Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Can't connect to local MySQL server through socket '/var/lib/mysql/mysql.sock' (13) in /home/users/1/lolipop.jp-7364f2ba10ca1588/web/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/users/1/lolipop.jp-7364f2ba10ca1588/web/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Can't connect to local MySQL server through socket '/var/lib/mysql/mysql.sock' (13) in /home/users/1/lolipop.jp-7364f2ba10ca1588/web/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/users/1/lolipop.jp-7364f2ba10ca1588/web/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Can't connect to local MySQL server through socket '/var/lib/mysql/mysql.sock' (13) in /home/users/1/lolipop.jp-7364f2ba10ca1588/web/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/users/1/lolipop.jp-7364f2ba10ca1588/web/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Can't connect to local MySQL server through socket '/var/lib/mysql/mysql.sock' (13) in /home/users/1/lolipop.jp-7364f2ba10ca1588/web/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/users/1/lolipop.jp-7364f2ba10ca1588/web/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Can't connect to local MySQL server through socket '/var/lib/mysql/mysql.sock' (13) in /home/users/1/lolipop.jp-7364f2ba10ca1588/web/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/users/1/lolipop.jp-7364f2ba10ca1588/web/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Can't connect to local MySQL server through socket '/var/lib/mysql/mysql.sock' (13) in /home/users/1/lolipop.jp-7364f2ba10ca1588/web/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/users/1/lolipop.jp-7364f2ba10ca1588/web/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786
エゴグラム~自己変容2/2 | 憂うつな心を癒やすカウンセリング心理学

エゴグラム~自己変容2/2

←戻る
トピックスリストへ戻る

フロントページに戻る

幼児期決断(一種のトラウマ)を修正するミニスクリプト理論へ戻る

*交流分析:再決断法

再決断というのは、人生脚本、つまり幼児期に作った自分の決断に基づいて構成された
人生パターンの束縛から脱出して、より自由で創造的な生き方にする為に、
「C=子供の自我」の自我状態に戻って、決断のやり直し、人生脚本を書き換えていく、
そう言う心理療法としての非常に重要な課程です。
この再決断の方法を非常に重視し展開したのが、グルーディング夫妻でした。
その方法は再決断法と呼ばれています。

A:インパス~インパスとは「行き詰まり」という意味です。

再決断(派)のTA(交流分析)では、個人の心理的症状や問題を診断するのに、
インパスということを基準にします。
グルーディング夫妻によりますと、
インパス、つまり心の中の葛藤状態には三つの度合いがあるといわれています。

* 第一度のインパス:
P=親の自我」の自我状態と「C=子供の自我」の自我状態の間にある葛藤で、
対抗禁止令(カウンター・インジャンクション)に根ざしていると考えられる
比較的軽度のインパスです。
こういう場合の治療方法として、子供の時代のある場面を想定して、現在の問題と関係付けるようにワークをします。
そうして、そういう状況の中で子供の時に実際に言いたくても言えなかったことを言ってみる、というだけで多くの問題が解決します。
@禁止令(インジャンクション~物心つくかつかない幼児期に与えられた不合理な命令)
@ 対抗禁止令(カウンター・インジャンクション~自我の確立しつつある時期に与えられた禁止令と真逆の命令)

* 第二度のインパス:
これは、C=子供の自我」の自我状態の中親の禁止令(インジャンクション)に起因して、P=親の自我」と「C=子供の自我」との葛藤が見られるという場合です。
かなり根強い、根深い葛藤です。
このインパスを解決する為には、
患者は「A=大人の自我」の自我状態ではなく、
「C=子供の自我」の自我状態にあることが不可欠と成ります。
これは普通リグレッションワークと称しまして、体験を段々と遡って行き、
ある程度遡ることができる非常に幼い時にあった、ある具体的な場面を再現して、
その中で、エンプティ・チェア(空の椅子)を使って当時の親と会話したり、
ロール・プレイ(役割分担演技)をしつつ感情的になって、
涙を流したりということで行われるわけです。
再決断の誘導の仕方としては、
第一度のインパスの場合よりもはるかに難しいということになります。

* 第三度のインパス:
というのは、グルーディング夫妻によりますと、「自分は生まれてこの方、常にこういう自分なのだ」と思い込んでいる状態を指します。
こういう場合のインパスというのは、
自分の記憶の中に、
その原因が探れないような非常に幼い頃に禁止令(インジャンクション)が言葉ではなくて、
非言語的な形で与えられて形成されたものです。
つまり、三歳以前の状態でインジャンクションが与えられた場合ですが、
「AC~従順な子供の自我」と「FC~自由な子供の自我」との自我状態で葛藤があるとしか表現できない場合です。
この状態のインパスを再決断ワークで解決するのは非常に難しく、かなり深いリグレッションワークを必要としますし、誘導するのも非常に困難となります。

@リグレッションワーク: 体験を段々と遡って行き、ある程度遡ることができる非常に幼い時にあった、ある具体的な場面を再現して、その中で、エンプティ・チェア(空の椅子)を使って当時の親と会話したり、ロール・プレイ(役割分担演技)をしつつ感情的になって、涙を流したりということが行われる

こういうように再決断(派)では、インパスの度合いによって状況を判断します。

*交流分析(TA):ミニスクリプト(ミニ脚本)

交流分析(TA):ミニスクリプト(ミニ脚本)1/3
人生脚本に関しては一つには再決断(派)がありますが、
もう一方においてはミニスクリプトという理論が展開されました。
この二つはTA(交流分析)の人生脚本理論の新しい大きな展開と言われています。

@人生脚本理論~主に第二、第三のインパスが一時的ではなく、人生全体を形成しているという理論

ミニスクリプトの発想は、バーンの人生脚本理論、
及び私はOKであるとか、OKでないとかというような理論が
行動科学的に観察可能な、今ここの行動的特徴としてどのようにとらえられるかを
明らかにしようとしたところから始まっています。
色々な経緯を経て最終的にミニスクリプトの理論によって展開されるのは、
人生脚本の一部というものではなく、
人生脚本そのものが、実は一瞬一瞬の細かい行動データの中に観察可能であり、
そういう人の人生の主な脚本を構成している基本的な要因が
ミニスクリプトによって明らかにされるものであることが証明されてきました。

この理論の提唱者の一人であるカーラーは、
入院患者の集団心理療法を何度も重ねるうちに、
人々がラケット感情(不安、イライラなど)とか、
インジャンクション(禁止令)に落ち込んで苦労する前に何かその反対の努力をする。
つまり、カウンター・インジャンクション(対抗禁止令)的な努力が働いて、
それがかえって事態を悪くしてしまっているのに気づきました~省略~
その中でOKでない行動の原因となる努力(対抗禁止令)の指針には
理想的な目標(過大理想の追求)というものがクローズアップされてきます。
そういうものが、あたかも患者を駆り立てているかのように行動させ、
そうして結局は上手く行かず、また、自分はOKでないという、やけっぱちな気持ちに陥ってしまうことに気が付いたのです。
これを非常に短時間に生起する一連の行動連鎖として分析したものがミニスクリプトです。

@ラケット感情~TA(交流分析)でいうラケットとはどういうものか。
ゲームとTA(交流分析)で申しますのは、繰り返してやってしまう人間関係のやり取りのシリーズ、あるいは人間関係の癖で2人以上の間で行われ、次のような特色を持っています。

1) 表面上に現れた「A:大人・成人の心」と「A」のやり取りに隠れた「P:親の心」または「C:子供の心」が働いたやり取りのとの二重のやり取りの構造が見える。
やり取り分析で言うと隠れたやり取りが必ず含まれているということが特徴になります。

2) その様なやり取りが、一つのシリーズを構成し、度々繰り返される。
パターン化してしまったやり取りのシリーズが何回も何回も繰り返されるというところが、
ゲームの非常に重要な特徴です。

3) 後味が悪く、終末感情と呼ばれる、もやもやした嫌な後味が残る。これもゲームの大きな特徴です。
以上の特色を持った繰り返される人間関係の癖、しかも2人以上の人が必ず巻き込まれてしまうものをTAでいうゲームといいます。

これに対して、1人でゲームのようなものを「ラケット」と呼びます
これを厳密に定義いたしますと、
「ラケット」というものは、ある人がOKでない→ディスカウント(自己値引き)された位置を正当化するために、自己の取り巻く環境を解釈したり、操縦しようとする時に出現するプロセスで内的な心の中の仕組みであり、外動(がいどう)的な行動に現れるものを「ラケット」といいます。
ゲームとラケットは大変よく似ていて、多くの共通点があります。
しかし、ゲームの場合は、2人以上の人が必ず巻き込まれる、2人以上の人が必要なのに対して、ラケットは1人で充分にできます。
ラケットの場合には、そのラケットに伴った結果に出てくる感情をラケット感情といいます。
ラケット感情、ラケットフィーリングというものは、ゲームで言う終末感情と全く同じもので、「FC:自由な子供」の自由な感情表現が抑制され、その代わりにひねくれた形で、表現される感情が癖になって身についてしまったのです。
非常にこじれた形で必要の無い場面に出てきて、
人間を不自由にしてしまう、これがラケット感情です。
ラケット感情のことを省略形でラケットということもあります。
ラケットそのものと混同されやすいので注意してください。

交流分析:ミニスクリプト2/3~OKでないミニスクリプト1/3
「駆り立てるもの」=ドライバー
人々が対話的な関係の中にいる時はとても幸せですけれども、
ある場合にOKでないという方向に動き出すことがあります。
まさにこれが、人生脚本の始まりということになるわけですけれども、
そのきっかけとなるのは、現在のあるがままの自分を受け入れないで、
「もし何々だったら私はOKなのだが」という考え方をするときなのです。
この条件ともいえるもの「もし何々」という過大理想にあたるものとして、
カーラーは五つの「駆り立てるもの」=(ドライバー)をあげました。

1「完全であれ」
2「もっと努力しろ」
3「他人を喜ばせろ」
4「急げ」
5「強くあれ」の五つがそれですが、
こういう五つのドライバーが動き出すと、人間は現状に不安を感じ、
過大の理想状態に向かって駆り立てられるように努力したくなるというのです。

しかし、よく考えて見ますと、このような「駆り立てるもの」=ドライバーはディスカウント(自己値引き)を含んでいます。
つまり、あなたが今のままでOKだというような気持ちを否定するような動きをしつつ、
あなたの価値を実際より低くしてしまっているのです。
ところが、こういうドライバーに従って努力している間は、ラケット感情(不安、イライラなど)が一時的に感じられないという特徴があります。
たとえば、完全であるために夢中になって何かを勉強しようとしたり、
掃除をきちんとしようとしたり努力している限りにおいては、
割合に安定感があって心地よい感じがするものです。
これが非常に甘い誘惑といいますか、一生懸命やって自分が努力しているわけですから、
何かこう気持ちのいいような、誰かに褒めてもらえそうな感じがするわけです。
しかし、その誘惑に乗って努力するとやがて強い挫折感に襲われるわけです。

←戻る
トピックスリストへ戻る

フロントページに戻る

幼児期決断(一種のトラウマ)を修正するミニスクリプト理論へ戻る

交流分析:ミニスクリプト2/3~OKでないミニスクリプトの展開2/3
(1):「もし***ならば私はOK」=五つのドライバー~「駆り立てるもの」
(2):止めるもの(実行不能)→私はOKでない
(3):復讐する→私はOK、相手がOKでない
(4):終末感情→私も相手もOKでない
それぞれ番号に従って推移していきますので説明を少し加えます。

(1):ミニスクリプトの出発点で十分に健康な状態にある人も
このドライバーには非常に弱いところがありまして、
これは私たちの自我状態の順応した子供の心(AC)の中にある
OKでありたいという感情を刺激します。
もう少し私は何かをしなければならないのではないか、
という形でドライバーは私たちをせきたて始めます。

(2):人々はドライバーに従って一生懸命に努力しますが、
自分の思いどおりに行かないという状況に陥ります。
これが「止めるもの」=ストッパーです。
人間である限りこのドライバーを絶対に完全に実行することは不可能でありますので、
何処かで、つまずいて挫折してしまいます。
その時その人はその挫折を異常に過大に取ってショックを受けることになります。
このからくりがストッパーの働きです。

(3):しかし、大部分の人はこの状態にとどまることを潔しとせず、
(1)に近いポジションに戻ることになるのです。
このポジションは復讐する子供の自我状態で(C)、
自分はOKなのだ!周囲が悪い!相手が悪い!という発想になり、
ふんぞり返ることになります。
しかし、このポジションも長く続かずに(2)と(3)を行ったり来たり、
自分が悪い、いや、相手が悪いという堂々巡りをすることに成ります。

(4):そして、最終的なミニスクリプトの結末へと落ちていくことになります。
ミニスクリプト・ペイオフとも呼ばれるこのポジションは「私も相手もOKでない」という全く無気力・無感動でやる気のなくなった状態になってしまいます。

交流分析:ミニスクリプト2/3~OKでないミニスクリプトの展開の仕組み3/3

この展開の原因は、実はドライバー(駆り立てるもの)に対して
過大理想を求めて必死に何とか頑張ろうという出発点の姿勢にあったということが出来ます。出発点の「張り切り」が諸悪の根源であって、
その過大な目標意識が「OKでないミニスクリプト」の根源的な原因であると言えます。

そして、この五つの駆り立てるもの(ドライバー)は対抗禁止令(カウンター・インジャンクション)当るものでそれぞれがその裏側に禁止令(インジャンクション)が隠れているのです。

@五つのドライバー~「駆り立てるもの」→裏側に隠れた禁止令(インジャンクション)
*五つのドライバー~「駆り立てるもの」=対抗禁止令(カウンター・インジャンクション)

(1):完全であれ→ありのままであるな、リラックスするな、油断するな
(2):もっと努力しろ→成功するな、自由であるな、満足するな、楽しむな
(3):他人を喜ばせろ→重要であるな、自分を後回しにしろ、でしゃばるな
(4):急げ→自由であるな、リラックスするな
(5):強くあれ→感じるな、感情を表現するな

その結果、一生懸命に努力すればするほど、かえってそれが仇(あだ)となって、
対抗禁止令より、先に潜伏している禁止令によってストッパーがかかって
実行不可能になるという自己矛盾のカラクリが働き出すのです。
これが、「OKでないミニスクリプト」の「駆り立てるもの=ドライバー」の微妙な関係なのです。ちょうどこれは人生脚本の「禁止令」と「対抗脚本」の関係に相当し、
一見、人生脚本に対抗する命令が実は最後に待っている「禁止令」の相乗的作用をして、
「どんでんがえし」→「私も相手もOKでない」という状況になるのです。
再決断法では過去に遡って「禁止令」を捜し出しますが、
この五つのドライバーから「禁止令」を推測することも出来るのです。

@禁止令(インジャンクション~物心つくかつかない幼児期に与えられた不合理な命令)
@ 対抗禁止令(カウンター・インジャンクション~自我の確立しつつある時期に与えられた禁止令と真逆の命令)

交流分析:ミニスクリプト3/3~(OKのミニスクリプト展開の仕組み)

逆に考えるとミニスクリプトの展開の仕組みに従うと、一瞬一瞬の行動を変えることによって「私もあなたもOK」という生き方に導かれることが可能になります。
その出発点は、「駆り立てるもの」を「許すもの=アローワー」に変える所にあります。
つまり、ありのままの自分でいいのだ、何々をしてもいいのだという許可を
与える推進力がアローワーなのです。
許すもの、基本的にはありのままの自発性を引き出して、
具体的に達成可能な目標を決めていく態度を取るのです。
もともと達成可能なことを目指して許可しているわけですから、
目標はどんどん達成されることになります。
実行できたら自分で自分にストローク(よくやった!!!など大げさすぎるぐらいに喜び感激します)を与える。これが、ゴーワー(進行させるもの)というポジションです。
このポジションにおいての大げさすぎるほどの喜びのストロークを自分自身に与えることが強烈なモチベーションとなり、少しだけ難易度が高い達成可能な目標はドンドン実現して行き、
そこで、自分はOKという感じがしてきて、今ここで「非常にうれしい」という感じがしてきます。
この状態を自分の肯定的なFC(=自由な子供の心)のポジションに持っていって自分自身のFC(=自由な子供の心)を使って心から喜ぶのです。
そこで、活性化されたFC(=自由な子供の心)は
次の目標のエネルギーを供給してくれますから、この「喜び、感激など」連鎖がゴーワーのポジションに居続けることが出来る根源となります。
そうして、最終的に「私もあなたもOK」という基本的な構えになっていくのです。

従って、同じ努力でもドライバー(駆り立てるもの)ではなくアローワー(許すもの)によって、ゆっくり積み上げてきたOKのミニスクリプトが好循環を呼び込むのです。

ミニスクリプトはそういう行動の動機のちょっとした違いに気づいて、無駄な努力に陥らず、ゆっくり充実した人生を楽しむ為に役立つ理論です。

←戻る

幼児期決断(一種のトラウマ)を修正するミニスクリプト理論へ戻る

トピックスリストへ戻る

フロントページに戻る

自分で問題解決出来るようになりましょう!!