本日の心理学・名言1121-4

笑いの「元気回復術」
積極人間は決して深刻になりすぎることはありません。
最近の多くの研究によれば、毎日十分に笑っていれば、人の感情は楽観的な運動場を駆け巡ることが分かっています。
繰り返すようですが普通われわれは感情に従って振舞います。だから幸せなときに笑うものだと人は思っています。
しかし時には反対の場合もあるのです。毎日十分に笑っていれば、内側に潜む落胆や失意の感情は晴れ始めるのです。
スタンフォード医科大学のウィリアム・フライ・ジュニア博士は、笑いと肉体の関係の活動についての比較を行いました。
それによると笑うことによって吐く息がずっと多くなり、心拍数も加速し血圧は上がり、呼吸数も増します。酸素消費量が増加し、さらに顔や胃の筋肉を活発に動かし、その他の筋肉をリラックスさせるという効果があり、内蔵などもすべて刺激を受ける。つまり全ての機能が笑うことによって元気づけられるのです。
この研究が示すように、笑いが憂うつの解毒剤として有効であるならば、悲観思考から楽観思考へ変わりたいと思う人は、毎日の生活の中に楽しい時間をつくり出すように工夫することです。トップページへ戻る

 

「本日の心理学・名言1121-4」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: セキュリティ

コメントは停止中です。