本日の心理学・名言1059

@日常生活がマンネリ化すると、月日の経つのが早く感じます。
人はどのようにして一日を計画しているのでしょうか。
それは悦びをいくつ得たか、というその数でカウントしているのです。
つまり、一日で七日分の悦びを得た日は、その時は時間が経つのが早く感じられても、後で振り返ると一日が一週間に感じるのです。
大事なことは、何回、そして、どのくらい深く喜怒哀楽を共感しあったか、ということです。
「今」という一瞬を密度濃く生きていると、悦びがたくさん入りますので、たった一日が一年にも感じることがあるのです。失われた時はこうやって取り戻せるのです。
だから、取り返しのつかない人生はないのです。トップページへ戻る

「本日の心理学・名言1059」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。