本日の心理学・名言19760-7

A
やることがないとか面白くないとか言っていませんか?

世の中が面白くないですか?
でも、世の中簡単に変わらないですよ。
じゃあ、どうすれば面白くなるのか。
自分が変わることです。自分が変われば世の中が面白くなる。・・・
変わっていくこと、それが学ぶということ。知るということです。
自分が変わっていなかったら、何も学んでいないと思えばいい。
by
養老孟司(ようろう・たけし*解剖学者)

B
人間には誰にも無限の可能性が与えられており、

努力さえ傾ければ、幸運の扉は開かれる。
そのために何より大切なことはあくまでも自己との約束を守り、
一度やろうと決心したことは必ずやりとおし、
決して自己を欺(あざむ)かぬことである。
これさえできるようになれば、 もう人生は自分のものである。
*欺く(あざむく):
言葉巧みにうそを言って(言い聞かせて)、相手(自分)に本当だと思わせる。
言いくるめる。だます。
by
平澤 興(ひらさわ・こう*元京都大学総長)

C
私はうまくいかない時はいつも神さまから、

「お前は別の道を行きなさい」という指示があったと思うんですね。
だから運が悪い場合は、そこでぐずぐず悩むのではなく、
運命をやんわり受け入れられる心理でいたい。
そして、次の運命に協力的になる。
自分で望んだわけではないけれど、
それによって神さまは私に何をご期待ですか?と考えるわけですね。
そうすると、たいてい運が開けてくるわけです。
by
曽野綾子(その・あやこ*小説家)