セルフイメージ~理想の人生2/2

フロントページに戻る

トッピクスリストへ戻る

←戻る

 @セルフイメージを高める具体的な方法2/2

%アファメーションの活用

ここでのセルフイメージの高め方は、アファメーションです。
ここでは、言葉によるアファメーションの活用方法について
説明をさせて頂きます。
一般的に言われるアファメーションとは、
自分に対して語りかける肯定的な宣言の言葉のことを言います。
自分に対して意識的によい言葉を選び、
繰り返し言い続けることによって、
自分自身の意識や心のあり方を変える、という方法です。
但しこれも、セルフイメージを高めてからでないと、
「自分は価値がある人間だ」などといきなり言っても
“悪魔のささやき”→(自分には無理、という思い込みや、間違った自分への評価)がざわざわしはじめますので、
効果的にアファメーションを行うために時間を選ばねばなりません。

*アファメーションの方法
1.まず鏡の前に立ってよい姿勢をとります。
顎が上がって、背筋は丸まっていてはいけません。
あごを引き、頭を上げ、胸を張り、肛門をきゅっとしめて、
肩の力は抜いてください。
(ベッドの中での場合も、リラックスしながらも姿勢を正しく、
が基本です)
2.次に何度か深呼吸して気を落ち着かせます。
3.穏やかな気持ちになったら、鏡に映った眉間の辺り、
眉間のちょっと上辺りのくぼみを、
眉間にシワを寄せないように気をつけて見入ります。
そして、「絶対成し遂げるぞ!」という気持ちで、
その時の目標に応じた言葉を、
鏡に映った自分にたいして心をこめてつぶやくのです。
あまり大きな声で話すのではなく、白分の耳に聞こえるぐらい
の声で囁く方がよいようです。
眉間のちょっと上のあたりのくぼみ部分を第三の目と言います。
第三の眼は古来より仏像等の額に描かれており、
全てを超越した仏の知覚を意味しています。
4. 上記の作業を終えたら、
その後に先ほどのアファメーションを振り返り、
あなたがその目標を達成している姿を客観的に見てにやにやする。
(このにやにやが大切なのです)
これだけです。
これを出来れば朝と晩に行う。
つまり鏡をベッドの側に置いておけばよいですね。
朝晩のアファメーションの言葉は若干変える必要があります。
*アファメーション:自分に対して語りかける肯定的な宣言の言葉
夜は命令暗示、そして朝は断定暗示をかける、ということ。
命令暗示は「私はxxxになる」となりたいことを言い、
断定暗示は「私はxxxになった」と断定形で言います。
ですが、なかなか断定暗示の「私はxxxになった」
とは思えないものです。
例えば次のような場合は、
断定暗示の言葉に特別違和感はありません。
「私の信念は強くなる」→「私の信念は強くなった」
「私は元気になる」→「私は元気になった」
信念や元気というものは、相対的なものですから、
なんとなく納得できます。
しかし、例えば暗示が「私は金持ちになる」という
暗示だったらどうでしょう?
夜の命令暗示はいいですよね?「私はお金持ちになる」ですから。
ですが、朝起きたらお金持ちになっていないのに
「私はお金持ちになった」と言わねばなりません。
マーフィー理論の卓越したところは、ここを解決した点にあります。
金に困っている人が、「私は金持ちだ」と自分に繰り返して、
そのことを信じようとしたとします。
しかし、その人は自分が金持ちでないことをちゃんと
心の底で知っています。
ですから、「私は金持ちだ」と言うたびごとに、
心の奥でほんとうに金持ちでないと感じます。
ところが、潜在意識が受け入れて、
奇跡を起こすのは、まさにこの「本音」のほうなのです。
この難点をマーフィー理論のテクニックは簡単に解決します。
たとえば、
「私は金持ちだ」と言うかわりに、
「私は金持ちになろうとしている」と言えばよいのです。
「なあんだ」と言われる方もあるかもしれませんが、
この小さいテクニックが、潜在意識には天地ほどの違いになるのです。
現在進行形ですからウソが入っていません。
願望と本音が一致するから奇跡が起こるのです。
顕在意識が「そんなことはないのだけれど」と
知っている暗示は、役に立ちません。
それを役に立つようにするには、現在進行形にすればよいのです。
「達成した」ではなく「達成しつつある」に。
そうすることで拒否反応を示さなくなります。
自分の実力が伴ってきたら、
確実な断定暗示をすればさらに効果があるでしょう。
こうやって毎日朝と晩にアファメーションすることで、
自分にかけた暗示が自分の頭の中にこだまするようになります。
注意点は以下の通りです。
1)できるだけ強い肯定暗示にすること
2)言いながら同時に映像が浮かぶ(ビジュアライゼーション)
するような暗示にする
3)鏡を用いるほうが集中しやすい
4)自己否定をしそうな長い肯定文ではなく、短く簡潔な肯定文にする
5)心を込めて真剣に行うこと
6)嬉しい気持ちが伴わなければ逆効果
これは今日からでもできますので、是非やってみましょう。
「馬鹿馬鹿しい」「うそ臭い」と思う
潜在意識の囁き(ささやき)があるので、
なかなか習慣化されにくいとは思いますが、
是非意識して習慣にして頂きたいと思います。
事あるごとに、その暗示が自分の頭の中に
飛び込んでくるようになるまで。
最低1ヶ月です。

フロントページに戻る

トッピクスリストへ戻る

←戻る

% 感謝法

感謝法はセルフイメージを高めるもっとも簡単な方法といえます。
あなたのセルフイメージがマイナスのものである場合でも
届きやすいのが短い言葉の感謝
つまりありがとうや、嬉しいなどのキーワードなのです
多くの成功者や億万長者は「ありがとう」「幸せだなぁ」という言葉を
呟く(つぶやく)習慣を持っているそうです。
本来心を込めてつぶやく事が大切なのですが、
なかなか感謝をするものが見つからない場合、
私は歩くテンポで「ありがとう」をつぶやいたりしています。
何故感謝する事が大事か、というと、
あなたが感謝の言葉や幸せだなという言葉をつぶやくと、
あなたの潜在意識が喜び、あなたの周りが変っていくからなのです。
家にいる時に効果的なのは、耳をふさいで言葉を唱え、
自分の脳内に響かせるのです。
そうすることで、より一層潜在意識に働きかける事ができます。
その場合はやはり心を込めて、
感謝できる事をイメージし目を閉じて唱えるのがよいでしょう。
今やって頂けばわかりますが、
ただ「ありがとう」とつぶやいただけではじんわりしません。
心をこめて自分が嬉しかった事、感謝している事をイメージして、
つぶやき、あなたの心が喜びでじんわりし、
気分が良くなる事が大切なのです。
これらを習慣にするだけでも、あなたはかなり変わるはずですが、
現に凄い効果を発揮した人もいるのです。
この感謝法実践者のなかには、
10,000回「ありがとう」を唱えたところ、
思いがけずお金を手にしたり、人間関係が超好転したりなど、
信じられないような奇跡が起こっている人がいるようです。
真剣につぶやくほど、そして回数が多ければ多いほど
その効果を実感できるようになるので、
最初は私のように歩きながらつぶやく事からはじめ、
抵抗がなくなって、実感を込めて感謝ができるようになったら、
最大限の力を込めて唱える習慣をつけてみてください。
いきなり大きなものを期待せず、習慣化すること。
そして何かラッキーな事が自分におこったときに、
「ありがとう」のおかげだ!と思うのです。
そうすればもっと自然に色んなことに感謝ができるようになり、
よりラッキーな事があなたに降り注ぐはずです。

% 感謝法2

これは、他人に向けて感謝するという事で、
潜在意識を喜ばせよう、というものです。
そもそも潜在意識自体は、他人に感謝しているのか、
自分に感謝しているのか認識できません。
感情を込めて感謝する事で、自分が喜んでいると勘違いするのです。
ですから、その性質を利用してみましょう。
具体的にどうするか、というと、
「自分が認めて欲しいように人を認めてあげる」のです。
人間は自分を認めてもらいたい、
誉めてもらいたいと思う生き物ですよね。
自分の価値を認めてもらってこそ
生きている喜びを見出すものなのです。
しかし、なかなか自分が認めて欲しいと思っている部分を
見てもらえない、認めてもらえないのが現実です。
そうすると自分の中でストレスになりますよね。
こんなに頑張っているのに!と。
ですから、自分が認めてもらいたい部分を、
誰かの中に見つけ、誉めてあげるのです。
実はこうする事で、何より自分自身が満たされていくのです。
これは、他人に向けて感謝するという事で、
潜在意識を喜ばせよう、というものですが、
ちょっと反対の例を出しましょう。
人のことをよくあれこれ言う人がいるとします。
そういう人の潜在意識は、自分自身を攻撃している事になります。
他人を非難している人の心が満たされているわけがありません。
成功者の多くは人を非難したりする事に注力しません
人の欠点が見えそうになったら、逆にその人の良い点を、
或いは自分が認めてもらえず認めて欲しい、
と思っている部分をその人の中に見つけて誉めてあげる事で、
潜在意識が自分の事であると勘違いして満たされることを期待します。
潜在意識は、あなたが心を込めて発した言葉と感情に反応します。
では早速自分がどのように思われたいのか、
どのような感謝をされたいのかを知りましょう。
例えば「いつもお仕事を頑張ってくれてありがとう」と
奥さんに言われたかったら、
「いつも美味しいご飯をつくってくれてありがとう」というのです。
この感謝法は、特に自分の愛する人に対して言うと
とても効果があります。
何故なら感情が伴いやすいから、です。
今日早速試してみませんか?
いきなりやると相手が驚くかもしれませんが、
思いのほかあなた自身の気持ちが満たされるはずです。

% 自信を取り戻す

セルフイメージを高める方法、最後の方法です。
このトピックスを読んでいる方の中で、
「そうは言っても、どうしても自分に自信が持てないのだ」
と思ってらっしゃる方はいますか?
諦めずに果敢にチャレンジしたからこそ、
人間は歩けるようになり、沢山のことを吸収していけるのです。
しかし残念ながら、その歩む過程で
自分が思ったことを覆される、否定される事を経験します。
先人(つまり親)の言うことは正しいのです。
親だって自分の経験から得たことを子供に伝えたい、
間違っても自分のように失敗して欲しくない、と思ってのことです。
ほどなく、自分の決断に自信を持てなくなるのです。
と同時に、相手の言うとおりにしておけば、何も言われずにすむ、
と考え、自分で決断する事さえあきらめます。
つまり自分で決断する事に自信を持てなくなるのです。
自分自身で考え、選び、主張する。
たとえその考えが通らなくても、やってみる。
こうやって自分の自信を取り戻していくのです。
子供の頃のように。
意見を覆されてもいい!
自分の思っていることを口に出そう!そう思って、
今日から「諦める」ことをやめてみてください。
ほんの小さい事から、で良いですからね。
もう一つ自信を取り戻す良い方法があります。
それは「自分が褒められたことを思い出す」こと。
褒められるってやはり気分が良いですよね。
自分を認めてもらうのですから。
最近あなたはどんな事で人に褒められましたか?
或いは今までどんな事で褒められたのが嬉しかったですか?
その時の気持ちはどうでしたか?
きっと自信満々だったはずです。
その時の光景を、目を閉じて思い出してください。
そしてその時の感情を色でイメージしてください。
何色でしたか?
その色は、あなたに自信を取り戻させてくれる色です。
ハンカチや置物、ちょっとした持ち物にその色を選んでみてください。
そしてその色を見るたびに、自分が褒められて嬉しかった事を
思い出してみてください。

←戻る

トピックスリストへ戻る

フロントページに戻る