本日の心理学・名言18650-7

@私たちは日常生活の中で、
つらいと思えることも、腹立たしいと思えることも、
不足に感じられることもあります。
その中で、特に自分の力では「どうにもならない」と思えてくる時、
人はとかく心が焦り、不安の渦が巻いて、
果ては絶望や自暴自棄の心に落ち込んでしまいやすいものです。
それは、その裏側に「早く思うようになってほしい」という思いが、
我が身を苦しめているのです。
そこで、神様は「なんでも、たんのうして通りなさい」
と仰せられております。
また、神様は「たんのうとは、単なるあきらめでもなければ、
また、辛抱でもない。
日々、いかなる事が起ころうとも、
その中に神の親心を悟って、
ますます心を引き締めつつ喜び勇むことである」
とも仰せられております。
わたしは、この「いかなる事が起ころうとも、その中に神の親心を悟って」
という点が大切だと思います。

たんのうの要点は、これだと思うです。
そして、たんのうは、どうにも喜べない、
どうにも心が治められないと思えてくる中にこそ、
真に求められるものなのです。
ですから、広い世間を見れば、まだまだ困っている気の毒な人がおり、
その人のことを思えば私は幸せだと、自分の心を低く持たせて頂き、
成ってくる(起きてくる)理(理合~病気、問題など)の中に
神の親心を悟り、心通りの御守護を信じるのならば、
必ずや、どんな中にあっても、たんのうさせて頂くことが出来るのであります。*用語集
by
話の台第三集