本日の心理学・名言272692-5

仮に失敗をしたとしても、
その先のどこかで成功すれば、

「失敗が成功の糧」になったとか、
「あの失敗のお陰で今がある」などと感じられるものです。

つまり、今失敗したことが、そのまま失敗に終わるのか、
それとも成功の糧になるのかは、「将来になって決まる」わけです。


今失敗したとしても、
それは一瞬で「過去」になります。

過去の出来事で「できない」と判断するのは、
極端に言えば、「まだ立ったことがないから、立つのは無理です」
と、赤ちゃんが言うようなものです。

以前にうまくできなくても、次にやったらうまくいくかもしれませんし、
もう少し練習すればうまくできるかもしれません。

苦手だと思っていたら、実は得意なことになっているとか、
嫌いだと思ったら、実は、好きなことだった、
なんてことはいくらでもあることです。

ですから、過去を棚卸しして、そこから得意・苦手、好き・嫌い、
能力があるないなどを決めてしまうのは、時に危険なことなのです。

これから作れることもあるし、
まだ開花していない能力などもあるからです。

もし、今、何かを一時的に諦めていたとしても、
また再開することができれば、

「失敗」として確定するのではなく、
「成功に向けて進行中」という状態に変わっていきます。

そして、そうやって未来に向けて動き出すと、
過去の意味合いがどんどん変わっていくでしょう。