自己暗示法

フロントページに戻る

トピックスリストへ戻る

WRAPへ戻る

 

*    言葉(口癖)による自己暗示 の方法

言葉(口癖)によって不安や恐怖症 高所恐怖 などを コントロールし、 なんともなくなる方法は 、科学的にも立証されている脳のメカニズムで、自分でも、簡単に できる方法を ご紹介しますので 試しに やってみてください。
これは、齋藤ひとりさんという方が、光の言葉といって、夢の中で得た答えだそうで、音楽の天才が 「天から音符が降ってくるのを楽譜に落とすんだ」 というのと似ている気がします。
単純なようですが、ちゃんと合う為のカギがあって、「運がツイテル ツイテル」 とか、「幸せだなあ」 という他の 言葉ではダメなんだそうです。
何か不安になった時や、自分が悪い と責めてしまう・・そして ずっと繰り返し 考え続けてしまう 時に、この言葉を 繰り返して みてください。
「今日は、いい日だなあ~・・」という言葉です。
いい日とは、病気にならない日です。誰にも怒られない日です。
交通事故にだって会わない日です。
口グセで 運命は 決まるといいますが
マイナス思考の口癖の多い人は、さながらその口癖が実現化しちゃってるのでは?と思います。
こんなふうに、自分の想いが しっかり叶っていることは悲しいですが、
口グセも 自己暗示ですから、できれば良い言葉を使うようにしたいものです。
どんなに大きなことを言って 恥ずかしくなるような言葉でも、言うのは タダなんですから♪
いい日だなあ~と言うだけで、不安で緊張していた 胸と体が 一瞬でふわ~と ほどけて、柔らかくなる気がします。
ついでに 息を 吐きながら イライラも 吐くようにイメージすると感情も ずっと楽になってくる はずです。
いくら自然の食事や 無農薬にこだわって、良いものを食べていても、心配性の人は、アトピーだったり、病気になってしまったり 、またそれを気にしすぎて逆にどんどんひどくなっていきます。
無理しない程度の食事で、ストレスをうまくコントロールして溜めなければ、自分の脳と体が治癒する免疫物質をどんどん分泌してくれますので、本来 病気になる可能性は少ないのです。
もし、この言葉がいいなと思っていただけたら 今日から ちょっと試してみてください。

暗示心理学で著名なフランスの医師エミール・クーエが 発見した法則
クーエの法則は三つあります。
1:意志と想像が争うとき勝つのは想像力の方である(第一法則)
2:意志と想像が一致したときは、その力は和ではなく積である(第二法則)
3:想像力は誘導可能である(第三法則)
第一法則ですが、例えば禁煙の意思を固めても、食後に一服している姿を想像したらつい手が出る、ということです。
第二の法則は、意志と想像が一致すると、相乗効果が生じるということです。
したがって何かをしたいと思うなら、その意思を固めると同時に、 それが実現した光景を鮮明に頭に描いてみることです。
そうすれば、その実現可能性は飛躍的に高まるのです。
第三法則は意思は制御が難しいのですが、 想像力はイメージを使って誘導できるということです。
自己暗示の三法則が教示するのは、 意思も大切だが想像力をもっと有効活用せよということなのです。 常にプラス思考で創造力を働かせていれば、自然にこの法則に合致することになります。
願望実現の秘訣は、このように自分の心をうまくコントロールすることなのです。

瞑想
自律神経訓練法
も自己暗示法の一つです。

WRAPへ戻る

トピックスリストへ戻る

フロントページに戻る

自分で問題解決出来るようになりましょう!!