実現できるか、などの手段や方法については考えたり
書いたりしない事がポイントです。
とにかくこのワークでは、自分を褒めちぎる事が大切なのですから、
自分が目標の実現の為に意識してやっている事、
或いは自分の長所などを沢山書き出し、自分を褒めちぎってください。
そして、「自分大好きシート」を毎日眺め、
出来れば声に出して読み上げてください。
とにかく自分に自信を持つこと、
「自分は成功する価値がある」という事を、
何度も繰り返し自分に解らせる必要があります。
どんな小さなことでもよいので、早速書き出してやってみましょう。

次へ→

トピックスリストへ戻る

フロントページに戻る

 

 

 

 

自分で問題解決出来るようになりましょう!!