本日の名言1041

@人にウソをつくことは悪いことですが、自分にウソをつくことはその1000倍も悪いことです。なぜなら、自分にウソをつくと自分の感情が分からなくなってしまうからです。
自分にウソをついていると、楽しい、うれしい、気持ちいい、うまい、という悦びの感情がわからなくなります。こうした悦びの感情が分からなくなると、自分が誰なのか分からなくなります。心の迷子状態になります。
では、なぜ人は自分にウソをつくのでしょうか。それは、自分の本心を知りながら、それと反対の行動(=したくないこと)を敢えてしようとするからです。だから、自分自身に対して見苦しい言い訳というウソが必要となるのです。自分に言い訳ばかりしていると、ホンモノに出会ったときニセモノに見えてしまいます。だからチャンスを逃がすのです。逆に、ニセモノがホンモノに見える自分になってしまいます。また、自分にウソばかり付いていると、相手もまたウソを言っているのではないか、と人間不信にもなります。その根拠は自分が自分にウソをついていることです。同じノリで、自分の矛盾を一般化して、人の心は複雑だ、などと知ったような口をきくのです。トップページへ戻る

「本日の名言1041」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: Nike Free Trainer 5.0 V4

コメントは停止中です。