本日の名言919

@:「ライバル」との“賢い戦い方”を知っている?
いいライバルというのは、お互いの力を引き出し、能力を高めてくれる存在です。
短期戦では、その間、集中して頑張ればいいのでライバルは必要としませんが、長期戦の時はライバルが必要です。
なぜなら、一人でやっていると、やっていることに疑問を持ち始めたり、飽きてきたり、気持ちが疲れてきたりしてしまうからです。
そんな時、ライバルは刺激になり、闘争心をかきたててくれます。それにより、それにより、もう一度やる気が起きてくるのです。このようなライバルの効用は、スポーツ競技のみならず、あらゆる世界に見られます。
ライバル意識は、健全に働けば、能力を向上させ、トップを極める為の大きなエネルギーになります。トップページへ戻る

本日の名言918

@自分の意見が正しいかどうかを判断する方法~一つの考えが正しいかどうかは、社会的真実性(ソーシャル・リアリティー)によって決まります。ですから、何が正しいか正しくないかは、その社会や文化によって決まるのです。とくに、社会的意見は、これが絶対的に正しいというものではありません。
ですから、周りの人たちが反対すると、自分の考えがグラついてくるのです。このことは,集団心理学ではっきりと実証されていて、人は集団圧力に弱いことが証明されているのです。自分がいいと思えば、周りの風に乗ってもいいですし、自分流を貫いてもいいのです。
ただ、どんな意見にもプラス面とマイナス面があることは踏まえておく必要があります。
「以前は、反対側の意見だったくせに」と批判する人がありますが、人も社会も変化するのですから、意見が変わっても別に恥じる必要はありません。
ただし、その際に、別の意見に変わった理由を明らかにしていないと、信用に関わってきます。「なぜこう思ったのか」をきちんと説明しておけば、意見が変わっても信用はなくなりません。自信を持ってその変遷の説明をするのです。そうすれば、周りからは柔軟性があると受け止められ、歓迎されます。トップページへ戻る

本日の名言917

@「言いたいこと」をはっきり伝えるための方法~自分がやっていることを相手に知らせる為には、「自分はこのように仕事をしている」と、ほかの人に見えるように仕事をすることが大切です。その根拠として人間は、自分が見える状況や人間関係で、相手への評価を決めていくということにあります。
日本では昔から「陰徳積善」といい、人の見えないところで徳を積み、努力することが美徳とされていましたが、このせわしない世の中、そうはいってもいられないのです。
今の時代は、言いたいことは言わなければダメですし、言って始めて相手も分かるのです。
強気な相手、自己中心的な相手に対しても同じことです。言いたいことは言わなければ相手に伝わらない、相手は分からないのです。
トップページへ戻る

本日の名言916

@人間は、ひとつの目標に向かっている時が一番いい状態にあります。
どんなに素晴らしくやる気があったとしても、目標が二つあると上手くいきません。
どちらに進もうか、迷いが生じるからです。
いい目標が二つもあるのに、不思議と心の中は幸せではないし、力も出ません。
これを心理学では「プラス・プラスのコンフリクト(葛藤)」といいます。
この場合、やることは一つ。どちらかに決めることです。決めたなら迷わずに行動に移すことです。目標を一つに絞って、それに向かって行動する。今の自分の心の中をよく見てみれば、どう行動すべきかは自然と結論が出ます。
それでも、どちらにしたらよいのかわからない時は、どっちでもよいということなので、占いで決めてください。それで一つやり終えたら、また次の課題に向かっていく。これが精神的には最も健康的な状態といえます。占いはこういうときに役立つのです。
トップページへ戻る

本日の名言915

@「もう一歩押す」べきか「引く」べきか分からない時というのが、人生にはあります。
いわゆるハムレット状態です。少し気が知れてくれば、「押す」「ひく」のタイミングや頃合も分かってくるのですが、知り合って間がなければ相手の様子もつかめないので、ハムレット状態になりがちなのです。
どちらがいいかは、一概には言えませんが、どちらかに決めて行動を起こすことが大切です。行動しなければ結果は出ません。
行動を起こす前の「どちらか」と迷っている間は、イライラもするし、関係も深くならないし、元気も出ません。人間、迷っている時が一番ダメで、エネルギーを消耗する一方で、まるで力が生まれないのです。
そういうときには、とにかく「ダメもと」で、押すか引くか、どちらかに決めて行動することが大切です。それで結果が出ますから、上手くいけばそれでよし、ダメなら次の対策を立てればいいのです。トップページへ戻る

本日の名言914

@『思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。』BY  マザー・テレサ  氏

⇒考え方・思考が運命を変えるということですね。
トップページへ戻る

 

本日の名言913

@人間にはいくつもの顔がある。相手次第で、自然と様々な自分になる。それは少しも後ろめたいことではない、人間は決して唯一無二の「{分割不可能な}個人ではない」複数の「(分割可能な)分人」である。
だから、自分のすべてを全否定することはないbyゴッホ

@誰でも、長い積み重ねの中から未来への道が開けてきます。
かんたんにあきらめず、投げず、焦らず、そして人への感謝を忘れなければ、きっとバラ色の未来が開けるはずでございます。by森 光子(もり・みつこ*女優)

@『どんなに実現が難しいように見えてもあきらめず、「やるための理由」を掲げて努力しつづける人には、必ず天の一角から「助けのロープ」が降りてくるものである。』by 渡辺昇一
トップページへ戻る 

本日の名言912

@人生は、あなただけに与えられた応用問題。
そして、この問題を解くのは、あなたしかいない。
誰もあなたの代わりにその問題を解いてはくれない。
自分で考えて自分で選ぶからこそ、あなたは自分の人生を生きたことになる。
他人が考えて他人が選んだのなら、あなたは自分の人生を生きたことにはならない。
by戸田智弘 - (キャリアコンサルタント、教師。

@「あなたが今日する決定はあなたの明日を決める。
そしてあなたは自分のする選択の力を通して、自分の人生を作っていくのである。」
by キャシー・スミス
トップページへ戻る 

本日の名言911

@ひとりひとり与えられた能力が違うのは、いろんな人を喜ばせるためにバリエーションが必要だからです。
大がかりなことをする人が立派なのではなく、
人をしあわせにするために貢献できる人がすばらしいんですね。
by宇佐美百合子(うさみ・ゆりこ*心理カウンセラー)

@「どうやって他者に貢献しよう。そう発想することができたなら、まさに奇跡とよぶべきものが見えてくる。
自分自身が繁栄に向かって進んでいることに気づくのだ。」
by ジョン・ドノヴァン
トップページへ戻る 

本日の名言910

@『変えられることに目を向ける』

あなたは、「変えられる事象」「変えられない事象」をしっかり区分できているでしょうか?
他人を変えることは、恐らくとても難しいと思います。
それよりも、自分を変えたらどうしたらよいか?と考えた方が、
はるかに実現性が高くないでしょうか?
つまり、「変えられない事象」に目を向けるのではなく、
「変えられる事象」に目を向けることで、
はるかに幸せで、生産的で、効率的で、
ストレスの溜まらない人生を送ることができるのです。
トップページへ戻る 

本日の名言909

@前向き人間は難しい仕事に取り組む時、
常に成功の確信を持っているはずはないのです。

しかし彼らは可能性をとことん追求してみるのです。
データをできる限り前向きに検討し、
もしわずかでも成功の望みが見出されれば、
もう黙って引き下がることができない人間たちなのです。

不可能なことを「達成できるはずだ」とあえて
信じようとする人間は非常に少ないのです。
そうした人間は山頂を征服する方法を知らなくても、
それにはかまわず山を登り始めます。そしてたいていの場合、そうした人間だけが頂上にたどり着けるのです。
トップページへ戻る 

本日の名言908

前向き人間はどんな難しい問題に直面しても力を発揮することができます。
なぜなら彼らは完全主義者の誘惑に打ち勝つことを知っているからです。
問題を部分部分に分け、一つ一つ解決していくことに満足さえ感じているからです。
@失敗が多い人間ほど成功する可能性が高い
@正しい方向に小さな努力を積み重ねれば、その効果は驚くほどのものとなるはずです。
@信念の人は自分には周囲の情況を変える大きな力が備わっていると信じ、人生にたくましく対処していくタイプの人なのです。

トップページへ戻る

本日の名言907

「最初の一歩を踏み出すことがどれほど難しいか。
またそれがどんな小さなスタートであっても、それが全体に及ぼす意味がいかに大きいか。
そして、いったん踏み出してしまえば、あとはどれほど楽になるか」byアリストテレス

@「君ができること、夢見ていることがあるなら、すぐに始めるがいい。
勇敢な心は非凡さとパワーと魔力を内に秘めている。
ひたむきに励むだけで、心は熱く燃えてくる。
まず第一歩を踏み出すのだ。
そうすれば事は必ずや達成される!」byゲーテ

トップページへ戻る

 

本日の名言906

@ひるんでしまいそうな長く険しい道に直面したときは、
一方の足をもう一方の足の前に出していくことだけに専念すればいいのです。

ベンジャミン・フランクリンも自伝の中でこう書いています。

「めったに起きないような大きな幸運で人間が幸せになることは、ほとんどない。
幸せは日々の小さな前進が運んできてくれるのである」

トップページへ戻る

 

本日の名言905

@誰かと巡り会ったとき、心の中でこう思うことができたら、素晴らしい。
「ああ、深い縁あって、この人と巡り会った。この出会いを通じて、お互いに成長していこう」
by田坂広志(たさか・ひろし*多摩大学大学院教授)

@『随所に縁はある。縁を求めていけば、すべてが自分につらなっていることがわかる。
失敗して叱られてもそれが「縁」と思える人は強い。』by 松下幸之助

トップページへ戻る

本日の名言904

@幸運を手に入れる鍵は一つ一つ問題を解決して行く姿勢にあります。
それぞれが幸運を招くか不幸を招くかはともかくとして、
その時々に正しい行動をとり、その行為が次々と解決を生み出すのです。
長い眠りから目覚め、何らかの行動を起こせば、
今度はその行動が自分に強い自信を持たせてくれるのです。

トップページへ戻る

本日の名言903

「どんなに大きな仕事でも細かく分ければやりやすくなるものだ」とヘンリー・フォードは語っています。

これこそまさに前向き人間一流の考え方と言えるでしょう。
彼らは自分の仕事を処理しやすいように上手に分類します。

「この仕事をどういうふうにやり遂げればいいのかわからないんだ。
だけど少なくとも今日私ができることがここに一つある」と彼らは皆こう語ります。

トップページへ戻る

本日の名言902

@憂うつな気持ちは、怒りや悲しみといった悲劇的な感情を
胸にしまっておくことから生まれるケースが多いのです。
悲しみと憂うつはひどく似ており、しばしば混同されがちですが、
実際には全く異なるものです。
前向き人生を歩む人だって、そうした感情をいっさい拒絶しているわけではないのです。

反対に悲しみを受け入れ、表現することが、
憂うつな気分を脱する第一のステップとなることもあります。
ある賢人はこう言っています。

「あなたの前に広がる真っすぐな道が脱出路のこともある」

トップページへ戻る

本日の名言899

@前向き人間が成功を収める理由は、
自分の人生を決めるものは生い立ちでも運でもなく、
まさに「自分自身」であることを知っているからです。
しかしそれだけではありません。
彼らは頭の中に大量の「選択肢」を持っているからでもあります。
一つの方法で失敗しても、別の選択肢で簡単に前に進めるわけなのです。
柔軟な適応力も多くの分野での成功者たちに共通している特徴なのです。
しっかりとした意思を持つ前向き人間は、
これから起こる問題を冷静に見通すことができるのです。

トップページへ戻る

本日の名言898

壁に突き当たると素直に引き下がり、
壁の上方や周囲に別の道がないかと
打開策を探るのが積極(前向き)人間のやり方なのです。

「そういう人たちはその言葉さえ口にしません。
ミス、事故、ヘマといった類の言葉や、間違ったスタート、
混乱状態、うっかり、仕損じ、後退、手落ちなど
ありとあらゆる言葉で上手に言い表します。
しかし決して“失敗”という言葉だけは使わないのです」

トップページへ戻る

本日の名言897

@もう一つ何かをしてあげよう~これが「本当のおもてなし」だと思います。

@「前向きに生きる」というのは、なにもいつもハイテンションでいることではありません。
良くない状況の中でも物事を肯定的にとらえながらいられること。
いちばん底に沈んだときにも「そこにいる意味」を探せること。by佳川奈未(よしかわ・なみ*作家・作詞家)

@「積極的に肯定的に生きている人は、やっぱり、毎日が華やぎ、いいことが起こっていく。」by 森瑶子

トップページへ戻る

本日の名言896

@一足跳びに山の頂上にあがるのも、一歩一歩としっかりと登ってゆくのも、結局は同じこと。
むしろ、一歩ずつ登るほうが途中の草木や風物を見ることができるし、
一歩一歩を慥(たし)かめてきたという自信をつかむことができるby山本周五郎

@「坂道や悪路を走った後には、平地では得られない物を手にします。
一歩一歩がチャレンジ、だからこそ人生は面白い。」by マイケル・ワトソン

トップページへ戻る

本日の名言895

@「酒をのむと、修行の妨げになる。酒をのむと、常の修行が乱れる。
酒をのむと、意志が弱くなる。酒をのむと、立身がおぼつかない。
などと考えてござるなら、お前さんは大したものになれない。」by 吉川英治

@『「ありがとう」言う方は何気なくても言われた方はうれしい。
「ありがとう」これをもっと素直に言い合おう。』BY 松下 幸之助 氏
「ありがとう」・・・・・日常生活で、つい、照れて言い忘れてしまいがちですが、言うだけで人間関係を良化できるのであれば、使わない手はないですね。

トップページへ戻る

本日の名言894

@大人になったならば二つの手をも持ちたい~一つは自分を支える手、
もう一つは困っている人に差し伸べる手
byオードリーヘプバーン

@実際、酒を飲むことほどこの世で楽しいものはない。
それは不幸な人間をくよくよさせず、勇気のある人間をいっそう勇敢にさえするものだ。
byチャールス・ディブデン(イギリスの詩人)

トップページへ戻る

本日の名言893

@運は誰にでもやって来ているはずです。
運のいい人とは、運がいつ来てもつかめるように常に準備している人です。
小さなことだと言って手を抜いている人には、運はなかなかつかめません。
すぐに結果を求めない、すぐに諦めない、すると運は向こうからやって来るんです。

@「不運にめげず、不運のせいにせず、自分の足で立って行動し続ける人には、運がやってきます。
運の女神をこちらに振り向かせるぐらい行動を起こしてみましょう。」by 本田 健

トップページへ戻る

本日の名言892

@『リーダーに求められるもの』とは、
1)部下の失敗を他の部下から聞いた場合は洩らしてはならない
2)信賞必罰は必ず自分の意思で行うこと
3)人事等の決定は自分の意思で行うこと
とのことです。
1)はこれをやってしまうと、今後部下が情報を上げてこなくなります。
2)3)を部下に任せてしまうと、今自分が持っている権利・地位が
その部下に移ってしまうからです。
信賞必罰、人事権については褒める・昇進させるときは、やりやすいでしょうが、怒る・降格させるのは嫌なものです。
しかし、これを放棄してしまうと、自分の権力・地位が他人に移ってしまいます。
トップページへ戻る

 

本日の名言891

@ハウス食品社是

  1.  自分自身を知ろう
  2. 謙虚な自信と誇りを持とう
  3. 創意ある仕事こそ尊い
  4. ハウスの発展は我々一人ひとりの進歩にある
  5. ハウスの力は我々一人ひとりの総合力である
  6. 給与とは社会に役立つことによって得られる報酬である
  7. 世にあって有用な社員たるべし、又社たるべし
  8. 有用な社員は事業目的遂行のための良きパートナである
  9. 社会にとって有用な社であるためには利潤が必要である
    我々一人ひとりの社に対する広く深い熱意がハウスの運命を決める
    トップページへ戻る

本日の名言990

@前向き人生を送る人に共通する「非常に強力な原則」を発見したのです。それが次に挙げる12の特徴です。
1. どんなトラブルや逆境に出会っても決して動揺しない。
2. 難題には粘り強く対処し、その部分的解決から始める。
3. 自分の将来を決めるのは「自分自身」であると強く確信している。
4. 常に心身共に自分をリフレッシュさせている。
5. 悲観的で否定的な思考の悪循環をきっぱりと断ち切る。
6. どんな小さな事柄にも大きな喜びを見出す。
7. 頭の中で強く成功をイメージし、それを現実化させていく。
8. 明らかに不幸と思われる時でさえ、生き生きと活力に満ちあふれている。
9. 自分は無限の可能性を発揮できる!という強い信念を持っている。
10. 自分の周囲を多くの愛で満たす。
11. 会話において明るい話題の選択を好む。
12. どうしても変革不可能なことは無理せず、それを受け入れる。
トップページへ戻る

 

本日の名言989

@思い煩(わずら)う生活から抜け出すには、
人生の芯になる確固たるものを見つけることです。
「明日のための心配は無用である。その日の苦労はその日で十分である」という聖書の有名な聖句を頭に入れておくといいかもしれません。
楽天主義の豊臣秀吉が言ったとされる似たような言葉があります。
「何事もつくづく思いいたすな」

トップページへ戻る