本日の心理学・名言2149-7

趣味などでは、どんどんアイディアを出せるのに、
なぜ、仕事ではアイディアが出てこないのだろう?

そこで気づいたのが、
「心が縛られているか、解放されているか」の違い
「楽しみに意識を向けているか、
良いものが出てこなかったら大変だ、

ということに意識が向いているか」の違い
「身体がリラックスしているか、身体が硬くなっているか」の違い
などなど、心と身体の違いに気づきました。

そして、
「仕事だから良いアイディアを出さないといけない」とか、
「こんなアイディアでは、笑われてしまう」とか、
そんな自分を縛る思考から、

「感じたものをどんどん出そう」
「相手や自分が楽しむことに意識を向けてみよう」
そんな思考(方針)にしてから、
仕事でも、面白いようにアイディアが湧いてくるようになりました。

大げさに言えば、
自分を封印していたドアを開いたような感覚でした。

自分に対する考え方によって、
気持ちも、身体も状態も、そして結果も変わってくる。

そんなことをあらためて意識して、
理想の結果、満足感を得るためには、
どのように考え、

どんな気持ちで取り組むと良いのか、
明確にしてみてはどうでしょう?

by自己維新

フロントページに戻る
[contact-form-7 id="23926" title="コメントなど"]